HIROAKI IIYAMA OFFICIAL
 

 

 


嘘のようなちょっぴりホントのお話<一通のクリスマスレター編>
平成十六年、新年のご挨拶
メッセージご無沙汰お詫び状
「Souzi」公演無事終了御礼文
剣による殺陣指導ワーク・ショップ “剣(つるぎ)塾” 参加者ご案内
寅五郎の銭形日記 {其の一}
寅五郎の銭形日記 {其のニ}
寅五郎の銭形日記 {其の三}
寅五郎の銭形日記 {其の四}
寅五郎の銭形日記 {其の五}
寅五郎の銭形日記 {撮影こぼれ話}
猛暑ショチュウお見舞い申しあ〜げマス!
“アテネ五輪観戦感動感激寝不足便り”
「ヴィアジェーロ」十和田湖だより
「ヴィアジェーロ」十和田湖だよりの2だすけ
『ボンボヤージュ!』公開に向けて』
クリスマスメッセージ2004

【嘘のようなちょっぴりホントのお話<一通のクリスマスレター編>】

拝啓
  お久しぶり、幸子です。今年もあと、いよいよ一週間となりましたね。
小田君には、きっと素敵なクリスマスをお迎えのことでしょうね。
また、お元気に執筆活動をされていると佳子から聞き、うれしいかぎりです。
わたしはもうとっくにリタイアして、夫と那須の片田舎で暮らしております。
あなたがあの当時の夢を今も続けていることは、わたしにはとっても大きな誇りです。
どうぞこれからも頑張ってください。
そうそう、突然便りをしたためたのは、佳子からあなたが戦争体験談を集めていると聞き、
少しでもお役に立てればと思い一筆啓上いたしました。
この話は、わたしのとっておきの、とっても大切にしている想い出ぶかいお話です。
それは、わが祖父が実際に体験したことです。
それは祖父が日露戦争で二等兵として、旧満州へ出征した時のことでした。
あるまだ薄暗い早朝に、祖父たちは朝食の準備として薪を集めてくるように命令されました。
早速駆け足で、平地から小高い丘になっている林に向かいました。
しばらく薪を集めていると、突然多くの銃声が・・・しかもそれは、今さっき来た方角から。
即急いで戻ってみると、もう銃声は止んでいました。
祖父の眼の前には、戦友である小隊のほとんどの方がバタバタ倒れていたそうです。
そしてそれからどの位の時間が経過したのか、祖父は覚えていなかったそうです。
が、そこに勝者の特権とでもいうのか大勢のロシア兵達がやって来ました。
略奪のために・・・倒れている日本兵の生死を判断するために横腹を軍靴で
思いっきり蹴飛ばして、反応の有無を確かめては、めぼしい品物を奪い取ろうと
ウロウロと歩き回っていました。
祖父は咄嗟にその場に大の字に仰向いて横たわり、眼をカーッと見開いて瞬きを極力我慢し、
ロシア兵達が通り過ぎるのをじっと待っていました。
薪集めに行った仲間たちの多くは、うつ伏せに横たわり目を閉じていました。
ロシア兵にまず横っ腹を蹴飛ばされて仰向けにされました。
そして、敵がジッと様子を見ているのに何も見えない事が不安になり、
その方々は薄目を開けました。
もちろん、敵に即気づかれて次の瞬間、射殺されてしまったそうです。
しかし、祖父は大空に向かって眼を開いていたので、ロシア兵達の様子が判っていました。
じっと耐えていたそうです。
そして、ほとんどの物音がしなくなったのを確かめてから、
大の字の寝姿のまま恐る恐る首だけ動かしてみました。
すると、なんてことでしょう?・・・集団からずっと離れて行動していた一人のロシア兵と
目が合ってしまったのでした。
祖父はもはや自分の命もこれまで・・・と思ったそうです。
そこでここは、日本男子らしく、潔く死を迎えようと覚悟を決めたそうです。
そして、起き上がろうとしました。
そ、そ、その時・・・そのロシア兵は人差し指を口にあて、
もう一方の手で「そのまま!」というように制して、祖父の横を通り過ぎていきました。
またその時、な、な、なんと・・・固くはありましたが、パンを祖父の胸にそっと置いて
立ち去っていったそうです!?・・・という・・・
この話をしてくれた父も祖父も、もちろんすでに他界してしまいました。
もしもあの時、祖父の咄嗟の判断に狂いがあり、また相手が心優しいロシア兵でなかったら・・・
父も、そして遠い昔のあるクリスマスの日にこの話に眼を輝かせ、
母のクリスマス料理の支度の手伝いで温かくてやわらかいクロワッサンを作っていた
わたしも存在しなかったことになります。
今も世界のどこかでは、中東地域では、こんな出来事が起こっているのでしょうか・・・
戦争は、争いごとは一日も早く終結してもらいたいものですね。
どうかそんなメッセージであふれた、心優しい小田君の想いに満ちあふれたご本になるように、
遠く那須の片田舎から祈っております。
 それではくれぐれもお体をご自愛のうえ、ご活躍くださいませ。
                                          幸子

 そして、読み終えた小田は原稿用紙にペンを走らせた、
   “あるクリスマスの日、一通の手紙が届いた。
           わたしの古き戦友ともいえるご婦人から、”と。

     尚、この文章は9年前の冬に読んだ本の短編実話を基に
         ワチキが創作アレンジいたし候。前回に続き悪しからず!

 

今年もあとわずか・・・皆さまにもお体をくれぐれもご自愛のうえ、
楽しいクリスマスやお正月をお迎えください。
来年の春には、いよいよ待望の共同プロデュース公演“新撰組沖田総司 Souzi ”もございます。
ご期待くださ〜い。
 では本年同様に来年も、この公式ホームページともども、
     わたくしへのご支援、よろしくお願い申し上げます!!

2003年12月24日(水)



【メッセージご無沙汰お詫び状】

拝啓 一筆啓上申し上げたてまつり候。
   定期便メッセージをなかなか送れず、誠に申し訳なく候。
   拙者、只今悪戦苦闘中にて、何卒ご了承いただきたく候。
   なにぶん、新しき拙者独自の殺陣(たて:太刀まわり)を目指し、苦悩しており候。
   居合道の重圧さと剣の鋭さ、
   新国劇の流麗な剣さばき、
   歌舞伎の美しい剣のながれ、
   大衆演劇の艶っぽい太刀振る舞い、
   宝塚歌劇の洗練された華麗さ、
   映画芸術のリアルさ・・・をミックスし、
   さらに拙者オリジナルなるものを取り入れた殺陣!?
   しかも間口二間半、奥行き三間強という限られたスペースで、誰ひとり怪我なく安全に、
   もちろんそれでいて緊張感溢れる斬新で独特なシーンを創りあげなくてはなりませぬ。
   …しかれど、悩めば悩むほどに、なにがしかの閃きがきっと拙者の身に舞い降りると信じて
   精進いたしており候。
   多くの方々に支えられ、この時を迎えていることは誠に有難きことと心より感謝しており候。
   まさに、至福の一ヶ月と成っており候。
   
   尚、稽古の模様をおさめた写真を安藤博美さまのご好意で掲載でき候。
   ぜひ、拙者たちの精進する姿をご覧いただきたく候。
   そして、なにがしか感じていただければ、ほんにありがたき候。

   まだまだ平日は公演のお席に余裕がござれば、
   皆々さまには回りの方々にさらなるお誘いを御願いいたしたく候。
     では、これからもご支援の程、重ねてよろしく御願いたてまつり候。

平成十六年弥生吉日



【剣による殺陣指導ワーク・ショップ “剣(つるぎ)塾” 参加者ご案内】

比度いよいよ、拙者こと “飯山弘章”は、本格的に殺陣指導をいたすべく
殺陣ワーク・ショップ “剣(つるぎ)塾” を開講いたす事に決め候。
目指すは、 “居合道”の重厚さと剣の鋭さ、“新国劇の流麗な剣さばき、
“歌舞伎”の美しいシルエットと様式美、“大衆演劇の艶っぽい太刀振る舞い、
“宝塚歌劇”の洗錬されたしなやかさと華麗さ、映画芸術のリアルさ等をミックスし、
更に拙者独特のオリジナリティを取り入れた殺陣ワールドを創り上げる事と、
広く殺陣に興味のある方々に、拙者の知りうる限りの殺陣知識や技術のすべてを
分かりやすく伝授することにより、日本の文化としての“殺陣(たて:太刀まわり)”の
素晴らしさをもっと感じていただき、ともに精進する仲間として、日本国内は勿論の事、
広く海外へをもオリジナル作品を創り進出したいが為にて候。

がしかし、そう簡単には、夢は実現しないもの・・・と充分に心得候。
ゆえに、大きなる志を心に刻み、ただひたむきに精進いたす覚悟にて候。
こんな拙者の思いに共感されし御仁は、ぜひご参加してくだされ〜い!
日時や内容については、下記のとおりにて候。

     日時:基本的には、

        毎週火曜日の13:30〜16:00 といたし候。
           (が都合により、変更&追加の可能性も有り候。)

      会場:都内某所

  必要な用具:木剣、帯は、各自で必ずご用意くだされたく候。

       服装:動きやすい服装であれば結構ですが、
          やはり日本の文化としての殺陣稽古ですので
          お持ちの方は男性女性とも、浴衣か着物と袴をご着用くだされたく候。

      ※第一回 “剣塾”は、4月13日(火)13:30〜16:00

         を予定しておりますので、会場等の問い合わせは
         info@iiyama-hiroaki.jp までご連絡くだされたく候。
         又、第二回目以降の日程等は、 このホームページ上でも掲載いたし候。

 

重ねて、出張出前での「殺陣指導」や「殺陣手付け」・「殺陣パフォーマンス」等も、
日本全国中、何処へでもご希望の日時に馳せ参じますれば、
そんなご依頼も info@iiyama-hiroaki.jp に是非ご連絡くだされたく候。

尚、「ご伝授料」につきましては、参加された方・ご依頼された方ご自身が
稽古内容や実演内容とご予算からご判断のうえ、「お心付け」としていただければ、幸いにて候。
では、ご一報を心よりお待ちしており候。

 

     平成十六年四月吉日         プロジェクト  名もなき勇者たち

                               代表  飯 山 弘 章


《寅五郎の銭形日記 {其の一} 》

 平成十六年皐月十一日は火曜の日、その日の花のお江戸のお天気は
最高気温が二十八度にもなると予報されるほどの雲ひとつな〜い、ナ〜イスな旅日和!
・・・アッシは只今新幹線 “のぞみ” に乗って、華の都は “京都” へと向かう途中の身でヤンス。
おっとどっこい名のりが遅れてまして、まっこと失敬失禁失礼でヤンス。
はじめやして! アッシは人呼んで、“うわばみの寅五郎” というケチな遊び人でヤンス。
しかもお酒が三度の飯より、でぇ〜好きで、
酒を呑めば、怖い物無しの槍でも鉄砲でもかかって来〜い!と即、
大トラ泥酔状態となりやすい男でヤス!・・・はたまた元来何々一家というものに属するのが
大の苦手でやす。
上の者にはハエの如くに胡麻スリ垢すり手コッスリ、最近とみに盗まれがちのペコペコペコちゃんし下の者には重箱の隅を小姑が如くに突っつきまさぐりキッツツキ。
仲間とは、けえりの呑み屋で大声上げて帆を上げて上下の者の悪口ひがみ陰口をば、
我が身を省みず大口開いて愚痴るチルチルミチル桜散る!
・・・そんなお江戸暮らしなれどまっぴらゴメンとケツ捲り、狙うは一攫千金丁半賭博で一儲け。
なれど賽の目はなかなか出ず、借金はかさむ上の宮。
ゆえに、アッシの懐の財布の中身は、常に寂しい侘しい小銭がチョロチョロ身ちょろちょろ!
てなてな調子でその日暮らしのいつもカラッケツのヤモメ野郎でヤンス。
しかるにやむなくアコギな事にも手を出さずんば、好きなお酒にも有り付けねえ!!!
・・・という哀し恥ずかし身の上でヤンス。
以上お見知り置きの上、よろしくお付き合いくだせえ!?
おっとイケメン!? いや、いけねえ。な、なんで?、「行ってきま〜す!?」

いや、只今!何故アッシが華の都の “京都” に向かっているか?といえば、
これがまさに嬉し恥ずかし事ながらな、なんせ十数年ぶりにアッシの憧れの、
かのチャンバラ映画の聖地 “東映京都太秦撮影所” を訪れることに
めでたくなりやした次第でヤス。
それもあ、あの、今で言えば当時超人気のイケメン役者 “大川橋蔵” 大先生の
数多い主演作品の中でも、いの一番の十八番(おはこ)といわれ、
長期 TV シリーズ化もされた作品 “銭形平次” のリメイク版村上弘明氏主演作品の最終回での
三下遊び人役での出演が決まったからなのでヤンス!!
実に超〜ラッキー・クッキー・生八ッ橋は、やっぱり聖護院?!
しかも台本には、長ドスでの殺陣も有り!と書いてありんした。
「これは、今のアッシの得手の殺陣の腕をば試〜す絶好〜のチャ〜ンスだぁ〜!」
とアッシは、活き上が〜る。
今年の干支の猿(エテ)はモチ木に上が〜る。
アッシの心はウキウキブキウギ・スモーキング・ブギ!?
おっとモチ、アッシはとっくにギブアップ・スモーキング!
そんなこんなカンナ(鉋)は、でぇ〜く(大工)が使いヤス。
ウキウキドキドキ夢心地モードの “のぞみ” 車内のアッシの耳に突然、
聴きなれぬ音が聞こえてきやんした。
その音は、アッシが長ら〜く思案してやっとこさっとこ一大決心購入した、
きゅ〜う年ほど使った機種からメジャーな最新カメラ付き携帯の、
しかも花札模様装飾済みのボーダフォンの着信コールの音でやんした。
早速開いて、アッシの愛息犬 “m(ジュニア)” の壁紙背景左下の通話ボタンを
クリックしやんした。

      Q「今、何処?・・・もう、新幹線に乗っちゃった?」

       と、アッシの所属の今井事務所からでやんした。

   アッシ「ハイ、もちろん・・・?!」
   
      Q「実はなぁ〜、悪かったんだが・・・・・・。」

       と、それっきりその後の言葉が聞き取れな〜い???
アララもしやソレってもしかして、ドタキャーンTEL連絡なんなの・・・?と、
先程のウキウキモードは何処へやら、超超チョ〜不安なアッシとなりやんした。

  ・・・さてさてその後はどうなりヤスか?  お後は次回へと、つ・づ・きヤス!!

