HIROAKI IIYAMA OFFICIAL
 

 

 

 

 

 

                                             
2012年クリスマス  

 

 

皆さま・・・お元気でしょうか?!

お陰さまで役者としての私にとっての今年は素晴らしい役をいただきまして

大変有意義な一年でございました。

でも・・・どうもご覧いただいた皆さまの中には

大変な一年だった方々がたいへん多いようで!?

観劇の感想にもお褒めの言葉の後に決まって・・・

今の私にとってとっても勇気づけられました!! 

と言う言葉が添えられる事がメチャ多かった事か・・・

勿論わたくし自身にもありましたが・・・

互いにそんな年齢になったからなのか・・・

そんな世の中だからなのか・・・

私なんかにはとてもとても解りませんが・・・

それでも皆さま元気にいきましょ〜う!!!」

                                             
2012年12月1日  

 

 

また・・・今月21日(水)に芝居の初日を迎えます。

もう何回目になるのでしょう・・・

勿論100はとう超えていますが・・・1000にはまだほど遠い。

武蔵が唱えるには、一万回でやっと鍛錬の境地に至るとか・・・   
    
ではでは

せめて準備準備の毎日稽古を重ねていく事のみ・・・

今まででの自分にとっての最高の演技だと

言われるよう、思える・・・ような作品となるますようにと
      
どうぞ今回もご高覧あれ〜!!

                                             
2012年11月1日  

 

 

 





一世一代の大勝負の芝居から・・・はや三十と五日。

 ” 強 者 どもが 夢のあ と・・・ ” の心境で一か月。

さてさて、そろそろ社会復帰せねばの十月・・・

神無月(かんなずき)。

今日から客演芝居のお稽古のはじまり始まりとなりました。

作家はあのおフランスの17世紀に大活躍したモリエール。

内容は、神を信仰しない主人公の山あり谷ありお話とか・・・・

しかも又またミュージカル! 

なにか摩訶不思議なご縁も感じマッスル頑張りまっする。

さてさて私の役柄は、愛も変わらず今回も

皆さま観てのお楽しみ・・・

会場は私一押し大好き1010ミニシアター。

皆々さまには何かとお忙しい事とは存じますが

皆々さまの日常の煩わしさや憂さ晴らしにこのお芝居がなればと

今回も額に汗して黙々とひたむきにひたすらに

   ”役に生きて・・・己の生き方を知る!”
      

その想いが皆々さまに届きますように・・・

 

                                             
  2012年10月1日(月)    

 

                                             
2012年9月1日(土)    

 

 

真夏の暑さの中、冬のクリスマスの芝居を創っています。

ご覧いただく皆さまの心に沁みいる仕上がりをめざして・・・

ひとりでも多くの皆さまに観ていただきたく・・・

大汗かいて、がんばって、ガンバッテ、頑張って・・・

稽古に励んでおりまっする!

どうかお誘いあわせのうえ、ぜひ劇場へお越しくださいませ。

まだまだお席には余裕がございまっする・・

皆さまのお力添え、ご支援、今後とも宜しくお願いいたしまっする!!

                                             
2012年8月1日  

 

 

公演チラシの口上でも申し上げておりやすが

なんせ豚でもないお客さま動員の数にござんす。

ぜひお誘いのお声を今まで以上におかけくだシャンゼリゼ。

この芝居はアッシの渾身の自信作にござんす。

そして今回は一世一代の大勝負でもござんす。

なにとぞ皆さまのお力添えを宜しくお願いいたしやす。

沢山の奇跡のようなご一報を夢見ておりマッスル。

只今これまでの役者人生最大最長の稽古量で

ご期待の仕上げになりますよう日々邁進しておりやす。

ただ只・・・日・多・夢・氣・仁

                                          ・・・飯山弘章

                                             
2012年7月1日(日)    

 

 

十年前に産声をあげました ”ばかはしななきゃなおらねえ”を引っ提げ ましての

私、一世一代の大勝負!

壱千九百五十席というお客さまをお呼びしなければならないという前代未聞の・・・

実に無謀なチャレンジにござんす。

つきましては一重に、皆々さまのご支援お力添えなしに底叶わぬ 至難の企画にござんす。
 
公開まもない話題のスカイ・ツリーを見学され

浅草仲見世でお買い物、浅草寺をお詣りされ

あっしの芝居を観劇されることをせつに願っておりやす。

おひとりでも多くの皆さまの申し込みを心待ちにしつつ
 
ご期待に添うべく 心に沁みる仕上がりとなりますよう日々精進してまいる所存にござんす!!

