HIROAKI IIYAMA OFFICIAL
 

 

 



はてさて…如何しましょか?
見れば、茎子(なかご)はザラザラ状態で
ささくれ立ち細くて華奢な造りゆえに握りづらそう…
もしも手の内から外れ
観客の皆さんの方へでも飛んでいったら
マジいち大事ガチやば…ハプニンぐぅ〜!
思い返せば、先ほどの場当たりの際の
タッチ ンぐぅ〜で、若干目釘が緩いかな?!
ってな感覚のフィ−リンぐぅ〜はあったが

右手でしっかり包み込むように握るればホ−ルディン…ぐぅ〜!
…詳しくは、右手親指の第1関節の腹と人差し指の第3関節の腹で
目釘の両端を押さえているので抜刀してからは、目釘が柄中で折れない限り
危険は無く安全なのでありマッスルがまさか帯に帯刀している刀から
目釘が飛び出し柄が抜け落ちるとは? …
さてさて此処で吾半蔵がこの難関アクシデントをいかなる対応で乗り斬るか!? を
…あの黒猫が見〜てるんではないか〜い!…
先ずは冷静ク−ルに頭のなかをリラ〜ックス!
腕の見せどころじゃぁ内科〜医!とかなんとか思案しながらも
覚られないように吾半蔵はしっかり…ム〜ビンぐぅ〜!
手付通りに力勝負の綱引き駆け引きが尚も続いてマッスル。
すると佐助が斬りかかってくる気配。
半蔵は槍を失うもやむを得ずと、佐助が振りかぶると同時に槍から手を離し
後ろ飛びに大きく跳んだ…フラ〜インぐぅ〜して大地に着地し
我が太刀をマジ本気ルッキンぐぅ〜すれば
やはり目釘が外れて…ナッシンぐぅ〜!
目釘穴がポッカリ空いたまんまで刀身が鞘中に納まっているではないか〜い!
佐助と対峙しながら、ちょいの間思案の吾半蔵。
エ〜イ、丁と出るか?半と出るか?
ままよぉ〜と、やおら柄無し刀を鞘ごと帯から抜き取り
天空高くに投げ上げ…賽は投げられた!… 驚く佐助。
真夏の陽射しで眩しい真っ青な空の中から大地に振り落ちた我が太刀を見て
若林佐助は、瞬時に事の成り行くに気づいた様子。
吾半蔵はゆっくりと脇差しを抜刀し、大きく身構えた。