2004/5/23


《寅五郎の銭形日記 {其のニ} 》

ウッキウキブギブギモードは何処へやら、超超チョ〜ぶるブルーな気分のアッシとなりやした。

     Q「実はなぁ〜、悪かったんだが・・・・・・」
         と、それっきり事務所からのその後の言葉が聞き取れな〜い?のでやす。

で、早速アッシは車両連結繋ぎ処に移動し、即リダイヤル・コール!
窓から外を覗けばちょうど静岡あたり、いや駿河、残念ながら先方はお話中?!
ん時 アッシの身に出もの腫れもの処かまわずの喩えが如き所要が生じやした。
しんかたなく、男性専用立ち小用処に移動し、アッシがまさに致そうとしたそん時、
再び着信コールが鳴りやした!?
アッシの利き手の右手は、モチ塞がっておりやんす。
そこで、少々不慣れな左手で自慢の花札ボーダフォンを操作することに?!
・・・そ、そうもう、このHP常連の皆さまにはすでにお察しの通り、慌てて操作した為に
アッシの左手からあの自慢の花札ボーダ君は、
小用便器の滝つぼ目がけてアララのラのマッサカサマ・・・♪思わず〜目を瞑る寅五〜郎!
しょんぼりモードでおそる恐る両の瞼を開けやした・・・が、開けてビックリ玉手箱
♪〜あっ、あっと驚〜く寅五〜郎! 自慢のボーダ君はアッシのオヘソのあたりでブ〜ラブラ?!
・・・で〜もご安心ヤス。
あの忘れもしないアッシが生涯一度の一大決心しチャレンジした、
超〜恐怖でやしたバンジー・ジャンプしたあと状態なのでヤンス。
種を明かせば、首架けストラップをしていたのでヤンス。
よかったよかった肩凝った、方にはまずはバンテリンをひと塗りどうぞ。

アララのラのオットいけねえ、すっかり着信コールを忘れてた!?
モ〜チもしもしとっくに先方は切っておりやす。
んで急いで、再リダイヤル・コールのアッシ。

  アッシ「申し訳な〜い。切れちゃいました。」
      Q「おお、お疲れ。実はな・・・。」
     A「?????、ええ?」と、おそるおそる超〜不安モードのアッシ。
     Q「実はなぁ、明日の撮影が夕方からに決まったから、撮影所入りは明日でも良いって、
       さっき連絡があったんで・・・。」
     A「あっ、あ〜、そう!」と、まずは胸撫で下ろしひと安心のアッシ。
     Q「で、もう新幹線に乗りましたって連絡したら、じゃぁ予定どおりに
       撮影所に入ってもらって結構ですって今了解とったとこ。」
     A「じゃあ、ズラ&衣装合わせは予定どおり、午後4時からでOK?!」
     Q「あ〜あ、じゃぁよろしくな。」と、トットと通話が切れた。

ってことはもしやもしかして今日の夜から明日の夕方までは、自由行動OK!?・・・
これって、カナリらっきい超ラッキー?!
京都の町は散策できるわ、壬生寺などに“公演無事終了お礼詣で”もできるカナ?!・・・
さっきのがっかりモードから一転、元気溌剌もんり盛り々リポDモードへとシフトアップUPるんるんアッシになりやした。
んで京都駅をいったん降りやして、京都駅ステーション内をしばし“おのぼりさんのココはどこ?
アレはな〜に?ウォッチング!”と洒落こみやした。
なんせ今の観光都市「京都」は、新撰組モード一色の真っ只中。
モ〜チ“新撰組展”なる物も駅構内でやっておりやした。
何故かアッシの鼻がちょいと3ミリほど高くなった気がしやした。
んでもって、いよいよ3両連結ほどのローカル電車で走るJR嵯峨野線に乗りやした。
13分ほどの、あ、ア〜ッという間に到着いたしやした。

十数年ぶりに降り立ちやしたJR太秦駅は、まさに今日が初めて〜ってぇ感じでやんした。
この駅周辺も一面新撰組モード一色でやした。
東映京都太秦撮影所へはカナリ解りやすい看板が並び、迷わずに398歩で撮影所前に
到着いたしやした。
撮影所の正面左には、六角柱型大正時代風モダン建築造りの警備員詰め所がありやんした。
アッシの記憶が正しければ、確か東映東京大泉撮影所では同じような建て物が正面の右側に
あったような?!・・・摩〜訶不思議なんと不思議ふしぎ大好き花子は大助の濃〜い女房?!
で まんずは警備の方々に一礼し、アッシは逸る気持ちを抑えに抑えやして
ゆっくりと入所いたしやんした。

んで向かうは、俳優會館という処でヤス。
そこには “銭形平次” での演技事務担当T氏が居りヤス。
その方に撮影所の解らない事は何でも噛んでも遠慮なく尋ねれば大丈〜夫!と、
所属事務所内で京都太秦経験豊富な諸先輩から日本人最多の血液型である、
典型的なセッカチA型(※明日の朝食は、前の日の夜に食べちゃうくらいの?!)のアッシは、
下調べがてらすでに聞いておりやした。
その俳優會館の前にはすでに出番待ちの俳優さんたちが、7,8人ほど屯しておりやした。
皆さんの視線はまさに“おのぼりさん”を見つめるが如き地元の方々という態そのものでやんした。
そりゃ無理もねぇ、アッシは?!といえば、革靴にスーツ姿、
右手に最新号の“るるぶ京都”をしっかりと握りしめ、
左手でトラベルキャリーバックを牽きながらの登場でヤンス。
恥ずかしく視線を落としたくなりがちな気持ちを、
ここは源平の昔から受け継がれし関東武者の心意気で払いのけ、
元気にアッシは業界常識オールマイティ挨拶言葉「おやようございま〜す!」と、
ハッキリ言って會館入り。

入って真正面には、左から「水戸黄門」・「新・科捜研の女」・そして、「銭形平次」の
大型ポスターが誇らしげに大きく飾られてありやんした。
思わず背筋がシャンとするアッシでやんした。
するとふと、入り口の左にあるベンチシートに目が惹きつけられるように動きやした。
な、なんとアッシの左脇には黒鉢巻に黒羽織装束で、
装束から覗く腕や脚は網目模様のいでたち?!・・・
アッシが「おはようございま〜す。」と、ちょいと頭を下げると、その方はじっとアッシを見つめて、
ニッコリと微笑みながら、「おはようございます!」と、
小さく可憐な唇からハスキーでチャーミングな声で言いやした。
そうでやすその方こそ、あの水戸ご老公ご一行の一人“かげろうお銀” 改メ 「疾風のお絹」こと
“由美かおる”嬢でありんした。 見つめられたアッシは、ちょいと胸キュンになりやした。
そんな思いも内に秘め、アッシはT氏を訪ねやんした。
“お世話になりや〜す挨拶”をまずは丁寧にいたし、指示を仰ぎヤス。
では早速、“結髪(かつら)合わせ”(俗に業界用語では“ズラ合わせ”)と相なりやした。
結髪部屋の入り口で、「失礼しま〜す!」とハッキリとメリハリつけて
清々しい声を出して入りやんす。
こ〜れこそが、どんな業界でも共通の初対面でのとっても大事で大切な言葉三か条
“ひとつ挨拶、ふたつは返事、みっつ感謝の言葉を忘れず、決して怠る事はなか〜れ!”。
これが多くの諸先輩から言わせれば、人づき合いや世渡りを上手く活かせるトリビアの秘訣とか
なんとか申しヤス。
おっととどっこい、なんだか説法説教坊主臭くなりやした・・・これ又失礼!
結髪部屋の入口を入れば、正面に間口四間ほどもあろうかという長〜い鏡前がありんした。
その鏡前のイスに座わり、熟練ベテラン手練手慣れた白髪姿の結髪担当N氏の元、
ダブルに羽二重を被せてもらってのとっかえひっかえのズラ合わせ!・・・
そうラッコの、いや、トドのつまりが、諸先輩の頭形を元に造られた結髪の中から
アッシの頭に合う結髪を選ぶ作業がソレでやす。
(※モ〜チ論、レギュラー陣の皆さまのは、各々の方々に合わせて誂えヤス。)
・・・アッシが思うに、コレも時間と経費の節約の為せる技、腕(かいな)?!・・・

♪〜イスに乗せた腰骨の、上に背骨をシャッキと乗せ、背筋伸ばして胸張って、
 肩の力抜いて首筋高く顎引いて、頭はちょっとも動かず、言われるままのズラ合わせ、
 ホ〜ンにアッシは、シャ〜イな奴!〜♪

てなてな調子で、“柳亭痴楽風綴り方ことば” を無音にて、
口ずさんでたアッシの耳にこんな声が聞こえてきやした。

      S「もしもし・・・え〜っ、さ・と・み・だけど〜
                      ・・・しゃちょう〜・・・いる?」

   アッシ「さ?・と?・み」??????って、
        さとみ−聡美?→里見−里見って?=里見浩太郎!=水戸光圀公!!」

声の方角に動かせぬ頭はそのまんま、東(ひだり)に目を向ければ、
そこには黄門さまがおられやした。
思わずアッシのお尻の黄門さまが3ミリほどは、キュッとなりやした!?
そこに聞き覚えのある声がいたしやした。

      J「せんぱ〜い!? やっぱ、先輩だったんだぁ〜。
                         ご無沙汰していま〜す!!」

おいおい、ココを何処と心得る、先の副将軍であられる“水戸光圀公”、
水戸のご老公さまの御前であるぞ、なんじゃ〜、そんな大きな声を出して、
不躾も甚だしい、あたまが高い頭(ズ)が高〜い、ひかえ控え〜おろう、
そちたちの目には、コレが目にはいらねかあ〜と、胸の奥の中で叫びながら
アッシは、右手の “るるぶ京都” 最新号をかざしていた。

 ・・・さてさてこのあとはどうなるやら 次回へと、つ・づ・きヤス!!

2005/05/29


《寅五郎の銭形日記 {其の三} 》

      J「せんぱ〜い!? やっぱ、先輩だったんだぁ〜。
                           ご無沙汰していま〜す!!」

と、聞き覚えのある声がいたしやした。
鏡ごしに現れたのが俳優K・J 君。
アッシが日本大学芸術学部在学中にチャンバラ修行をしておりやした、
“殺陣同志会” という部活の後輩でヤンス。

      J「さっき、香番表(スケジュール表)を見て、
        役者名としては甚だめずらしい先輩らしき苗字が書かれてたので、もしや?!
        ・・・っと思って覗きにきたら、や〜っぱ先輩でした。
        いやぁ〜確かぁ〜自分の覚えてる先輩との最後は、寺山修司さんのご葬儀の折、
        青山斎場でお会いして以来ですかねぇ」

      A「あ〜ぁ、そうでやしたかご無(ぶ)してやす。
        アッシもお久(ひさ)の太秦で、ちょいと心細せぇ〜なぁと思っていた折、
        アンさんにおえ〜ぃ出来、ひと心地つきやした。
        ご活躍のほどは、大活動写真館や家庭電気映像器等で知っておりやす。
        んで、アンさんもやっぱ、こちらでお仕事でやんすか?」

      J「ハ〜イ、先輩と同じ “銭形” で、前の回(10話)に出ていま〜す!」

      A「あ〜ぁ、そうでやしたかご無してやす。
        アッシもお久の太秦で、ちょいと心細せぇ〜と思っていた折、アンさんにおえ〜ぃ?!
        あれ〜コレって、さっきお話したでやすねぇ。こりゃこりゃ失敬!」

      J「相変わらずのオチャメぇ〜なセンパイで!?」

      A「ええ、おちゃめぇなオッパイ?」

      J「せんぱ〜い、シィ〜ッ! ご、ご老公の御前であります。
        お言葉を慎みください。コレが!・・・いいえ、
        こ、このお方がお目に入りませぬか?!」
             と、J君の掲げた右手には、身の丈六尺ほどもあろうかという大男が
            握られていた!?・・・ゴメンやす、アッシ大嘘コキやした!
            モチ、J君は右手を指して紹介いたしやした。

      A「ハテな???・・・その方、どなた?ど・な・べは土鍋。
        ど・か・たは土方・・・土方歳三!?」
            ・・・こりゃまた超〜さむ〜いオッサン・ギャグで失敬。
            と、そんなハテナ?モードのアッシに大男さんが、

