HIROAKI IIYAMA OFFICIAL
 

 

 


9月から昭和音楽大学Musicalコースの学生さんの後期演技基礎の授業として

日本で初めての講義”殺陣剣術”を担当する事となりました。

限られた授業時間&期間のなかで今までに自分が知り得た事

&今自分が表現出来る事のすべてを学生の皆さんに伝えられるよう

還暦からの大仕事と只今悪戦苦闘思案準備中です。

 

                                             
2014年8月2日(土)  

 

屋根より高い鯉幟〜

誠に残念ながら、華の大江戸副都心新宿では

とんと見られなくなりましてございますワン。

さてさていよいよ、あのレジェンド劇団出身の

我がアルジィ〜の次回出演舞台の稽古も始まるとの事ですワン。

本人還暦の身も顧みず奮闘するようですので

皆々さまには何かとお忙しい時期とは存じますが

どうかご高覧のご検討を!と

アルジィ〜になり代わりましてお願いいたしますワン。

では、”ごきげんよう〜サヨウナラ!”


                                             サード

                                             
2014年5月1日(木)  

 

 

感謝感謝ひたすら感謝の還暦となりましてございます。

今後も一層 役者道に、演技指導伝道に、殺陣剣術伝道に精進いたす覚悟でおります。

何卒これからもより一層の+ご支援の程ヨロシクお願いいたします。


かの東照公曰く、”人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し 急ぐべからず。

不自由を常と思えば不足なし。
                        
心を望み起こせば困窮したる時を思い出すべし。

堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

勝つ事ばかり知りて捲るを知らざれば 害その身に至る。

己を責めて人を責めるな。
                        
及ばざるは過ぎたるより優れり。”

                          ・・・この言葉を心して・・・飯山弘章

                                             
2014年4月3日(木)  

 

 

 

チョイと速〜ぃ 私の次回出演お芝居の情報ご案内です。

公演月日:6月24日(火)〜29日(日)

(全10st の すべての回に出演いたします)

会場:築地ブディスト・ホール

題名:”ブルースな日々〜あぁガス欠〜!” 作・演出:是枝正彦

役柄:ある小さな劇団の座長。

今回の芝居はシリーズ3部作。その第1部作品です。

これまでに 第2部 「夢に向かって♪」 & 第3部 「家に帰ろう。」 に 座長役で出演しました。

これでシリーズ全作品に出演した事になります。

この役がまた私の持ち役の一つになればと意気込んでいます!

沢山の方々にご覧いただきたいと願っております。

皆々様にはお忙しい時期とは存じますが

私の悪戦苦闘奮闘ぶりを是非お誘い合わせの上お越しいただきたく

ご検討をヨロシクお願いいたします・・・飯山弘章

                                             
2014年3月3日(月)  

 

 

                                             
2014年1月7日(火)  

 

 

                                             
2014年1月1日(水)  

 

 

                                             
2013年12月23日(月)  

 

あの’じぇじぇじぇ’の”あまちゃん”も ’倍返し’の”半澤直樹”も終わってしまい

チョイと秋の夕暮れ黄昏状態ではございませんか?

そこでNEWSです〜!

・・・久々のわたくし舞台出演のお知らせです。

また又々々々のパン・プランニングプロデュース作品。

タイトルは、「シャル・ウィ・ジャッジ(仮題)」という再演。

劇場は、もうお馴染みの「ミニシアター1010」。

上演日は、11月30日(土)夜から12月4日(水)昼まで。

詳しい日時等はまた後日お知らせいたします。

皆さまには何かとお忙しくお過ごしの時期とは存じますが

まだまだ上演日までにはお時間がございますので

どうかお誘い合わせの上ぜひ劇場にお越しくださいませ。

 と 我が愛息犬サード君も申しております。

ではご検討のほどヨロシクお願いいたしマッスル!

 

                                             
2013年10月1日(火)  

 

お待たせ〜しました”零式艦上戦闘機52型丙1/24 SCALE”がヤットコサットコ完成しました!