 

                                             
2012年6月7日(木)    

 

 

皆さんビックニュースです。

あの大好評でした「ばかはしななきゃなおらねえ」が

今スカイツリー話題で賑わう浅草で8月下旬に上演出来ることとなりました。

私にとっては一世一代の大勝負の芝居となります。

どうぞご期待ください!

 

その前の「あなたからの贈り物・・・」では私の新境地の役柄です。

どうぞお楽しみに!

まだまだ平日の回はお席がございます。

見逃す手はないほどの素敵な芝居に仕上がります。

くれぐれもお誘いわすれのありませんように
                                  では当日劇場で!!

 

                                             
2012年6月1日(金)    

 

早いもので・・・もう端午の節句の時期となりました。

皆さまには いかかお過ごしでしょうか・・・

わたくしは 日々奮闘稽古の毎日です。


聞くところによれば まだまだ平日のお席に余裕がありますとか・・・


ご購入がこれからの皆さまには

平日の回の方がごゆっくりご覧いただけますのでお勧めです。
         
また すでに平日の回をご購入の方々には
         
あともうひとかたお誘いいただければ誠にありがたい限りです。
          
ではご一報 心からお待ちしておりまっする !


                                             
2012年5月1日(火)    

 

 

 

本日!華の大江戸は♪桜満開に♪ございまっするだワン!!





 

                                             
2012年4月8日(日)    

 

 

ありがたい事に日曜日から完売の回が徐々に増えている模様です。

ご購入いただきました皆さまには誠にありがとうございます。

いよいよ稽古も本格的になってまいります。

ご覧いただく皆さんのご期待に答えるべく芝居になりますよう

メンバー一同、一丸となりまして励んでまいります。

まだまだ平日の回は余裕がありますので

知り合い知人の方々をお誘いいただければありがたい限りです。

では、咲き誇る櫻の花を見ながらの祝い酒をいただき過ぎませぬよう・・・

あっ ・・・これは私のことでした。





 

                                             
2012年4月1日(日)    

 

わが日本国のみならず、世界中の国々でもたいへん厳しい

政治的経済的状況のご時世となっております。

そんな中での今回のお芝居です。

今回もご覧いただいた皆さまにただ ” ありがとう ” を言いたくて・・・

24年ぶりに元KIDのメンバーとともに舞台に立ちます。

皆さまにもなかなかご覧いただける日時を決めかねていらっしゃる事と存じます。

今回は客席数160席ほどの小劇場です。

つきましてはお早目のチケット申し込みをお勧めいたします。

またペアチケット購入が若干お得になっております。

          
では申込みを心待ちにしております。

宜しくお願い致します。

季節がら花粉症の皆さまにはどうかお大事に!

私も結婚と同時にめでたく花粉症となり28年目となります・・・かしこ
             

平成24年弥生                                    飯山弘章

                                             
2012年3月1日(木)    

 

 

 ※先行予約は2012年2月14日午前0時より

  Sweat & Tears -東京キッドブラザース44th-公式WEBサイト限定予約開始です。

  http://www.sweat-and-tears.net/ 

                                             

2012年 2月1日(水)   

 

 

所属していました事務所とのご縁で実施しておりました節分会奉納殺陣披露も
事務所を離れた事で内心危ぶんでおりました。
が、梅照院ご住職のご厚意によりまして
めでたく無事に出来る事となりました。
ありがたい事です。
今年で5年目の節目でもまた新しい始まりの奉納殺陣披露でもあります。
どうか一人でも多くの皆さまにご覧いただければ
剣塾メンバー一同、幸せの極みです。
ではヨロシクです!!

                                             
2012年1月11日(水)    

 

 

中国の故事によれば、鯉が滝を登り龍になったことから”登竜門”と謂われるとか・・・

今年は辰年。私もそんな一年にするべく

2月には、5年連続となる節分会奉納殺陣披露。

そして6月には、24年ぶりにKIDのメンバー達との”Sweat & Tears”公演。

それから8月下旬〜9月上旬には、”ばかはしななきゃなおらねえ2012”ができるかも・・・

それと11月中旬から12月上旬には、3年連続となる(有)パン・プランニング公演等々・・・

しなければならない事が多い年となりそうです。

どうか今年もご支援お力添えのほど宜しくお願いいたします。

皆さまにとって幸多き1年になりますよう祈っております。

ではよい年明けをお迎えくださいませ!
   


                                             

2012年 元旦   

 

つぶやき報告の中に出てきた私に閃いた・・・

「いつかきっと!」をクリスマス・プレゼントいたします!
 