    K・M 「あの〜ぅ、もしかして初めて直接お話するのかもしれません。
        以前から “ミスタースリム・カンパニー”におりまして、
        今は、 “MR” 所属のK・Mと申します。
        この度は、弟分の “久六” 役でご一緒することになりました。
        よろしくお願いいたしま〜す!」

      A「あっ、それは失礼いたしやした。アッシこそ、よろっしゅうお願いいたしやす。
        “ミスタースリム〜”といやぁ〜、カサ健(河西健司氏)や良太さん(中西良太氏)も
        おられた!・・・アッシの在籍して居りやしたKIDとは、
        トップ同士が同じ杯を酌み交わした間柄とかで、
        昔より長〜くお付き合い致して居りヤス超〜懇意の劇団でやんした!
        でぇ〜はてさて、アンさんは何時ごろから関りをもってらしたんで?」

      M「良太さんや河西さんとも、同じ舞台に立って居りました。」 

      A「あ〜りゃりゃこりゃりゃ、知らずとはいえかさね重ねの失礼の段、お許しくだせぇ!」
            と、頭をぺこっと下げようとしたその時、結髪さんが、

      N「あの〜う、関東の皆の衆!・・・宴(えん)高輪プリンスホテルではありんすが、
        寅五郎さんの結髪(かつら)小五郎は、こんなんでいかがでありんすか?」

      A「え、え〜、えっ、結構な、お・手・前・で!!」
            (※ご、ゴメンや〜す! モ〜チ、アッシ大嘘コキやした!?
              結髪担当のN氏の会話はモチもっとマジなお言葉で〜す。)

そんなこんな出会いから、先ずは一献傾けながら親交を深めようという事となり、
撮影所近くの呑み屋へ急行と相なりやした。んでは、い〜ざ出陣!?
と、そ、そのとき、俳優會館の玄関正面にある待機役者専用の喫煙ベンチに、
あの方と思わしき人物が座っておりやした。
茶色のウエスタンロングブーツにブルージーンズ、
チェック柄のウエスタンシャツにカーキ色のGIパイロットジャンバーを着て、
旨そうに煙草の煙を曇らせていやした。
その方はすでにチャンバラ業界ではもう伝説化しておりやす人物・・・チャンバラで殺された数が、
な、なんと20,000回をも越え、主演作なしで大部屋の役者一途に過し、
“日本一の斬られ役” とも言われる福本清三氏でやす。
あの「ラストサムライ」では、トム君の監視役もやられておりやした。
モ〜チ、アッシの胸の中はキュ〜ンと“キューティーハニー”モード!?
ハ〜ニ〜、フラッ〜シュサトエリ状〜態!? お涙うるるんでやした。
そんな思いを胸に秘め、ご挨拶いたしやした。
もちもち勿論、見ず知らずのアッシにもやさしく丁寧に「おはようございます。」と
挨拶をいただきやした。
ふと気がついた事でやすが、この東映京都太秦撮影所内では擦れちがう時には必ず
顔見知りは勿論の事、初めての方とも至るところで定番業界挨拶語「おはようございま〜す!」が
交わされていて、不思議なほどの活気が撮影所内にみなぎっておりやした。
んでは、い〜ざいざ再び出陣〜!と、右足を高く一歩大きく踏み出そうとしたその瞬間、
演技事務担当のT氏が、

      T「それでは今、丁度セットで撮影しておりますので、キャストやスタッフの皆さんに
        紹介いたしましょう。では!」

と、スタスタ歩きはじめました。
あわてて後追うアッシとK・M氏でやした。
K・J君は、その間に夜の撮影の準備支度をするとの事となりやした。
もちもちモ〜チ亀さんではなく、行き交う方々とは “コメ搗きバッタ” 状態で挨拶する、
アッシ等でやした。
んで、セットが両脇に並ぶメイン通りを進み、
右に曲がるとディレクターチェアにどっかりと座り、
お付きの方と何やら話している同心姿の役者さんが居りやした。
アッシたちが挨拶いたしやすと、低〜い響〜くテノール・トーンの声で、

      N「よろしく、西岡です!」

そう、笹野新三郎役の西岡徳馬氏でやした。
んでもって、早速セット内へ。
中は、牢屋内のセット撮影らしく薄暗〜く陰気なムードが漂っておりやした。
モチそんな中、アッシはあのとっても大事な三か条 “世渡りトリビアの秘訣” の心得えどおり、
撮影のお邪魔にならぬよう控えめの明るさと清々しさを踏まえて、
丁寧にスタッフの方々と挨拶を交わしやした。
そしていよいよ、“銭形平次親分” との対面となりやした。
シーンが一段落し、奥の暗い牢屋セットから戸を潜り出てきやした親分、
身の丈六尺ほどのK・M氏よりもさらに上背のあるまさ〜にガ・リ・バーほ〜どの巨体に、
小ぶりのアッシは少々びびりチビリブ〜モード!?
が、親分はまるで少女漫画から抜け出てきたようなキラキラと輝く瞳と実に爽やかな声でやした。
ほっ〜!と、いたしやしたアッシ。
で〜は明日からの撮影、どうかよろしくお願いいたしや〜す!
んで、やっとこさっとこお疲れビールに有りつけることになりやした。

撮影所近くには、T・S氏やW・T氏といったベテラン俳優御用達の店もある!と
太秦に詳しいK・J君は言っておりやした。
早速、彼行きつけの喫茶でアッシ等関東三人衆は、三本ほどの麒麟ラガービール中瓶を空け、
再会を祝いやした。が、K・J君は夜の撮影がある為に中座。
(モチK・J君は、ビールを呑んでおりやせ〜んでした。)・・・彼の名誉の為に一言念のため。
んではではで、宿にチェック・インもしていないアッシ、これから何処で親交を深めるか??
と思案六万してみたが弟分役のK・M氏も京都太秦は初めてという事から・・・
んではアッシの泊まり宿のアッシの部屋では凧が、いや、い・か・が(如何)?・・・と尋ねれば、
もちろんよろしければ!とK氏。
んではではと、撮影所近くに宿をとったK・M氏は一先ず一旦宿に戻って着替えして、
JR太秦駅の一駅手前の “花園” という駅にあるアッシの宿に来る事〜に!
・・・んんがそこで、アッシはふと考えやした!?・・・
アッシが泊まるお宿はアッシ所属の今井事務所京都太秦御用達御宿 “MI※※※※”。
な、な、なんと、今時なかなかお目に拘れないほ〜どの超〜ちょう格安なお宿とか?!

   ♪〜な、な、なんとお立会い、御用とお急ぎでない方は、
      じ、じっくりと聞いてらっしゃい見・・・る事はできませんが、
      その耳カッポジってよく、よ〜くお聞きなせえ。
      花の大江戸の巷では、高層高級上等はいハイクラ〜ス外国資本超〜リッチなホテルが
      乱立してい〜るそのなかで、
      モチモチもろろ〜ん、いにしえの都で、ひのもと日本が
      海外に誇〜る観光都市の、華の京都もそうでや〜すが、
      そ、そ、そのなか〜で、な、な、なん〜と素泊まりで!〜♪
   さあ〜て皆々さま、ここで問題で〜やす!・・・

【寅五郎くいず】
      あなたのお考えでは、
          このお宿の素泊まり料金は、さてさてHow Much ?

         (※ちなみに、共同浴室&共同トイレ&共同洗面所だそうでヤス。)

   ・・・テナテナお猪口、いや調子で、このあとも次回へと、つ・づ・きヤス!

2004/06/01


《寅五郎の銭形日記 {其の四} 》

 アッシが泊まるお宿は、アッシ所属の今井事務所京都太秦御用達御宿の
今時なかなかお目に拘れないほどの超〜ちょう格安のお宿とかで、 ちなみに聞く処によりやすと、
共同浴室&共同トイレ&共同洗面所だそうでヤンス。
モ〜チ、下記に記載した事並びに物以外は、部屋にはな〜んにもありやせんとか。

   壱、六畳間に障子付き窓と鍵ロック付き扉、三尺四方ほどの床の間もあって、
      三尺×五尺弱ほどの座卓にスポンジ入り座布団が二つ。
   弐、寝具は、枕カバー付きの枕が一つに、カバー付き掛け敷き蒲団一組。
   参、ラック付き14型テレビと、衣文掛け四本にタオル一本と浴衣一枚。
   四、門限は午後十一時厳守、それ以降は勝手口より出入りする事。
   五、もちろん原則として、朝食や夕食は出ないとか。
   六、一人一泊素泊まり料金として消費税込みで、
                   金、参阡五百圓也をいただきやすとか。

・・・以上が聞き及びし情報でヤンス。
なんせ格安な料金と諸先輩からの受け継がれた常宿でもあ〜り、
しかもなによりも今回の役どころにぴったしカンカンの宿では?と思いやして予約いたしやしたが、
客人を呼んでオモテナシが出来るか田舎、は今はなく
本籍は既婚後は大江戸内藤新宿でヤンス?!・・・などなど独り言を呟きながら
徒歩で撮影所からお宿に向かっておりやした・・・もう、アッシのトークに慣れ浸しんでいる、
皆さまには先刻お察しのとおりで、ほろ酔いのアッシはまたもや、道に迷ってしまいやした。
んで地元の方に道をば聞こうと、首をば・・・
♪〜右や左の旦那さま〜、アッシは憐れな乞・・・?モードで、シュワちゃん流タミー探索いたしておりやすと、道行く老若幼女性が皆、アッシに向かって来るではあ〜りませんか?!
え〜えっ、何故? ♪〜何でだろう〜なんでだろう??・・・それは八秒後に分かりやした!
アッシの脇を皆さん通り抜け、アッシの後ろの方角にある “LIFE” に向かっていたのでヤンス。
この地区随一の大型スーパーなのでヤンス。
MyNIKEウオッチを見ると、まもなくお惣菜値引きタイムサービスの始まる刻限なのでやんした。
アッシもつられて、“LIFE詣で” ・・・なんでもって、スーパーに?とお思いの方もありやすかと
思いやんすが、アッシは日本各地に止まらずこれまで訪れた海外などでも必ずお初の土地では、
その町のスーパーにまずは立ち寄る事にしてヤンス。
そこには、その土地々のいろんな情報や掘り出し物が集まっておりやすからでヤンス。
きっと、自室でのオモテナシにナイスな掘り出し物がきっとあるはず!とふんだのでヤンス。
以下、京都JR花園駅近くの “LIFE” での戦利品は下記のとおりでやす。

   壱、京都地元造りの知らないメーカーの“しば漬”
   弐、百円引きの “鮭のカルパチョ”
   参、百円引きの “鯵のたたき”
   四、百五十円引きの “寿司ロール巻きミックス”
   五、七十二円引きの “亀田の海苔ピー6袋セット”
   六、百五十円均一セールの “クリスタル・ロックグラス” 二ヶ
   七、焼酎 “神の河(かんのこ)720ml” (これは定価でやした)
   八、ロック用ダイヤアイス&二十二円引き “アルプスの天然水21”
   九、四十円引きの “Blendy アイスコーヒー無糖900ml”
   十、十円引きの “麒麟淡麗〈生〉発泡酒350ml” 二缶

以上の通り、なかなかの成果でやんした。
中でもクリスタル・ロックグラスはちょ〜ナイスなメッケもん雷門ドラえもん?!
・・・なんせ、お宿には湯呑みもコップもな〜いのでヤンス。
精算後に、お宿までの道筋もしっかり聞いてウキウキるんるん新婚新妻買い物買出し紀文!
い〜や、気分でやした。
すっかりお宿への不安は何〜処吹く風、頭の中はひたすら今夜行われる対ナイジェリア戦の
日本女子バレ・チームの雄姿ばかり・・・アッシ一押しの元気印 “みゆき” に、
精悍で宝塚歌劇男役をも思わせる“ファイティング・レオ”&輝くスーパー高校生“さおり”、
そして今大会超〜成長著し〜くアッシも惚〜れ直しやした “プリンセス・メグ” 等々・・・。
強烈ドライブサーブ炸裂、ナイスフライングレシーブでフォローし、海老反りドルフィントスをあげ、
バックアタックが決まって、三枚ブロックにトスアタック&速攻Aクイック&一人時間差等々・・・
んな感じの試合進行を想像しながら、3vs0のストレート勝ちを願っていやすアッシでやんした。
丁度アッシの頭の中で “プリンセス・メグ” のバックアタックが決まった辺りに、
お宿の前に立ちやした。

見上げてビックリひっくりシャックリ二回!?・・・モチモチもちろ〜んあんな格安な料金で
和室六畳一間の間取りからてっきりチャッキリすっかり、アッシは古めかしい築百数年ほどの
和風旅館かと思っておりやしたが、な、なんと大外れ、多少草臥れてはいやすが
五階建てビルのビジネスホテルでやんした。
共同トイレも和式が二つに様式一つ、共同洗面所も昔懐かしい細かい丸や角のタイル張りの物、
共同浴室もそんなタイル張りに金張りステンレス製のユニットバスがありやんした。
モ〜チ、シャンプー&リンスなどはなく、固形石鹸一個のみ。
んで、部屋内もジャストシンプルに、畳もきれいに手入れがされておりやした。
こんな超〜格安価格でも、部屋で客人をオモテナシするのに充分な環境でやんした。
早速戦利品を座卓に並べていると、K・M氏からMyボーダ君の着信コールがありやした。
それからどうなったか!?は、皆さまお察しのとおり、久しぶりの再会に加え、
アッシの “メグ” & “みゆき” ・ “みき” ・ “さおり” の活躍や K・M氏が今回、
立ち回りが初めてとのことで “即席殺陣講座”をやりながらの呑み会となっていきやした。
んで、散会の十時頃(※散会時間については翌日K氏から聞きやした。)まで
アッシのメートルは、右肩上がりで年頃の乙女の胸のよう?!
・・・益々盛り上がって!・・・まいりやんした。
♪〜まぁ〜撮影は明日の夜だから、ま〜あいいかァ?!〜♪な〜てナテナ調子で
K・M氏の手土産の赤ワインも “神の河” も麒麟淡麗も皆〜んな、空っぽになって
ゴミ入れに逆立ちする事になりやんした。
あっ、オットとトット書き忘れやんしたちゃ〜んとゴミ入れもありやんした。
んではここいらで、問題でヤンス。

【寅五郎かけ問答くいず】

 “今のアッシの二日酔いにもな〜るかもしれないアブねぇ状態” 
   とかけて、
 “禁酒しておりやすご仁の宴会定番かくし芸”と解く。
   ん〜では皆ちゃま、そのこころは?・・・・・・な〜んでやしょ。

 

     ・・・テナテナお猪口、いや調子で次回へと、つ・づ・きヤス!
       やっとこさっとこ銭形日記第一日目が其の四で終わりやした。
       てぇ〜こったぁ〜こんな感じで進んでいきやすと、延べ五日間の滞在でやんしたから、
       其の四×五日間=?!?????
       気〜も遠〜く、酔いも醒めやんしたアッシでヤンス!?