ゼロ戦の最優秀型として昭和18年8月に出現し、甲・乙・丙と三種がありました。

ゼロ戦最後のホープとして実戦に臨んだのがこの52型丙でした。

747機生産されました。

昭和17年の後半から米軍の零戦に対する戦い方が完全に変わりました。

それはその年の7月にアリューシャン作戦でアクタン島に不時着した

無傷の零戦を手に入れアメリカ本土に持ち帰り徹底的に調査研究されたからでした。

 

その”零式艦上戦闘機52型(今は米国PLANES OF FAME所蔵)”が

なんとこの夏、所沢航空発祥記念館に展示されていました。

あの堀越二郎氏が”私は一瞬、自分がこの飛行機の設計者であることも忘れて

「美しい!」と咽喉の底で叫んでいた。”と語っていたゼロ戦と対面して来ました。

感動感激感無量感謝感謝只感謝のひとときでした。

いよいよ12月21日には”永遠の0(ゼロ)”が映画公開されます。

読者其々が感動し想像している世界を映画が超えられるか・・・愉しみにしております!


                                             
2013年9月1日(土)  

 

”堀越二郎”=1903(明治36)年6月22日群馬県藤岡市生まれ。

東京帝国大学工学部航空学科を首席で卒業し

三菱内燃機製造(現在の三菱重工業)に入社。

三菱九六式艦上戦闘機の設計に於いて革新的な設計を行う。

とくに”零式艦上戦闘機(ゼロ戦)”の設計主任として有名。

数々の後世に語り伝えられる名機の設計を手掛けた。

従四位・勲三等旭日中綬章。

1982(昭和57)年1月11日逝去。

鯖の骨を手にとり眺めながら、その美しい曲線を活かした理想の飛行機を創ることを夢見た

日本の青年”堀越二郎”設計のゼロ戦(1/72スケール)がこの度4機完成しました。

ご高覧あ〜れ!

 

“零式艦上戦闘機21型”=真珠湾攻撃以来、昭和17年末までの日本海軍諸作戦の殆どに参加

したゼロ戦がこの21型である。740機製作された。


“零式艦上戦闘機32型”=堀越二郎の「剛性低下方式」により

運動性・上昇力・航続力・武装に関してゼロ戦は当時抜群の能力を

持っていた。

がスピードが外国機に比べて劣っていた。

そこで主翼断面を減らし高速力を得るために両翼端を50cmづつ切断した。

最終改造機は最高速度544km/h。343機製作された。


“零式艦上戦闘機22型”=32型の主翼を再び全幅12Mに戻し

左右外翼内に各45リットル入りタンクを増設し

昭和17年秋にはラバウル方面に配置される。

ゼロ戦の全型式を通して最も円熟した型であったと謂われる。

560機製作された。


“零式艦上戦闘機54型丙”=ゼロ戦最後の量産型。

昭和19年9月から終戦まで93機生産された。

一部は特攻機となり、多くは本土決戦用に整備されていた。

只今、その”零式艦上戦闘機52型丙”1/24スケールの大型ゼロ戦製作に悪戦苦闘中!!

 

                                             
2013年8月1日(木)  

 

「心を洗われるような感動的な出来事や素晴らしい人間と出逢いたいと

常に心の底から望んでいても、現実の世界

日常生活の中ではめったに出逢えるものではない。

しかし、確実に出逢える場所がこの世にある。

その場所とは、本の世界、つまり読書の世界だ。

清々しい感動で魂を浄化してくれた本書「永遠の0(ゼロ)」の出逢えた時の喜びは

筆舌に尽くしがたい・・・児玉清」

 

百田尚樹著のこの本を読み終えて・・・

どうしてもゼロ戦のプラモデルを作りたい衝動に駆られ

久しぶりに仕上げました”旧日本海軍三菱零式二十二式艦上戦闘機の1/72プラモデル”

 




「なぜ”零戦(ゼロセン)”と呼ばれたのか?・・・

旧日本海軍では、その兵器が正式採用となった

紀元年号(皇紀年号)の末尾の数字2字または1字をとって、〇〇式と呼んでいました。

零戦が正式採用されたのは、皇紀2600年(西暦1940年=昭和15年)だったので

その末尾をとって”零式艦上戦闘機”・・・正しくは”零戦(れいせん)”と呼びます。

この零戦は試作機などもいれると20種類ほど有り

10、098機が製作され、そのうち零戦22式は560機。

堀越二郎技師を主とする三菱設計陣の尽力により

重量の軽減と有害抵抗の減少が細部にまで施され

安定性、操縦性に優れた当時、世界最高の無敵の戦闘機となりました。」


次回ジブリ作品は、その堀越二郎さんに捧げる物語とか・・・

只今、このゼロ戦のその前の”零式1号艦上戦闘機

(のちに零戦11式と呼ばれる=12試艦上戦闘機)”を製作中!