  この物語はある一時代を風靡した劇団のメンバー達のその後の物語である。

  ダンスで幕があがる。

  オープニング・ダンスの後、それぞれの日常生活に戻るメンバー達。

  劇団解散から既に二十年もの時が経っていた。

  その原因は、劇団代表の逝去によるものであった。

  そして、それぞれの携帯に着信音が鳴る。

  「代表の命日に集まりませんか? 久しぶりに・・・」

  個々に了解し、指定された店に集まるメンバー達。

  そこは昔劇団の稽古場だった処・・・今は居酒屋となっていた。

  久しぶりに再会するメンバー達。

  取りあえずの乾杯のあと、其々の近況を語り始める。

  コーラス・ライン的モノローグを今風アレンジにしたい!

  各々の思い出の曲も唄いながら・・・

  酒の勢いもあり、もう一度皆んなで同じ舞台に立たないか?

  とか話題にもなるが個々の事情もあり・・・やはり難しいとの話の流れに!

  そこに昔、稽古場近くの公園の桜の樹の下に埋めた

  将来の自分に向けてのメッセージの入ったタイムカプセルがあった話題となり

  それを見つけに行くメンバー達。

  公園の桜の花の蕾が咲き始めていた。

  皆んなで樹の下を掘り、汗だくになりながら

  やっと見つけるタイムカプセル。

  当時の各々の思いが込められた物に触れるメンバー達。

  盛り上がっていく昔ばなし。

  やがて、代表のメッセージも見つかる。

  「今は、もう劇団はないかもしれない・・・でも忘れないでもらいたい・・・
  あの時の皆んなで一緒に 一所懸命に歌い踊り叫び・・・
  なにかを伝えようとしていた事を・・・」

  そのメッセージに、復活の舞台を実現しょう!と盛り上がっていくメンバー達。

  桜の花はいつしか七分咲き。

  其々の思い出の舞台を想い出すままに

  演じはじめるメンバー達。

  桜の花は満開となっている。

  大いに盛り上がる。

  だが・・・疑いの声が

  「本当にこんなタイムカプセルってあったっけ・・・?!」

  実は、再会を誘ったあるメンバーの仕掛けた嘘であった。

  怒り心頭のメンバー達。

  三々五々にその場を去る。

  桜の花は散り始める・・・一人残されるあるメンバー。

  一風の風に満開の桜の花びらが舞い・・・落ちていく。

  各々の日常生活に戻っているメンバー達。

  だが復活舞台の件は其々の心のなかに・・・

  どこかひっかかっていた。

  そこにまた携帯の着信音が鳴る。

  それは、あるメンバーの訃報であった。

  末期がんを宣告されていたとの・・・そして・・・

  

  ※ 勿論、来年の公演脚本は林邦應オリジナル作品となります。

    念のため・・・


          MERRY CHRISTMAS!                飯山弘章

 


                                             
2011年12月24日(土)    

 

《 飯山弘章からの つ ぶ や き 経 過 報 告 》

この度、懐かしい劇団東京キッドブラザース出身の仲間たちと一緒に

念願の舞台に立つこととなりました。

どんな経緯で?!

・・・ かと申しますと、それは

五年前の平成十八年一月十二日、私とある方との会話からのはじまりでした。

毎年決まってこの日にお会いするというお付き合いをもう二十数年間重ね・・・

その日も夕焼けの富士を眺めながら、ともに杯を傾けておりました。

「今も他のメンバーとは,会っているの?」

「え〜まぁ、何人かとは・・・」

「そう・・・」

「でも最近はなかなか・・・」

「そう、せっかく東さんを通して出会い、ともに過ごした仲間たちが

集まって語り合うことがないのは・・・寂しいねぇ。」

「ええ・・・そうですね」

そして・・・その三カ月後の東さんの命日に

磯部弘君と小野剛民君を誘って、夕刻の原宿駅竹下通改札口で

久しぶりに待ち合わせました。

あの懐かしい稽古場“ WORK・SHOP ” の近くで一緒に呑み語りたいと思い・・・

その日はやはりKIDらしく・・・小雨が降っていました。

そんな中、三人で店を探していると・・・もしかして、此処が、あの“ WORK・SHOP ”!?