2004/06/07


《寅五郎の銭形日記 {其の五} 》

“今のアッシの二日酔いにもな〜りかねないアブねえ状態” とかけて?
“禁酒しておりやすご仁の宴会定番かくし芸” と解く?!
そのこころは、
“もうぉ〜、呑まねぇ?!”・・・「モノマネ」でやんした!
ソッコウでご正解のお嬢さまたちもおいでだったようで恐れ入谷の鬼子母神イタミイリヤス!
メートルが上がりっぱなしのアッシ等は、
♪〜まあまあ〜撮影は明日の夜からだから、まぁ〜いいかぁ?!〜♪
な〜んちゃって散会後ソッコウ入浴のアッシはモ〜チモチ即爆睡!・・・
ん〜でも皆さま先刻ご存知目覚まし要らずのせっかち早起きは三文のおと〜く信仰のアッシは
借金? いやシャキ〜ン!と午前五時二十八分にはウェィクアップしやした。
その訳は?と言いやすと夕刻撮影前に、京都散策並びに新撰組関りの地へ公演無事終了
“ありがとさん” お礼詣での為でヤンス。んで即、浴室へ。
アッシの定番 “二日酔いあっちいけホ〜イ!” 回避対策、
「顔面速射砲あっちっちホットシャワーGO〜!」と、シャワー温度バルブを熱めに設定し、
まずは足下に足、連射GO〜!・・・
んか、冷水??秒針がグルっと回りやしてもマ〜ダ冷水!
もう一回りしやしてもヒヤシ〜水。
ん〜でやっとこさっとこアッシは気づきやした お宿の素泊まり料金を。
そ〜でヤンス、早朝はお湯になりやせ〜ん!!
しんかたな〜く、めちゃメ〜チャひゃっこい冷水でのシャワ〜!
んんんがおかげさんでハッキリしゃっきりサッパリすっきりのアッシになりやんした。
大滝に打たれ荒行する山伏修行が如〜し!
ん〜ではでは、それからの模様はアッシ初体験によりやすラップ調でめいりやす。
皆さ〜んもどうか、リズムに乗せてお読みや〜す!・・・
プラス “関連京都くいず” 入りでもあ〜りヤンス。
で〜は、いざ!!

〜#☆#★#〜

    OH、OK〜! オール・オブ・ユー!┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘
   EVERYBODY、EVERYBODY、LET'S GO! (^_-)-☆
   朝もハヨから京の町を、ボーダ片手に撮る撮る LOOKING、_(・・ ))キョロ(( ・・)キョロッ
   コッコ、コッコ古風な町並み、コレマタ結構コケッコー♪
   アッシの気持ちはHIGH HIGH ハ〜イテンション♪
   ARE YOU READY? (▼▼)/ モ〜チ、オッケー♪・・・カモン COME ON♪
   今から始まる京都アチコチどうなるLOOKING♪
   関連クイズもあってご機嫌ナイスな企画・・LALA♪
   試してガッテン、答えは合ってん?・・・ア〜RYA RYA!
   それでは行きましょ参りましょ、フォロミ FOLLOW ME、 LET'S GO♪
   お宿を出てJR、花園駅から二条城、
   下車して下車して芸者?・・・じゃなくてマイMY 舞妓さ〜ん♪
   探して探して坂のぼ〜って歩いて歩いてまいりヤ〜ス。
   オットトっと足元に、つづく続くは細長〜い石ダタ〜ミ♪
   そこにあ〜る壁の腰あたりから、ア〜ル状に曲げられた、
   細い竹で組う〜まれた、ものは、物はなんざんしょ?・・・(【1】)(・_・?)
   それはそれはお家の、裾の部分を保〜護する・・・〜ん役目とか♪
   そうだそうだもう一つ、お家の壁には柵さくサ〜クもありんした、
   そ、そ、その名はズバリ、“こまよせ” と呼〜ぶとか、
   それではそれではソレはいったいナンのため?・・・(【2】)(゚ペ)?
   イ〜イナいいね調子は良好、天気は雲なし快晴GO〜キゲン♪
   石堀木掘カワッタ瓦に出格子小〜路♪
   UH〜うなぎの寝床京の町並み、IT’S グー♪
   古風な風情に、粋で上品レトロのココロ、
   ハイカラ好みの西洋モダンも、チョウワ調和でア〜イ舞って、
   感動刺激にDON’T STOP マイ舞〜い MY ボーダ♪
   トルトル撮〜る FULL POWER ソッコウショットでGET ON!
   オット見上げた玄関の上の、日差しに鎮座するのは、
   小ぶりでカワイイ瓦人形♪
   お家に降り掛かるビアジョッキ? 
   いやいや、邪気を祓う魔除けとか、それではソ〜レはナンザンショ?・・・(【3】) (・_・?)
   ハタマタ表構えのニ〜階に、ある細か〜い格子が特徴の、
   窓の役目は通・風・口、〜んではその窓ナンテ言う?・・・(【4】)(゚ペ)?
   凝りに凝った店構え、洒落たデザイン OH〜ナイス・グ〜♪
   押少路通カ〜ラ大宮通南ニ下リ、四条通りヲ渡ッテ “マック” で
   ワンコインでバニラのソフトをゲッツげっと GET ON♪
   26・27・2〜8度、京都の、今日の温度は夏気0〜N♪
   綾小路通ヲ西ニ入ッテ右にある光〜緑寺♪
   聞けば、新撰組のナダタルご仁が眠って〜るとか、あわててアッシは両の手ヲ
   アワセテ合わせて、ガッショウ合唱合掌〜南無阿弥陀仏♪
   デ〜ハデハそのご仁とはハテハテだ〜れ?・・・(【5】)(・_・?)
   んで坊城通との交差点、シャッター閉じたシマッタ和菓子屋♪
   アッシの前回京都取材の旅で、一押し感動老舗創業五十数年、
   別名を(【6】??)焼きとも言う「きんつば」名物♪
   SO、SO、その屋号も食べてしあわせ一杯 “幸福堂”♪
   オットちょいと横を見ればお向え旧〜前川邸、今日はナント戸が開いてた♪?
   LA 、LA 、LUCKY♪ OH〜ラッキータッキーノゾッキー♪?
   ちょいと覗けば、中の左の作業場ではタッタ只今、今の住み人田野家の方々作業中♪
   コレは失敬、どうもドコモでゴメンちゃ〜い♪
   ねほりハホリ聞きたい見たい知りた〜いおでんの具?♪・・・
   モ〜チ紀文じゃなくて気〜分を、ココは抑えて次なる地へ。

   一と年二か月ぶり〜の壬生寺詣で、賽銭あげて、大鈴鳴らして、
   頭(こうべ)を垂れて両の手合わせ、(^人^)
   怪我なく事故無くほんにホントに「SOUZI」公演、無事に終了ありがとさ〜ん合掌♪O(-人-)O
   あっとソウソウ手前の八木邸〜門前には、前回なかった下は浅黄に上が白地の、
   家紋入りの水引き幕〜が下がってた♪
   これもコレモ新撰組ブームの賜物か♪?
   んで壬生通ヲ南ニ下り、一路めざすは花街SHI〜MABARA、
   今も残りし島原大門♪
   脇には「(【7】???)の柳」と「(【8】???)の垣」♪・・・(゚ペ)?
    風情おもむき麗(うるわ)SINKで、
   ちょいとセンチでい〜と哀し(ノ_・。)
   今も、置屋をしてる “(【9】??)屋” 、その昔は、揚げ屋だった“(【10】?)屋”♪・・・(゚ペ)?
   め〜ちゃメチャメチャ粋な構えのノスタルジック IN JAPA〜N♪
   〜んではコッコ、コッコから、ハ〜イ SPEED で参り YA〜SU♪
   島原アトニ花屋通ヲ東ニ入り、
   西本願寺ノ脇〜ヲ通り、堀川通ヲ渡ッテ、旧〜花屋通ヲ東ニ入り、
   東本願寺〜ノ脇モ通り、烏丸通モ渡ッテ、六条通モ東ニ〜入ッテ、
   河原町通ヲ北〜ニ上り、五条通モ越エテ、四条通ヲ東ニワ〜ンブロック北ニ北ニ進路ヲトッタ♪

   ・・・ソコハご存知 “先斗町通” ♪
   ココゾ鎌倉時代の昔から、八坂神社(祇園感神院)の門前TOW〜N♪
   栄えに栄えた京の都の歓楽GA〜I ♪
   華やぎの町花街 “祇園” ♪
   ソコヲ南ノ下カラ・・・見ればオオット〜OH  MY GOD♪
   ナナントまだまだ10AMちょい過ぎなのに、
   向こう〜からクルクル来るのはマイ MY 舞妓さ〜ん?♪・・・(*・・*)ポッ
   ・・・ウッソ〜、IT'S REALY? ん YE〜S、
   小田和正と・・・OF COURSE ♪
   舞妓さんがトオッタ通ったセンマ〜イ石畳、日本蕎麦屋のそば通った♪
   ハートマークがヒトミの中も胸の中も浮かんでウキウキルンルン
   直立不動のアッシ♪ (#^.^#)
   MY ボーダも直立不動、ナイスチャンスに役立た〜ず♪
   アララアレアレ情けな〜い♪(^ ^ゞ
   んでもメゲズに上ルアガ〜ル先斗町、
   三条通ニ出〜テ西ニ入ッテ木屋町通ヲ渡ッテ右斜め28歩のパーラー隅に、
   「池田屋騒動之址」の石碑がひっそ〜りコッソリと立つ♪
   ココも前回なかった説明高札、立〜って板♪ (o^v^o)
   んでぐるりとヒルガエッテ進ム進ム三条通、
   たか〜せがわ橋&三条大橋渡ッテ鴨川沿いの、
   桜と柳の並木み〜ち “せせらぎの道” ヲ下ッテ白川南通ヲ東ニ入ル。
   カワカワ白川には、MA〜Y 五月皐月にふさわし〜く、
   大空泳ぐ鯉のぼりにさも似た〜り┣>・)BBB≪
    大きくBIGなメ〜ニMANY MANY鯉がい〜た
   ソノソノその界隈、小粋で洒落たタタズマ〜イ、
   路地に処狭しとアッチコッチ MANY MANY 京風 TOWN♪
   芸妓お参り “辰巳大明神” 通ッテ花見少路ヲ南ニ下ガ〜ル、
   そこはそこは四条通の境から左に見え〜る高級料亭 “一力亭” ♪
   んでハジメの一〜歩に、通りは数々並ぶ軒を連ねるお茶屋オモチャヤで華やぎ賑やか
   見どころいっぱ〜い “花見小路” ♪
   も〜ちもちもちアッシら庶民にゃ、あ〜れアレヨアレヨでふところ寂しやOH OH おけら通り♪

   オットそういやQUH〜QUHと、ひもじくアッシの腹が鳴っている♪?
   気がつきゃ朝から ONLY バニラソフト♪
   コレじゃ体に良いワケな〜い♪
   分かっちゃいるけど、食べられな〜い♪
   なんせ今日の京の温度は、きっとキット東京KID、
    体感温度は今年最高祇〜園♪?ヾ(´ε`;)ゝ
   オット MY NIKE ウォッチ見れば刻限11&28 AM♪
   んデハデハデ、すでに “るるぶ” 調べし決めし昼メシ処に LET'S LA GO〜♪
   丹波の赤地鶏と九条ネギを、トロッとした半熟EGGでとじた名物親子丼♪
   ソノソノお店は、下河原通八坂鳥居前下ル下河原町〜にある♪
   “おいでや〜す”、“どうぞ、そちらのお席に!”
   “今日は、おあっつうおすなぁ!なんにいたしましょ?”
   “はい、おおきに。上に山椒がかかっておりますが、およろしいやすか?”
   “では、しばしお待ちやす!”
   “おまたせいたしました、どうぞごゆっくりお召しあがりやす。”
   “いかがどした?  それはおおきに、ありがとうどす。”<(_ _*)>
   “ま〜たおこしやす!”・・・しっかりとダシが効いてて、山椒の香りも心地良く(*´∀`*)
   やわらかソフトな歯ざわりの、京都らしい優しい素朴な味は昔変わらぬ “ひ・さ・ご”♪