 

                                             
2013年7月1日(月)  

 

 

”お布施”とは、相手の欲する事を与える事とか。

しかしながら、その加減がどうも難しいようで・・・
 
で、とあるお方は誰に会ってもニコニコ優しい表情をみせる

”顔施(がんせ)”なるものをなさっているとか。

そのお方は会う人ごとに

”どうして そんなにお元気なのですか?”と言われて こう答えるそうです。

”私は、元気という病気なんです!”と。

”顔施”は顔さえあれば 誰にでも可能なのですよ・・・。

そのお方は、瀬戸内寂聴さん。

ちょいと見習ってまいりま初夏ならぬ只今もうじき梅の実が熟す頃の雨と書いて

“梅雨(つゆ)”ですな。

そんなこんなもツユ知らず・・・かしこ

 

(^O^)じぇじぇじぇ〜な,な,なんとこの度世界最年長エベレスト登頂に成功した

"三浦雄一郎さん"が我が母校東京都立千歳高校の八期の先輩だと遅ればせながら知りました!

素晴らし万歳\(◎o◎)/!万歳\(◎o◎)/!

                                             
2013年6月1日(土)  

 

 

端午とは、月の初めの午(うま)の日という意味で

古代中国では物忌みの月とされた風習が奈良時代に我が国に伝わり

薬草である菖蒲やヨモギを軒先や家の中に飾って邪気を祓い

無病息災を願ったのが端午の節句の始まりとか。

それが宮廷行事に、武家の男子誕生祝いにと継がれ

やがて江戸後期の町民たちにまでひろまって今日に至るとか。

「健やかに育ち、強く立派な男になれ!」って・・・

じぇじぇじぇのじぇ〜タマスポロギ〜!

それじゃ還暦までには立派な男にならんと…

今でしょ!!

                                             
2013年5月1日(水)  

 

 

はや 桜花見の宴の時季も過ぎまして…

いよいよ新年度の始まりとなりやんす。

御贔屓筋の皆々さまには、いと慌ただしき毎日をお過ごしの事と存じやす。

ワチキも五十代残り一年の星月夜となりやんした…

日々、一善一習一学を積み重ね、有意義に時を過ごす覚悟でありんす。

ではくれぐれもお身体を御自愛くだしゃんせ…かしこ 卯月太夫より

                                             
2013年4月1日(月)  

 

なにかと慌ただしく忙しい時期ですね。

先ずは心静かに深呼吸して万全の準備をし新年度に向かいましょ〜う!

 

『急ぐとも 心しずかに 狙い打ち 外にこぼすな 松茸の露』

                           …ホロ酔いスナック音入れ處より

                                             
2013年3月1日(金)  

 

おかげさまで無事・・・今年も剣塾節分会奉納殺陣披露を終える事が出来ました。

これからも稽古を積み重ね続け・・・

こんな心境の一流人になれますよう・・・励んで参りマッスル!

                                             
2013年2月4日(月)  

 

 

今年で6回目となりマッスル・・・しかも日曜日!

ぜひぜひ皆さまお誘い合わせの上・・・ご高覧くださいまっせ!!

                                             
2013年1月14日(月)  



 

来年はいよいよ感謝感動感激マイッタ還暦となりまっする。


今年今月からは、この孔子さまの心境になりますよう日々励み初めまっしょ!

                                             
2013年1月4日(金)  

 

 

昨年は

「あなたからの贈り物...」&「ばかはしななきゃなおらねえ 2012」&「ドン・ジュアン」

おかげさまで充実した一年となりました。

今年も、巳のりある一年となりますようヘビ〜に励んでまいります。


本年もなにとぞご支援のほど宜しくお願いいたします!」

                                             
2013年 元旦  

 


過去ログ

2011年8月17日〜2012年12月24日

2010年11月1日〜2011年5月21日

2009年6月11日〜2010年10月20日

2008年11月7日〜2009年5月2日

2007年12月24日〜2008年8月8日

2007年6月〜10月19日

2006年7月22日〜2007年5月12日

2005年8月15日〜2006年6月29日

2005年1月元旦〜2005年5月18日

2004年1月元旦〜2004年12月24日

2003年6月9日〜2003年12月12日

2002年11月28日〜2003年 5月20日

2002年11月25日  「ばかはしななきゃなおらねえ」平成十四年度版 御礼文

2002年 8 月25日〜2002年11月19日

 

 

 

 
  Copyright (c) 2002-2013 "飯山弘章公式 名もなき勇者" All rights reserved.
mail to info@iiyama-hiroaki.jp
 
 HIROAKI IIYAMA OFFICIAL