そうなんです! 今は格安居酒屋チェーン店となっていました。

即入店して,それぞれ携帯で連絡し、懐かしい何人かのメンバーが集まり

大いに呑み 大いに語り明かしました。

それからは、毎年の命日にそこに集まることとなっていきました。

メンバーもいつしか・・・磯部君、小野君、長戸勝彦君

水谷あつし君、萩原好峰君と私との六人となっていきました。

毎回、懐かしい想い出話は尽きることなく、実に愉しい宴を重ねていきました。

そして、別れ際にはいつも決まって・・・『またいつか一緒に何かやれたらいいなぁ』

ですが皆それぞれに忙しく、なかなかその話しは具体的にはなにも進みませんでした。

ですが昨年のその日、ちょい早く原宿に向かう車中で・・・私に何かが舞い降りました。

『こんな芝居なら、皆んなで出来るのでは!』とあるストーリーが閃きました。

で急ぎ、竹下通りのダイソーに駆け込んでメモ用紙と鉛筆を買い込み店に駆け込み

待ち合わせまでの間、一心不乱に閃いた芝居のあらすじをまとめ書き上げました。

タイトルは、『 いつかきっと! 』 ・・・ そして、ひたすらメンバーを待ちました。

磯部君に、小野君に、長戸君に、萩原君に、水谷君にと彼らが席に着くなり

夢中で話しまくりました。不思議なことにその日はなぜか一人々が時差で現れ・・・

でも皆んなにとっては、あまりに熱心に語るのでしかたなく説得されたような感じだったと

今も思っています。

が先ずは皆一緒に芝居することにめでたく賛成してくれました。

それからは大いに呑み語りあうこととなっていきましたが・・ ・

その盛り上がりのなか、徐々に 不安を感じるようにもなってきました。

台詞廻しも、芝居構成も、もっと新鮮でもっと斬新な展開のストーリーでなくては・・と。

そこで皆んなにその旨を打ち明けると

今は劇団IOHの主宰として数多くの作品を手がけ脚本家&演出家で活躍している

林邦應君に相談してみては!? との提案がでて 即打診・・・

そして、快く承諾してもらえることとなりました。

こうして、今回の“Sweat & Tears ”のメンバーが揃うこととなりました。

先ずは早速、劇場の抑えから・・・

しかしながら首都圏の中・小劇場の日程はなかなか 取れにくいのが昨今の現状です。

早くもはじめての難関となりました。

がそんな中、皆んなが上演劇場と熱望する“赤坂レッド・シアター”を

長戸君の尽力で めでたく決めることが出来ました。

ありがたい幸先の良いスタートとなりました。

公演期間は、来年・・・ くしくも東さんの十三回忌の年にあたる

平成24年6月6日(水)から17日(日)までの12日間( 15 st )の予定です。

お芝居の作・演出に関しては,林邦應によるオリジナル作品となります。

いにしえより語りつがれる 『 人生五十年下天のうちに・・・』

その五十歳をまもなく迎える・・・

また丁度迎えた・・・

とうに超えた・・・

平均年齢なんと五十一歳の男どもの新たなドラマの始まりの舞台となります!

これまでのそれぞれの歩みの中で培ったものに・・・熱い篤い思いを込めて・・・

あの懐かしいKID の名曲の調べとともに今こそ沢山の皆さまに贈り届けよう!!と・・・

久しぶりに同じ舞台の板の上に立ちます。

これからの上演までの間には、いくつものハードルを乗り越えていかなくてはなりません。

きっと悪戦苦闘奮闘の・・・あの時代と同じ日々となることでしょう。

その度ごとに・・・またあの時と同じように・・・多くの皆さんに支えられていくことと思います。

どうか今後ともお力添え、そしてご支援を どうぞよろしくお願いいたします

平成二十三年露月吉日                      

  飯山弘章 


                

                                             
2011年11月13日(日)    

 

【最新活動報告】

殺陣&唄剣舞の手付 並びに立ち振舞い所作指導をさせていただく事となりました…

公演日:10月4日〜10日

劇場:本多劇場

「トム・プロジェクトプロデュース

「あとは野となれ山となれ」

作:水谷龍二

演出:高瀬久男

出演者:竹下景子、宇梶剛士、岸田茜

詳しくは  トム・プロジェクトHP をご覧ください

…また是非ともご覧いただきたく、ご検討のほどヨロシクお願いいたします!!

                                             
2011年9月10日(土)    

 


                                             
2011年8月17日(水)    



過去ログ

2010年11月1日〜2011年5月21日

2009年6月11日〜2010年10月20日

2008年11月7日〜2009年5月2日

2007年12月24日〜2008年8月8日

2007年6月〜10月19日

2006年7月22日〜2007年5月12日

2005年8月15日〜2006年6月29日

2005年1月元旦〜2005年5月18日

2004年1月元旦〜2004年12月24日

2003年6月9日〜2003年12月12日

2002年11月28日〜2003年 5月20日

2002年11月25日  「ばかはしななきゃなおらねえ」平成十四年度版 御礼文

2002年 8 月25日〜2002年11月19日

 

 


 

 

 

 
  Copyright (c) 2002-2012 "飯山弘章公式 " All rights reserved.
mail to info@iiyama-hiroaki.jp
 
 HIROAKI IIYAMA OFFICIAL