   店をあとに外に出れば、アッチアッチのUV いっぱい直射日光♪
   コレは勘弁カチンコケツカチン♪
   夕刻撮影そなえて備えて、とっととお宿にソッコウリターン♪
   水風呂入って昼寝して、ええねぇエネエネ、たくわえ蓄えろ エ寝るギ〜♪
   ソウと決まれば、水 BATH 恋し〜いやBUS帰り♪
   下河原町通ヲ北ニ上ッテ八坂神社ヲ通り抜ケル♪
   撮影の無事完了祈願して、おみくじ引いたら・・・第3番の “吉”♪

    “霧のうちも  まづ面かげに  たつるかな
                       西の御門の  石のきざはし”

       霧の中にも西の御門の石段に先づ見えるのは神の御姿。
       神の御加護疑いなく其身をつつしみて仕事に励めとの
       御さとしと知るべし。

   神の御加護疑いな〜く、コリャコリャ縁起イイ良い、演〜技良い♪
   勇気ルンルン足どり軽く、歩く歩くは四条通ヲ西へ西へ、
   目指すは四条大橋手前にBATH じゃなかった BU〜S STOP♪

   真夏モードの日差しの中、快〜調に歩く歩く〜アッシのハナに、    
   香ばしいオコゲの香り♪
   ハ〜テはてはてとソノ元辿れば、京都南座斜向いの、
   ちいさな小さなお餅屋さん♪
   五平餅にチョイ似た香りの源の義経 “ちぎり餅”♪
   加えて豆大福におはぎにかしわや葛の餅、
   みんな皆んなキンきん均一ひゃ〜くと五圓♪
   ガイドブックなんかにゃ載ってな〜い♪
   るるぶにゃ餅ロ〜ン載ってな〜い♪
   派手な広告ソコソコに、味と安値で勝負勝負の商い稼業♪
   モ〜チ飽きない、アンコは口コミ、オンリーワン♪
   なりたきゃ目指せ ナンバーワン♪♪
   地味〜にガンバレ♪ フレ〜フレ〜  “丹・波・屋”♪
   まさに正しくおみくじ通りの、粋ざま活きざま良きざま生きざ〜まの、
   ご利益とってもありそなアッシ今回一番一押しナンバーワンな出会いとなりやした☆⌒(*^-゚)v
   
    ・・テナテナお猪口いや調子で、やっとこさっとこ京都第2日目の、
   撮影前まで辿りつい〜たクタバッタ♪
   気がつきゃ来週月曜に〜は、 TV ON AIR♪♪
   ソンナコッタで肩凝った、アッシの“撮影こぼれ話”は・・・
   御免ッシュ、ダッシュ、また来週!?
                          (^-^)ノ~~「平次」観てね☆’.・*.・:★’.・*.・:☆’.・*.・:★

2004/06/16   
   


《寅五郎の銭形日記 {撮影こぼれ話} 》

平成十六年六月二十一日月曜日夕刻、超大型台風六号の影響で風雨ともに激しい中、
無事ご帰宅いただきやして、 “銭形平次” 最終回をじっくりとご覧いただきやしたでしょうか?
アッシこと、 “寅五郎” は、皆々さまのご期待に副いやしたでしょうか?・・・・
おかげさんでアッシも日大芸術より帰宅しオンタイムで見る事ができやんした。
ちょいと評判など気になりやすが、まずは {京都関連くいず} のお答えから参りやしょう!

【1】:「犬矢来(いぬやらい)」=犬さまのオションション防止なのでやしょうか。
【2】:「駒寄せ」=と書きやす。
        荷物を運んできた牛や馬をつないでやした柵とか、壁を守るものでもあるらしいやす。
【3】:「鐘馗(しょうき)さん」=中国では疫病神を追い払うという神とか。
【4】:「虫籠窓(むしこまど)」=虫籠(むしかご)のような細かい格子が特徴な事から
                   こんな窓名になったのでやしょうか。
【5】:「新撰組総長:山南敬助」=他にも数人の隊士のお墓も有るとか。
【6】:「六方焼き」=多くの方々にお悩みいただきやしたようですが、
            アッシの調べでは四角い粒羊羹に求肥(ぎゅうひ){白玉粉で拵えた菓子}を
            かけて六面を焼いたものなので、そんな別名になったのでやしょうか。
【7】:「いとまの柳」&【8】:「さらばの垣」=な〜んと哀愁情緒風情のある名でやんしょう!
【9】:「輪違(わちがい)屋」= “置屋” は、太夫や芸妓の養成所と派遣所を兼ねやしたお店。
                  近藤勇の書を表装した屏風も残されている由。
【10】:「角(すみ)屋」=“揚屋” は、今風に言えば料亭でやす。
               祇園より格式が高かったらしいでやす。
               今は「もてなしの文化美術館」として内部公開しておりやす。

以上でやすが、皆さんの回答率はいかがなものでやしょう!
満点取ってん有頂天〜!の方は、どれくらいいらっしゃるヤラいないヤラ?!

んでは、アッシのON AIR 登場順にこぼれ話のいくつかをご披露いたしやす!!

S#(シーン) 5: 「ふくろう長屋の一室」

  < アッシの馴染み遊女 ‘お篠’の母 ‘お種’ の回想シーン>
     台本のト書き(状況説明)では、
   ・・・ ガラっと戸を開けて、人相風体の悪い “寅五郎”と久六が入ってくる。
       と書いてありやした。

  ◇アッシのファースト・カット(=着流し遊び人風結髪姿)は、如何だったでやすか?
             ※ちなみに“結髪の手順は?” と言いやすと、 まずはファンデーション
               (=アッシの場合は某有名舞台化粧メーカーのスティックNO.626F)を
              パンケーキで塗りやす。(地塗り)。
              それまでの下拵えは、モチ各自でやっておきやす。
              そこで結髪担当N氏が徐に “羽二重(はぶたえ)” と言うものを
              鬢付け油を遣ってつけ、それを更に数箇所紙テープで固定し、
              その上にもう一枚羽二重を重ねて、鬢付け油やNO.626&色パレットと
              柘植長櫛(つげながぐし)や濡れ手拭いを巧みに遣って
              結髪をのせるまでの下拵えをしやす。
              そして、いよいよ結髪を被せて、揉み上げ等の密着部分を結髪専用
              接着剤(俗に “ドンピシャ” とも言う) で丁寧に装着させる。
              お察しのとおりカナリの重さとなりやして、しかもコメカミ等が
              ツラレ気味な為、長時間の装着はカナリの苦痛となりやす。

   ・・・寅五郎「おい、借金は自害の時は倍返しだ。五十両揃えてもらおうか!」
             ・・・(中略)・・・
     寅五郎「構わねぇ、連れてけ!」
             ※幾度かの台詞変更の後にこうなりやしたが、残念ながら
               長屋の連中に言うアドリブ “捨て台詞” はカットされやした。
               「おうおうコラ〜、見世物じゃねぇ〜や!トットと失せろテメェら!」

S#7:番小屋の中

 <アッシと久六が将棋を指している処に、平次&留吉の会話シーン>
   ・・・(中略)・・・
   平次「常盤屋のお篠って遊女の事を知りてえんです。」
   ・・・一瞬、険しい目になる寅五郎と久六。留吉と目線を合わせてギラリとなる。
             ※セットの位置関係から、アッシと留吉との目線合わせは無し。
               撮影現場ではよ〜くある事やす。
               それにしても残念な事に映像では伝わりやせんでしたが
               アッシの左膝元にあった焼きたてのスルメの香ばしい匂いが
               セット内に満ち満ちて、アッシの呑み心を誘いやした。
               ちなみに酒瓶の中身は、も〜ちミネラルウォーターでやした。

S#17:元の納屋の中 (推理イメージ)

  <アッシと久六がお篠殺害シーン>
   ・・・遊び人二人(寅五郎と久六だが顔は見えない)が、お篠を羽交い絞めにし、
     扱き帯で首をしめる。お篠の体が首にかけられた縄で梁にズルズルと引き上げられる。
             ※残念ながらアクションは地元京都の方々の吹き替えスタントでやす。
              んがしかし、アッシの馴染みの遊女お篠役の女優さんはホンニ真面目で
              律儀なお嬢さんでやした。
              朝一番から撮影し、午後入りのアッシ等のS#5&19撮影終了まで、
              セット内の隅では立ちっぱなし!なのでやす・・・
              アッシは事務所先輩から、待ち時間用 MY チェアは必需品!と
              アドバイスを貰いアッシの地元 “ディスカウント Simachu” で
              三脚型携帯チェアをGET いたしておりやしたが、
              お篠ちゃんは持っておら〜ず。
              ん〜で、アッシはシーンでは直の絡みはありやせんが台本上では
              関わりのある想定!?・・・MY チェアをお貸しいたしやしたところ、
              「おおきに、ありがと〜うおす!」と微笑みながらちょこんと頭を下げ、
              腰をかけやした。

S#19:ふくろう長屋の一室

  <アッシと久六がこっそり平次を見ているシーン>
   ・・・(中略)・・・
     路地の物陰から、平次に気づかれないように寅五郎と久六がじっと見ていた。
             ※このシーンのこぼれ話は特にありやせんでした。

S#20:深川仲町番小屋・中(夜)

  <アッシ&久六が留吉と呑みながら話してる処に鮫蔵が現れるシーン>
             ※アッシが画面で咬んでいやしたスルメは、S#7:番小屋の中にあった物
              (俗に言う “遣い回し” )でやす。
               酒瓶の中身は、も〜ちミネラルウォーターでやんす。

S#26:とある賭場(夜)

  <アッシ&久六が丁半賭博をしているシーン>
             ※アッシが調べやした(“座頭市”etc)賭博札の位置と今回は違いやした。
              “丁” が盆緑面に対し横に置き、“半” は縦に置きやす。
              ちなみに、“丁” は賽目(さいめ=サイコロの数合計)が偶数、
              “半” は奇数でやす。

S#27:近くの路地(夜)

  <賭場帰りのアッシと久六を平次&八五郎が見かけるシーン>
             ※このシーンが今回最初に撮影いたしやした。
             アッシと久六の会話はアッシがリードしながら考えたすべてアドリブでやす。

S#34:自身番の中(夜)

  <アッシ&久六が留吉の指図で喜兵衛を殺害するシーン>
             ※アッシの得意技 “必殺必中くるり首二重腰紐締め!”で決めやした。
              撮影現場でいろいろなアドバイスをいただきながらやっと完成した、
              必殺の殺害技でやんす。が、そのあとの台詞はカットでやした。
              寅五郎「(もがく喜兵衛に)おまえは無実を訴えて死ぬんだ。
              往生しろよッ」

S#53:鮫蔵の店裏の古寺(夜)

  <銭形平次怒りのラスト大殺陣シーン>
             ※ご覧になったとおり誠に残念でやしたが、太刀での手付けは
              擬斗担当(関東でいう殺陣)の方からいただけやせんでした。
              が、平次が登場投げ銭し鮫蔵への駆け込み前蹴りの際、
              動揺する “寅五郎” の表現として、雨戸&障子のダブル板戸を体当たり
              右肘打ち一発で倒せた事が今回のイチ押しアクションでやしょうか?!
              ・・・その折、右手の甲に軽い擦り傷ができやした。
              ちょっとした名誉の負傷でやす。
                      ・・・以上が撮影登場シーン別のこぼれ話でやす。

  ◇なお撮影終了後には、こんな事もありやんした。

  ※衣裳さんからは、「あ〜れ、着物の丈ちょっと長くなかった?
               あたしが俳優年鑑で調べたサイズはこれでいいはずなんだけど、
               ちょっと見せて・・・
               う〜ん、半寸ほどつまんだ方がいいわ。
               じゃ、リストのサイズ表を訂正しておくわね。お疲れさま。」

  ※結髪さんからは、「今回は日程の関係で撮影所近くでしか呑めなかったんじゃな〜い、
              次は、河原町あたりで呑めるといいねえ。お疲れさま。」

  ※村上弘明氏からは、平次親分の結髪手直し中にも拘わらず、無事終了挨拶に伺いましたら、
              アッシの右手を親分の両の手でしっかり握って
              「ぜひ、また!お疲れさまでした。」と温か〜いお言葉をいただきやした。

そして、オットもう一方おりやした。
その方は記録担当のT・K嬢・・・“スクリプター”と言って撮影現場でのあらゆる記録をとる役目。
皆さまも先刻ご存知のように、映画は1シーンをいくつかのカットに割り、撮影してまいりやす。
カメラ位置や照明やセットの関係などから必ずしもシーンの進行順には撮影しないケースが生じやす。そんな折はとくに “スクリプター” の方の腕の見せ所。
シーンをマッチカットされるために、シーンのカットナンバーから撮影テイクのOK&NGはもちろんの事、小道具等の配置位置や俳優の髪の毛の乱れ方から手足の角度等にいたるまで
細部に亘り入念にチェックする!
・・・とっても撮影には欠かせない母なる立場の役目の方でやんす。

  ※記録T・K嬢が、「おつかれさまでした。もっと前に言うべきだったかもしれませんが、
             なかなか言い出せず今になりました。
             実はあたし、中高生の頃によ〜くKIDの芝居観ていたんです!・・・
             そして、いつかあんな環境で仕事が出来ないカナ?!って
             思うようになりました。KIDの方々は当時実に楽しそうで和気あいあいで、
             皆んなでひとつの事に向かっていてイイナって!・・・
             で、あたし今の職場、この仕事を選びました。
             お陰で今とっても充実してます!・・・お会いする事も出来ましたし!?・・・
             おつかれさまでした!」

・・・「おいでやす!」・・・「おおきに!」・・・「また、おこしやす!」・・・
 ・・・粋で、洒落てて、上品で、レトロで、古風で、風情のある・・・
     そんな京都にアッシが再び訪れる日が
       より早く実現するように祈りつつ、一先ず筆を置きやす。

平成十六年水無月吉日 


“猛暑ショチュウお見舞い申しあ〜げマス!”

エ〜「あ〜げ」といえば、この時季バカ旨の “厚揚〜げ豆腐”を
ワチキはまず思い浮かべますねえ。
四隅を焦がすまでに焼きを入れ、刻んだ長ねぎ&擂った大根と生姜を添えて、
熱〜いうちに縦すじ四本横すじ二本のキッコーマンラインをつけ、
横は水平一文字斬り、縦は真っ向三本斬りに包丁をば入れ、
右手に握った割り箸で、手前の右端から掬って時計とは逆周りに反転させて
我口に GET IN ! ・・・三口噛んだところに、アイスピックで砕いた氷にワチキ夏季御用達焼酎
“二階堂 むぎ25度” のオン・ザ・ロックを一口きゅっと流し込む!
・・・これでなんとも小粋な江戸っ子気分になりますがねえ。
ワチキの地元手造り出来たて豆腐屋さんの今一番の旬な一品でございますです。
モ〜チ、クーラー設定温度も体にやさしく25度?!・・・いやいやまったく今年のわが国ヒノモト
“NIPPON”列島の気温のあ〜げ上がるったら、さすが火の元?
ウナギもびっくりどうなってんのよ土用丑の日!?
・・・ホントに梅雨なんてあったのかしら?と、そんな事もツユ知らずオヘソを出しっぱなしの寝姿で、
寝苦しい熱帯夜を過ごしているご婦人もいらっしゃるとか?いないとか!・・・
どうぞ当HPご覧のお嬢さま方にも、く〜れぐれもご注意いただいてお体をご自愛くださ〜い!!
・・・フェーン現象なのか東京ウォールのせいなのか、はたまたヒートアイランド現象で、
し〜かも地球がまるごと温暖化、こんなんでいいんかぁ〜NIPPON?
経済の事ばっかり考えてて環境問題な〜んも考えてないんじゃな〜い小泉さ〜ん!?
って思ってるだけでもワチキの頭の中は暑さと熱さでく〜らクーラ〜!

んでもね、ワチキにとってはとっても大好き〜な夏、
♪〜夏なつナツナッツ、これから夏?(いいえ、もうとっくに夏!)
愛あいアイラブ SUMMUR TIME、夏を ENJOY しましょう〜♪と意気込んでいますが、
例年通り残念ながら長期休暇をとってもとれないのがこの時季でございますです。
んでもそんなワチキにも今年は “三つのお愉しみ事” がありますんです。

ま〜ず一番手は、例年恒例定番「区内学校プール解放〜!」・・・
区内小中学校のプールが区内在住者の大人にも無料で解放されま〜すです。
(期間 : 8月中の前半)
モ〜チ小学校には行きましぇ〜ん?!が、何がそんなに楽しみなのか?といいますと、
区内中学校のプールはな〜んと屋上にあるのでございますです。
しかもワチキ一押しの「**新宿中学校」は新校舎4階屋上に25m×8ものプールがあり、
そこからの展望はまさに超一流ホテル級。
間直に都庁舎ビルをはじめとする新宿副都心ビル郡の摩天楼が一望できますです!
・・・まさに手が届くが如くに聳え立っているのでございますです。
しか〜も空いてるケースがとっても多いのでございますです。
リッチな贅沢感を味わえるこのプールこそ、ワチキ毎年一押しの “隠れプ〜ルなナイス・スポット”
なのでございますです。

そして二番手は、ワチキの “マスオさんハウス(女房の実家)” の3階にある “ウサちゃんの寝床
バルコニー”での日光浴でございますです。
今は幸いな事に周りにそう大きな建築物がなく、遠くに新宿副都心ビル郡の摩天楼も一望できるのでありますです。
そこに今年買ったばかりのお気に入り COLEMAN 製スカイブルーの布製サマー・ベットを出して横たわり、 J&J社製ベビィーオイルを我が身に塗って、暑くなって乾いてきたならばホースの蛇口を
霧バージョンに変えて、我が身にシャワーいたしますです。
それをひたすらに繰り返しますです。
モ〜チBGMは、FEN かサザンの曲を流しますです。
喉が渇けば、錫のビアジョッキに半分程氷を入れて麒麟淡麗生を注いで喉を潤しますです。
実〜に美味しいのでございます!
そこでは夏季期間限定制限タイム2時間程を過ごしますです。
それ以上留まるのは動かないトドになりかねましぇ〜ん。
その後は2階にある浴室の満タンした水風呂にドカ〜ンと飛び込みますです?!・・・・
失礼大嘘コキマシタ?
そんな事したらオウチから追い出されかねましぇ〜ん、なんせ、我が身はマスオさ〜ん!
なのでありますです。
モ〜チゆっくりと、頭ごと我が身をしずめま〜す。と、これが超〜気持ち良かです。
ぜ〜ひ、お試しください!
そして、グラス・ビアジョッキに “ドラえもんのカキ氷器” で作ったクラッシュ氷を入れ、
そこにカルピス : ウォッカ=6 : 4割で注いだ
“ワチキ夏季限定定番特製常夏ひゅ〜んと昇天ウォッカスペシャル” を、夏の甲子園野球実況放送を聴きながら、ゆっくりと飲みますです。
北向き窓からは、遠く高層マンションも見えますです。
窓はモチ全開見開き OPEN THE WINDOW!で、開放感イッパイ心地良き快感プラスで
これまた、実〜に美味しいのでありますです。
水風呂からあがってからは、しばしのひと眠熟睡いたしますです。
んで目覚めて再び3階のバルコニーに出まして、
同じく買ったばかりの青銅製ガーデンセットのイスに座りまして、
片手には沖縄土産の厚手の藍色グラデーション風グラスに、
頂き物の古酒泡盛をオン・ザ・ロックにして傾け、
シナトラを聞きながら沈む夕陽を眺めつつ過ごしますです・・・
そんなある夏の一日を過ごせればと篤〜く願っておりますです。
オット今ワチキが一番アッチチに熱くなっている物をば、ちょいとご披露いたしますです。
それはナンだ?といいますと、ズバリ皆さまご存知、
“ルパン3世” の「石川五右衛門のフィギア収集」でございますです!
・・・地元では “フィギュアの聖地” とも言われているJR中野駅北口下車して商店街を198歩ほど
進んだ奥にある・・・。その名も “中野ブロードウェイ” の2階&3階スペースに、
週1回は足を運び集めに集めました物なのでありますです・・・。
「全長18cmほどの超レア物 “斬鉄剣” 抜刀姿の五右衛門」から「超〜珍しい五右衛門&不二子のツーショット・キーホルダー」までetc・・・
(*ワチキ調べでは、あと二つにて完全制覇の予定?!)

さてさて最後のお愉しみは、皆々さまと同じくなん立って寝てたって
絶対見た〜い“アテネ・オリンピック!”でございますです。
  世界記録を破られ雪辱を期する 「北島康介」!
  五輪史上初の3連覇を目指す 「野村忠宏」!
  メダリストとなるか “なんば走法” 「末續慎吾」!
  選手団旗手も努める父子鷹 「浜口京子」!
  負傷にもメゲない新婚アツアツ柔ちゃん 「谷亮子」!etc
・・・等など沢山の愉しみな期待選手が高田馬場を過ぎて目白押し、
加えて「長島ジャパン」&「宇津木ジャパン」に、「山本ジャパン」&「なでしこジャパン」と、
ど〜うしても寝不足は必至状態でございますねえ!?
オットト忘れてはいけましぇ〜ん 「柳本ジャパン」!・・・
ワチキ定番一押し「元気印・みゆき」に、進境成長著しくとっても眩し〜い「プリンセス・メグ」etc・・・
もう今から・・・♪フレフレ、日本・NIPPON・ジャパン♪
どうか皆々さまもお体を充分にご自愛されて、しっかりと一緒に声援いたしましょ〜う!

・・・♪フレ〜、フレ〜、日本・NIPPON・ジャパン!!♪・・・

平成十六年七月二十二日(木)


“アテネ五輪観戦感動感激寝不足便り”

イヤハヤこんなに寝〜不足の続く夏はござんせんでしたねぇ〜、皆シャン!
猛暑に高校野球にアテネ五輪と、ま〜さに気温も暑く胸の高鳴りも熱〜く
日本列島総国民感動感激寝〜不足の夏となりやしたねぇ。
ついにあの優勝旗が津軽海峡を渡りやした!
・・・“アッシがこの眼でそれを見ることはタブンな〜いだろう出来事”の一つが
なんと今年現実となったのでござんすねぇ。
“アッシは道産子?!”・・・北海道は十勝浦幌町生まれで小学校1年生の秋からは、
遠〜く離れし憧れの内地(ないち)こと “華の都東京” 新宿育ちで、
中学から始めた野球で都立高ながら甲子園をめざしていた事もあったアッシには
この上ない吉報でございましたがねぇ・・・記念すべきスポーツ紙の記事は
アッシのスケ帳に宝物として大切に切り抜きスクラップいたしやした・・・
そして、なんといっても108年ぶりに近代五輪発祥の地に戻った“アテネ・オリンピック”ですねぇ!

・・・思い返せば今から40年前の昭和39年(西暦1964年)には、
「東京五輪」と言う我が国ヒノモト日本で記念すべきオリンピックが行われやしたなぁ。
かの三波春夫大先生が「五輪音頭」なるものを唄われ、
日本列島お祭り騒ぎの年でござんした。
アッシはそん時、グリグリ頭のクラスで一番、学年で二番目にチビの
小学四年生でござんしたがねぇ。
プロレス “力道山 対 ブラッシー戦” が中継放送されていた街頭テレビから
各家庭にカラーテレビが普及し、 東海道新幹線が走り、
首都東京には高速道路なるものが出現し、
我が国の高度成長経済が始まったそんな時代でござんしたなぁ。
我が小学校が、“大江戸五街道”のひとつ “甲州街道” に面しておりやして、
今はすっかり伝説のマラソンとなった “アベべ選手” と “円谷幸吉選手” & “ヒートリ選手”を
沿道で日章旗の小旗を振りながら声を嗄らして応援したのをはじめとして、
今でも思いうかぶ数々の感動シーンがあった五輪でしたですなぁ。
が、今大会はそれを上回るほどの心に残るオリンピックではござんせんでしたか〜、皆シャン!
・・・あの開会式での実にスケールのデ〜ッカイ演出プラン!!
・・・(競技場のフィールドをなんと海にし、その中央から17Mほどもある顔の彫刻を出現させ、
それを幾つものオブジェに分割させ船のように浮かべ、海もろとも選手入場までに消したり・・・
あの海水は何処へ行ったん?&競技場の地下はどんなんなってんの?・・・
それにあの “エロスの神” のワイヤーパフォーマンスの素晴らしさ!・・・
なんでワイヤー絡まんの?&恐るべきギリシャKEEPパワ〜!
&昼食後は毎日昼寝を欠かさないお国柄とか?
・・・そしてハタマタこれまでの近代オリンピックの歴史をば一人のランナーがトラックを一周しながらのゴール・テープを切るシーンで表現し、人類として痛むべき二度の世界大戦での中止を見事に
分かり易くドラマチックに演出した発想、総数約2,500名という地元ギリシャの男女参加者の
身体がまさにギリシャ彫刻から出てきたように鍛え抜かれた肉体美であった事などなど、
さすが文化アートの国 “ギリシャ” マッタク納得ナルド!?)に感動したのを初フリコミに、
マンズは柔道、ソウズは水泳、ピンズはマンマル満点団体男子体操、
リーチ一発積モ純チャン一通イッペイ項ドラドラドラの “麻雀数え役満” 攻撃のメダルラッシュで、
あの「東京五輪」を越えてのメダル獲得の連日で、イヤハヤほんに皆シャンも
寝〜不足なことだったのでは・・・でもでもデ〜モンコ〜グレがうれしいですなぁ!?・・・
アッシ一押しの宿敵ハンヘンに世界記録を破られ雪辱を期し見事2冠に輝いた「北島康介」選手、
五輪史上初の3連覇を目指し立派に果たした「野村忠宏」選手、
負傷にもメゲず貫禄の五輪2連覇アッ〜アツ新婚「谷亮子」選手、
マラソン発祥の地でしかも五輪史上最も過酷なコース設定の中、
誰もが不安に思った25km地点からスパートしてトップでゴールした「野口みずき」選手etc.
感動のメダル獲得シーンが続いて、なん〜と日本参加五輪史上新記録の37個獲得!
・・・“シンハリティリア!(おめでとう!)”・・・

そんな中、アッシが生LIVEでTV観戦した中で、心に残るいくつかの感動シーンは?!と
言いやすと・・・まずは、初めて見ました「アーチェリー決勝」・・・競技自体も恥ずかしながら
初めてでござんした。
なんと70M離れた処に置かれた直径わずか12cmの的を射るゴルゴ13並の神技?!
しかも3本ずつで4回勝負の、射られた12本のトータルスコアで決まる!
・・・アッシが考えていたより遥かにスピーディ〜に勝負が決まんですなぁ。
決勝は、前半の1点リードも残念ながら後半に逆転されて惜しくも銀メダル!
・・・だったがあの充実感いっぱいの笑顔の「山本博」選手は、「84年のロス五輪で獲った銅メダルから20年ぶりの銀、今度は20年かけて金を獲ります!」と名セリフ・・・
日本人が苦手とされているインタビュー・コメントでは、まさにアッシ一押しの金メダル!?・・・
次も恥ずかしながら、初めて観戦しました卓球!・・・
11点勝負の4セット先取で決まる。これも思ったよりかなりスピーディ〜!
モ〜チ観戦試合は最年少15才での出場の “愛ちゃ〜ん”!
失敬、「福原愛」選手の第三回戦。結果はストレート負け。
だが、このコメントが凄い!? ・・・「我慢比べに負けました?!」・・・
苦戦した第一戦の後、ストレート勝ちした第二戦でのインタビューでは
「一度死んだ身ですから!?」・・・なんともスゴイ少女でござんすねぇ。
あの “泣き虫愛ちゃん” は何処イッチャたんでしょ〜う!・・・見事に育っていますなぁ。・・・
アッシも只今習得中の “愛ちゃんガッツ!!”・・・右手を軽くおちゃめに握って、
乙女チック大和撫子風発声で “SA〜!”なのか、“SYA〜!”なのか叫〜ぶ!!・・・
とにかくカワユイ!?ですなぁ・・・
そして、もうひとつは誰しもが驚いた「競泳800m自由形女子決勝」
これも “アッシがこの眼でそれを見ることはタブンな〜いだろう出来事”の一つでござんしたねぇ。
22歳無名の日本タイトルすら持たない乙女が 「命預けます!」と練習に励み、
「とりあえずメダルは狙っていました。獲ったら、それが金でした!」・・・と、
キラキラ輝く笑顔でインタビューの「柴田亜衣」選手。
それにも増して、現地中継放送アナのコメントが凄かった!?・・・
「しばた、シバタ、柴田、な、な〜んと一位、トップです!・・・いま、今とんでもな〜い事が起ころうとしています!!!」・・・(アッシも興奮してましたので、多少実際とは違ってやしたらゴメンやす。)

・・・それにしても今回の各国女性選手の大活躍並びに美しい選手の多い事には眼を瞠るほどで
ござんした!・・・そうそう “新体操” は、いつからあんなに美しく進化したのでしょう!・・・
体操女子にコマネチが登場して以来、体操も新体操も「女性らしさ」から「少女曲芸」に移ってしまった!と、アッシは勝手に思い込んでいやした。
が、今大会を見て驚き桃の木現状を見なさ〜い参照の木?
ホンに先入観だけじゃ、本当にアテ〜ネになりませんなぁ。
中でも “新体操団体”の 5人演技& “個人総合” トップ3選手はベラル〜シ、
じゃなくてバラス〜シ、スンバラシ〜イ!・・・オットいけない、アッシ番外一押しを忘れちゃ〜
いけやしぇ〜ん!「カリメ〜ラ・ギャ〜サス、MRホリオ!」・・・
毎朝7:20ごろからの某国営放送的局の “アテネ速報” 現地担当アナ堀尾正明氏でございま〜す。お陰さまでアッシもギリシャ語を三つ確かに覚えヤ〜シタ。
カリメ〜ラ!ギャ〜サス!シンハリティリア !!!
・・・イヤイヤ本当に選手の皆さん、感動ありがとうございました!

オットトットいけない、そんな巷の五輪お祭り騒ぎの真っ只中、
五輪選手並みに毎日額に汗してガンバッテいた人達とアッシは関わりやした。
足利市の皆さんと東京学芸大学教育学部附属高等学校3年A組の生徒諸君でございます。・・・
8月29日(日)・・・おりしもアテネ五輪最終日に、一回限りの舞台を
なんと市民158名(3歳から64歳の一般の方々)と “汀夏子”さん&元宝塚ジェンヌの皆さんで
行なう市民参加ミュージカル “ヴィアジェーロ” でやんす。
アッシは立ち回りの手付け&指導を担当いたしやした。
一昨年上演された長野の佐久市での作品の再演でございやんすが、
8月中は、毎週末足利市を訪れ、稽古を続けてまいりました!・・・
そうそう “汀さん” とアッシは、不思議なご縁があるんでございやす・・・
それは、今から26年ほど前になりやすか、アッシがKIDの “シアター365” ラスト作品
「失われた藍の色」稽古準備の時期でございやした。
役は、なんとレビュー小屋の花形スター “輝彦”。
今までひょうきんな三枚目的役どころが多かったアッシは、準備に躍起となりやした。
当時はまだまだレンタルビデオSHOP等が手短になかった時代。
参考資料となるような “レビュー” 要素のある物はなかなか見つからず4989しておりやした。
が、ハ〜タと気づきやした。
振り付けは、元宝塚ジェンヌの “謝珠栄”さん・・・“タカラヅカ”?!・・・
じゃあ “宝塚歌劇” を観て勉強しよっと、観に行っこ〜う!
デ〜モンちょいとハんズカシィ〜?!・・・と、何気なくテレビをO〜N!すると、
当時はあの “ベルばら” 全盛期!
なんと、NHKで “ベルばら”舞台中継がありやした。
そ〜う、そうなんです「オスカル」役で “汀”さん大フィーバー中でやんした。
アッシは、「このイメージだ!!」とヤッキになってそれから準備して、
ちょいとオッカケをやりや〜した!?・・・
お陰で “輝彦” 役の原型が出来やした。
そんな秘話があの “輝彦”役にはありやんした。
誠に自分勝手な一方的なご縁にございやんすが・・・。
そして、・・・8月29日(日)・・・は、大成功の金メダル!でございました。
あとは、いよいよ東京学芸大学教育学部附属高等学校3年A組の生徒諸君の番です。
・・・9月4日(土)&5日(日)・・彼等は若者らしくアッシの忠告を聞き入れず、
果敢にわずか1ヶ月の稽古だけでジュラ刀によるアブナイ立ち回りに挑戦いたします。
どうか無事に怪我なく終了しますように・・・芝居の神様のご加護を!・・・
彼等はこの1ヶ月、彼等なりのBESTは尽くしました。
立ち回りの手付け&指導を担当いたしやしたアッシとしては、
彼等にも一等賞の金メダルの栄誉が下さられますように!・・・と心から祈っておりやす。

 ではこの熱き夏の締めくくりとして、あといくつかの名言を、

 “走った距離は決して裏切らない!”・・・野口みずき選手
 “あせらず、あわてず、あきらめず!”・・・柴田亜衣選手

 ・・・日本女子陸上で初の銀メダリスト “人見絹枝さん”の言葉、

           “努めた者は、いつか恵まれる!”

2004年9月1日(水)


【「ヴィアジェーロ」十和田湖だより】

いやんや、ごん無沙汰しておんりや〜す!
まんだまんだ夏陽の日が続きやんして、年貢苦しゅう?いんや〜ぁ寝苦しゅ〜!
銭ッコは〜さ、貯まりまへんが、体の調子にはタマリまへんなぁ〜?!
そんなコンゴロのワシャですがぁ〜・・・皆さんは、如何じゃろ!

さてさて左手?(って、ソンレは、ひ・だ・り・て!)・・・コンリャこりゃコンレまんたマタ
親父文ん字トークでもってぇ、ゴ御免ちゃい。
ワシャ〜今なぁ、そのトンチ土地の皆衆にな〜ぁ、
まんたく「立ち回り」なんぞ、知らぬ存ぜぬまったきマツタケこれから旬?
いんやぁ無縁の堅気の地元衆〜にな、週〜の末に、その土地々に伺ってぇな、
暑く熱くあ〜んつく篤く使い慣れたる美しき “日本刀” から
伴天連衆が使うと聞きし「西洋剣」の “シィハ〜?・・・じゃ〜あ、NIKEに・・・
“脳波” ?・・・でもなんくて、そうそう! “ノウハウ!”・・・(我ながら、おお〜 寒ぅ)
・・・んを、指導してるんじゃあ。
オットトそうだがや、
“ヴィアジェーロ” ってぇ「なんジェ〜ロ???」っというオジン、いやご仁もおられるジャロなぁ、
エ〜エヘン!んでば解説をば。
一昨年の秋によ〜ぉ、信州長野のな、佐久市の皆々さ〜んとよ、
あの元宝塚大スターのM・Nさん&元宝ジェンヌの皆しゃ〜んと、
これまた元宝ジェンヌだったというK・Kさんの陣頭指揮の基にな〜ぁ、
創られたオリジナルの市民参加ミュージカルなんじゃあ。
あらすじはの〜ぉ、昔々の十五世紀中頃のスペイン国誕生当時の、
恋有り、幾つもの愛も有んり〜の、モ〜チもちもち黄粉餅?の戦いシーンも、
唄も踊りも有りあり蟻さ〜ん一杯パ〜イ!
んじゃぁなくて地元一般市民の方々の出演者数が百数十名以上という
前代未聞のプロ&アマ合同の大スペクタ〜ルなお芝居なんじゃぁ。
んではコレデ解説はオ・シ・バ・イ!
そんしてな〜ぁ先月公演があったちゃぁ栃木の足利市でんはよ〜ぉ、
一般の出演参加者がナナント168人もおったんよ。
ソンレはさ〜ぁ大感動の舞台にさなったんじゃぁ。

んで今回ワシャが向かったんわさ、
本島最北端の土地、青森県はのぉ〜十和田市というトコなんじゃ。
新幹線を乗りついで片道およそ四時間もかかって〜ぇな、「三沢」ちゅう駅に降りたんよ。
んでぇ、お迎えのワンボックスCARに乗ってさ〜ぁ、
一路稽古会場へ向かったンさ〜ぁ。
いんやいやいや車っこさ〜ぁ走ったらばよ〜ぉ、たんだタダタダまっつぐな一本道でよ〜ぉ。
周りさ〜ぁ黄緑ミドリ深みんどり色の田んぼや杉林や牧場が広がっててよ〜ぉ。
辺り一面さ〜ぁたいしたタマゲタ都会じゃぁ味わえ〜んデンエ〜ン風景よ。
聞くところによんとよ〜ぉ、今朝さスンゴク雨さ降ったんで〜ぇよ、
ホントなんら〜ぁ今ん頃はさ、稲刈りの〜ぉ真っ最中だったって〜ぇ言っとった。
んでよ、空ちゃぁ見上げればよ〜ぉ、雲なんかさ〜ぁ近いやら遠いんやら、
その真ん中んやら〜あってさ〜ぁ、遠近感距離感バッチリ手にとんるように見えてな〜ぁ
マンサ360度の大パノラマよぉ、ワシャ〜ひんさしぶりブリ間振り?(寒鰤)にビックラこいた!
ホンマにな〜ぁコンコロが〜ぁ、あん洗われる思いじゃぁた。
んで〜ぇ、十和田の皆々さんも〜よ、すんごく〜ぅ “立ち回り” に興味さ持ってくれてよ〜ぉ、
実にさ〜ぁ素朴でアンカル〜イ人ばっかで、おかげさんで〜ぇ “お稽古” もさ、
順調に済んだちゃぁ。
んで、予定よんりもよ〜ぉハヨ〜ゥ帰京する事になったんじゃぁ。
(そうそうナンヨ 日帰りなんよぉ、往復でよ〜ぉ約八時間さ、アア震度マグニィチューだとナンボ?)
しんかんもよ〜ぉ、なんせぇ東北新幹線た〜ぁ1時間によぉ、1本なんよ。
んでよ〜ぉ、いんそぎ「八戸駅」に送ってもらたんよ。
しんたらさ〜ぁ、八戸発発車8分前さ〜ぁ!?・・・

ワシャ、ドッキドキドキよぉ、挨拶もソコソコにな〜ぁ、走ったぁ走った〜ぁさ、
エスカレータはモ〜チ駆け上んがり〜て走りんなんがらよ〜ぉ、
我んがぁ左手でよ〜ぉキャスター付きNIKEバックをひこずって、
右手はよ〜ぉ我んがNIKE財布から帰り切符さ取んり出してよ〜ぉ、
右ひんじでモッテさ〜ぁ、みんどりまんどろ口のワンタッチ自動ドアをば開んけてよ〜ぉ
即ソッコク乗変をばしてよ、切符をさ、おのがぁ口にくんわえて〜ぇ、
右手で財布をばしんまって〜ぇ、改札くぐってぇ今度はさ〜ぁエスカを駆け下りんて〜ぇ、
ギンリギリギリやっとこさっとこなんとかセーフじゃった!・・・
ひとりガッツポーズをしてさ〜ぁ、ヘソ前でよ〜ぉチィチャイ万歳三唱したちゃあ?!
・・・ん〜がシモ〜タ、ワシャ貴重な地元の名物駅弁 買い忘れてしもぉ〜た。
ガックリがっくりワシャは、まんずは席に座〜ろと切符を覗いたばマンタまたまた朝飯よぉ、
超〜ショック?(*朝食)・・・座席がナントB席じゃんかいなぁ。
3人掛けの真ん中かいな〜ぁと、ションボリしょぼくれワシャはコブシでドアさ〜ぁ触れたんよ、
突然車両の自動ドアが〜ぁ、ガァ〜と開いたん。
すんると乗車率はさ〜ぁ只今48パー程度だちゃぁ!
しんかも窓側席もよ〜ぉ空いとった。
取り合えずワシャ、そんの窓側席に腰さぁ下ろしたん ドッコイショ!

んでぇあんや〜ぁ、カレイじゃなくて閃いた!
たんしか盛岡駅でんは “こまち号” との連結作業のタンメによ〜ぉ、
ホームでちょいと停車時間があったんはず!って。
早速さ〜ぁ時間表をば見んればよ〜ぉ、わんずか6分間の停車ば有りトナ。
そん時名物駅弁ば仕込もぉ〜とウナズキ八丁ゾロ目も丁!で、キイメェンチョ・・・
んで〜ぇ、いんよいよいよ盛岡駅到着さ〜ぁ、
ワシャ、車両ドア前で準備万全スタンバイOK状態よ。
そんして、ドアさ開いて〜ぇ、ヨ〜イこらしょ〜のド〜ン!
まず真っ先マンズに駅弁売り場に向かったっちゃ〜あ。
お見事13秒後にワシャ到着したんが〜ぁ、即ソッコク凍りついったんや、
我んが眼の前の光景によ〜ぉ!?
・・・ナントよ〜ぉ 売り場の電気さ消えててよ、そんのぉ暗がりん中でよ〜ぉ、
オバチャン店員がよ〜ぉ、指さ舐め舐め銭ッコ数えておったんちゃ〜ぁ・・・
ガックンがっかりよ、もう売り切れてんの〜よ。
んだが、いんやいやいや制限時間一杯パ〜イのワシャ、
こんな〜ん事でんはショゲてんは〜いれましぇ〜ん!
んで〜ぇ気をば取んりこ直しんてぇ、いんざいざいざ “キんヨスク” へ。
・・・しんかし、お弁当コーナ〜も、すんでに売り切んれ状態よ。
残ってたんはさ〜ぁ、某有名製パン社の「ミニおにぎりセット」のんみよ。
しんかたな〜くよ、背に腹こさはかえられんでぇ購入したとよ。
他にんはさぁ、我が旅定番の〜ぉ、 “10年リザーヴの 《天然水》 割り250ml” とさ
“バタ・ピー” によ〜ぉ “麒麟淡麗” と言いたいんがぁ、残念なんがらよ〜ぉ “キんヨスク” にはよ、
発泡酒はさ〜ぁ売ってないんよ!・・・
ジャケン “麒麟麦酒一番搾り350ml” にショット。
(方言さ滅茶苦茶になってるん事はさ〜ぁ、 どうか、気にせんト・イ・レ)
・・・そんしてな〜ぁ 今回初買いしちゃったんは、
「チーズ in のり巻きあられ(カマンベールチーズ使用)」なんじゃ。
まんずまんず一安心のワシャは、車内へ・・・

ところがギッチョン、ナナントいつのまんにかよ〜ぉ乗車率が98パーになっとるんよ。
道理でよ〜ぉ、弁当さ皆んなSOLD・OUTの〜ぅ訳やぁ。
つんまりよ〜ぉ、座席もモチつまってるんよ。
んでぇしんかたなんくよ〜ぉ、13番B席へ行たんよ、両手に買い物ワンサカワンサでワシャ。
すんるとよ、窓側A席にはよ〜ぉ 上から下でさ、みんどり&ゴールドのよ、
コンビファッションの “ヴィトンおばちゃん” さぁおったんよ!?
・・・ワシャ、ビックラこいたちゃぁ〜!
んがぁ、まんずは横の席に座たんヨッコラショ!
・・・したらさ〜ぁ、今度は通路側C席が埋またんよ。
どんれドレドレお隣さ〜ん?って、頭さ46度右に旋回しよっとソン時、
又もんやてなもんやで凍りついったんワッシャ。
お隣さんさ〜ぁ、あんのぉ “UNO系お嬢さん” なんよ!?
・・・そんな〜ぁ、お二人さんに挟まれワシャ、 “ガマの油売り” の「四六のガマ」状態よ〜ぉ、
油汗だらだらさ〜ぁつんまりよ〜ぉ、ワッシャ生きたコ・コ・チが〜ぁせんかった!
・・・んでよ〜ぉ、ワシャ 一目散に買い込みモン持ってよ、
車両連結トイレ付きジベタ座りOK自由席に移動したんや、
あ〜ぁ我が胸 シンドバット?!・・・ひと心地ついてよ、買い込みモン食べたがよ。
こんれがな〜ぁ、大当たりのコンコンチキチキバンバンよ!
機会がありんしたら〜ぁさ、食してケ〜ロやもし。
んではさ〜ぁ、あらためんて〜ぇ紹介すんと、

   *「ミニおにぎりセット」 ¥270
      (梅・辛子高菜・明太子・ツナマヨネーズ・鮭の優レ5種)
       製造者:某Y製パン(株)十和田工場 青森県十和田市稲生町
            一口大の手ごろなサイズで、なんとリッチに
            5種類の厳選した具で醸し出す日本古来の
            素朴な味のおにぎりをお楽しみください。

   *「チーズin のり巻きあられ (カマンベールチーズ使用)」 ¥120
       製造者: K本舗   (株)KB  新潟市新崎
            水稲もち米を使用した、くるりと丸いあられの中に、
            カマンベールチーズクリームがたっぷり。
            あられ・海苔・チーズの絶妙な味のハーモニーを
            お楽しみください。 

いつしかよ〜ぉ、ご機嫌さんになっちまったぁワシャ、
地べたに新聞シイテ座って呑んで食べとる、恥ずかしき我が身をば、わんすれて〜ぇ、
御用達 にさ通うご婦人の〜ぉ視線も気にせんずによ〜ぉ、
メモ用画用紙ば出して広げて “立ち回り” フォーメーションをば試行錯誤しておったんよ〜ぉ。
情け〜ナカねぇ・・・

ンデやっとまもなく “次は終点東京” ってぇアナウンスがあったんよ。
んでぇ、ワシャ荷物をとりに座席さ戻ったんよ。
そんこでぇ、すんごいモノをば見たんがや?
・・・13番のA席の “ヴィトンおばちゃん” が〜ぁさ・・・
ワッシャの座席用のテーブルによ〜ぉ、黒ずんだペティキュアした右足をくの字に乗んせてよ、
左肘の下にはよ〜ぉ 床机のようにヴィトンバックが置かれてんよ。
おまけに左足の下にはさ、パンプスがあっちゃこちゃに転がってんよ。
しんかもよ〜ぉ、額には見事な四本のシワちゃんがクッキリはっきりで、
金ブチ・ゴージャス眼鏡も鼻ネガネ状態さ。
見んれば窓縁にはよ、赤ワインのミニボトルが3本しっかりキチンと並んどったんやろが、
今は “ナイス・ストラ〜イク!” 後のピンが如くになっとたがや・・・

            見事なる すべてを捨てての 寝姿に

                   我が身をかさね しばし動けず

2004年9月23日(木)


【「ヴィアジェーロ」十和田湖だよりの2だすけ】

 いんやいやいや、まんずまんずビックラこえタッチぃ〜 “青森弁”!?
普段は標準語なんやがよ、じもど衆との会話でんはよ、何サ言ってんかぁ〜
ちぃっとも頭がメトロノームに判らんタッチゃ〜?!
聞いて、ワシャ〜しんばらぐ、眼さ点になってモウ〜舌(タン)?&、
腹サ抱えてポンポコ狸のぽぽんがポンのワッハッハよぉ。
聞ぐ処によんとよ〜ぉ、「青森弁の方言」はサ〜ぁ大きくんば〜ぁ「津軽弁」とよ「南部弁」とんによ、別れルンバるんるんなんだとさ。
んでよ〜ぉワシャが行っちょる “十和田” はサ、「南部弁」なんだどよ。
・・・ほんど〜はエヘン!んばぁ、今回の “地元一般堅気衆立太刀廻り手取り足取りチリトリしゃん稽古” 終了後の「お疲れ交流会」と言う名の只の “呑み介会” で、
ワシャがヘベレケに呑んで呑まされ酔っ払いなんがら仕〜込んだ「南部弁講座」と、まいり〜ぃダスケ!・・・ううぃ?!

「ただスィ〜かんもネ “おもしろ南部弁さ講座”」

皆さま先刻ご存知のとおり、本州最北の地 “青森地方” は、
めんちゃめちゃシバレル(寒い)土地故に、
余り口元を開かず会話するよう自然となっていったの電話と言われており鱒寿司は、
富山の名産?!・・・(お〜ぅ、シバレル!)。
ほんでは、いんよいよ松本伊代?・・・
CITY・BOYのワシャが調べたん “おもしろ南部弁” の疲労じゃなぐて
皆の衆から拾っだぁ〜方言披露とまいるだべが、どんぞ愉しみしゃんせ!?

《南部弁》では!? ・・・・→ 《一般》には?!
  「スガ」 ・・・→ 「氷」
  「アッタ」 ・・・→ 「水」
  「カッチャ」 ・・・→ 「女房・母」
  「トッチャ」 ・・・→ 「旦那・父」
  「メンコイ」 ・・・→ 「かわいい」
  「アグド」 ・・・→ 「踵」
  「ヤグドこいて」 ・・・→ 「嘘ついて」
  「ナンヅキ」 ・・・→ 「おでこ」
  「アニッコ」 ・・・→ 「顎」
  「ケナ」 ・・・→ 「腕」
  「ヒジャカブ」 ・・・→ 「膝」
  「コンド」 ・・・→ 「後頭部」
  「へナガ」 ・・・→ 「背中」
  「ドンズ」 ・・・→ 「お尻」
  「マナグ」 ・・・→ 「眼」
  「コエェ〜」 ・・・→ 「疲れる」
  「ごみをナゲル」 ・・・→ 「ゴミヲ捨てる」
  「ワガネ」 ・・・→ 「ダメ」
  「チョスナ」&「イジンナ」
&「カモンナ」 「カモルナ」
・・・→ 「触るな」
  「ムジャケル」 ・・・→ 「破ける」
  「モチョコイ」 ・・・→ 「くすぐったい」
  「ンダゴッタ」 ・・・→ 「たぶんね」
  「カンパラ」 ・・・→ 「上手・山の手」
  「シンパラ」 ・・・→ 「下手・下町」
  「ハンカクサイ」 ・・・→ 「嘘くさい」
  「ハンカクサイ奴」 ・・・→ 「半人前」
  「ホンズナス」 ・・・→ 「バカだね・アホだな」
“南部弁”の特徴は、「・・・だすけ。」&「・・・きゃ。」
“津軽弁”の特徴は、「・・・だはんで。」&「・・・だんず。」
               「ンダビョ〜ン!」・・・→「たぶんね!」

                
*んでは、極めつけの会話をばオバ小森のおばちゃま?!


        1) 「さあさあ、こっちに来なさい。(美味しいもの)があるから食べますか?
            食べたい!それではどうぞ、食べて下さい。」

           んがなんと南部弁では、キ抜きカ行四文字だげでサ
           表現出来るんだべさ!?

             「かかか、こここ、(めーもの) くくく、けけけ!」

        2) つんぎはサこんな場合ちゃ、

           (1):「どちらへお出かけですか?」
           (2):「ええ、ちょっとお風呂に。」
           (1):「そうですか、気をつけて。」
           (2):「それでは、失礼いたします!」
        んがサ、《南部弁》ではよナントこうなるダスケ!?
           (1):「ドサ?」
           (2):「ユサ。」
           (1):「お〜う。」
           (2):「へば!」・・・と、たったコレだっけ!

以上だんがや〜ぁ、皆さん愉しんでいただけましたべか?!
んだんだ、こんなおもろい “南部弁” サ情報をいただいたんは、
  チルチルみちる嬢、山っちグラハム、ボアデル植田っち、
  淳子シャンソ〜ン、キッパ繁っち、ファン坂田っち、
  石倉元気っち、ドんメス野月っち、ソレデ遠田(エンダ)っち
・・・の方々からお力添えをば、いただいたんだすけ。
ほんに、あんがとうございまんした。
まんた教えでけねべが?!
んだぁよろしぐ哀愁まだ来週?・・・お会いいたしゃんせ。

2004年10月13日(水)

 


【『ボンボヤージュ!』公開に向けて』】

見事なB級ファンタスティック・コメディー!?
・・・まるで三星レストランで過ごす快適なひとときのような味わいのある
映画に仕上がっています。
きっと私の代表作の一つともなる事でしょう!
ぜひ、たくさんの皆さんにご覧いただきたいと願っています!!

写真提供:TENGADO.INC
(写真はクリックすると拡大してご覧になれます。)

2004年11月13日(土)



【クリスマスメッセージ2004】

メ〜リ〜クリスマ〜ス♪
メ〜リ〜クリスマ〜ス♪
メ〜リ〜クリスマ〜ス♪・・・でございま〜す ♪
ハーイ、今年もやって参りました、クリスマス!
私にとっては姪、甥に贈るクリスマスプレゼンツ!
そして年明けのお年玉!
私の財布の中身はメニーメニー苦しみますデスゥ〜。
皆さんはいかがでしょうか?
それではどうぞ皆様、ステキなクリスマスを!

Merry Christmas!!!

2004年12月24日(金)


過去ログ

2007年6月〜10月19日

2006年7月22日〜2007年5月12日

2005年8月15日〜2006年6月29日

2005年1月元旦〜2005年5月18日

2004年1月元旦〜2004年12月24日

2003年6月9日〜2003年12月12日

2002年11月28日〜2003年 5月20日

2002年11月25日  「ばかはしななきゃなおらねえ」平成十四年度版 御礼文

2002年 8 月25日〜2002年11月19日


メッセージトップに戻る

 

 

 
  Copyright (c) 2002-2007 "飯山弘章公式 名もなき勇者" All rights reserved.
mail to info@iiyama-hiroaki.jp
 
 HIROAKI IIYAMA OFFICIAL