覚られないほどに眼で頷く若林佐助。
…しかしどうして、吾半蔵には 脇差しが用意されていたのか?
才蔵と佐助は忍者長太刀だけなのに!?
…これもあの黒猫が?…
それはともあれ、合わせリハなしの小太刀VS長太刀との闘いとなりマッチョ。
互いに刀身の長さが違う為、 間合いが微妙に難しくなりマッスル。
NICEマッチンぐぅ〜となるのか?!
いざぁ〜、ブッツケ本番! ファイティングぅ〜!見合う身構える吾半蔵と若林佐助。
呼吸を合わせ、斬りかかる…タイミンぐぅ〜を測り、ヤァ〜と同時に斬り込む。
互いに袈裟斬りを狙った。
刀は鋭く刃音を鳴らし空を斬った。
佐助はその音を右耳で聞くや、斬り返しに左袈裟斬りに刀を廻し斬りつけた。
半蔵はそれを右にかわす。
佐助、刀の剣筋が流れるままに再び袈裟斬りに斬りかかる。
今度は左にかわす半蔵。
そこに佐助の左横一文字斬りが…半蔵、素早く脇差しを十字に傾け
間一髪の処で十字受けに止める。
佐助が刀越しに押してくる。
互いに肩合わせの体勢となる。
吾半蔵と若林佐助は、顔も合わさず触れ合う肩で
互いの気と呼吸を覚られないように合わせる。
そして肩合わせのままに前方に移動し
再び力勝負アクションで互いに押し合い、後ろ跳びで離れ身構えた。
…あの‘巌流島の決闘’の武蔵VS小次郎のように…
見合いながらの平行移動で駆け出し交差点中央で互いに大きく回転しながら
袈裟斬りに斬りつけるも天合わせでの止め合いとなった。
互いに刀を引き、斬り返しに左袈裟斬りに斬りかかるも
またも天合わせとなり、再び刀を引く。
佐助が今度は左横一文字に斬りつける。
半蔵は右片手で下十字に掃い、返す刀で右に斬り上げた。
佐助は難無く かわし、居処を反転し袈裟に大きく斬りつける。
脇差しに添え手し、十字受けに止める半蔵。 刀身の長さを利用し迫る佐助。
必死に耐える半蔵。 渾身の力で持ち上げようと半蔵。 そうはさせじと佐助。
またまた力勝負となった次の瞬間… 半蔵は脇差しを添え手のまま、左に流した。
堪らず体勢が右に寄れる佐助。
しめた!と半蔵、左斬り上げを見舞う。 佐助は跳んでかわそうとするが
そ こに半蔵は振り向きざまの右横一文字斬りをくらわす。
その速さに流石の佐助も体勢を崩し、片膝をついた。
半蔵 「くらえ!」と脇差しを大きく振りかぶった。
… その瞬間に…黒い影が横切った! …あの黒猫か?…
と思いきや 意気を調え復活した才蔵であった。
身構える才蔵と佐助。 仁王立ちの半蔵。
才蔵と佐助は顔を見合わせたかと思いきや
同時に左右から半蔵めがけて斬り上げた。
腿が胸につくほどに膝を曲げ懸命に跳んでよける半蔵。
直ぐさま才蔵と佐助は振り返ると、またもや同時に左右袈裟に斬り込んできた。
今度は先ほどとは逆に膝が地面につくほどに上体を曲げ低い体勢でよける半蔵。
すかさずまたまた同時に
左右横一文字に斬りつけた才蔵と佐助。
必死に後ろに跳びさがり間合いをとる半蔵。
微かに息が乱れている。
この期を逃すまいと
間合いを詰める才蔵と佐助。
半蔵は迫る左助めがけて
渾身の力を込めて鋭く切っ先で突きで突いた。
その突きを大きく左から右に
裏拳祓いにはらう左助。
そのパワーに体勢を大きく崩され
左に半蔵の脇差しが流された。

そこに才蔵の真っ向斬りが振り下ろされ
半蔵の脇差しは手から落ち、地面に転がった。
尚も才蔵の左斬り上げが半蔵を襲う。
左後ろに回転しながら避け半蔵。
さらに詰め寄る才蔵と佐助…一歩、ニ歩、さぁ〜ん歩!
忍び柔術の構えをとる半蔵。
そこに才蔵の袈裟斬り、佐助の左斬り上げが半蔵を襲う。
その攻撃を半蔵は左に体をかわし、右斜め前に跳びなんとかよけたが
右片膝と右手を地面についての着地となった。
ふと脇を見れば、横左三尺の距離に脇差しが転がっていた。
左手を伸ばす半蔵。が、半蔵の左手より佐助の左足の方が速かった。
憐れ半蔵の脇差しは佐助の足の下…意気消沈の半蔵の鼻先めがけて
斜め上からキラリと光る物が?
…あの黒猫の眼!?…と思いきや、才蔵の刀刃であった。
そして、余裕で袈裟振りに振り下ろされ
素早くかえされ半蔵の鼻先でピタリと止まった。
半蔵は腰くだけの体勢で身構えることになりマッチョ!
やれやれこれでクライマックス殺陣は終了となりマッスル。
アクシデントもあり吾等には間合いに微妙なズレもあり
満足の出来るものではありませんでしたが
ともあれ怪我や事故もなく完了したので一安心一安堵。
また中央交差点周辺の皆さんは正規の手付段取りも観れ
またアクシデントのハプニンぐぅ〜も観られ、二重に愉しめてお得だったかな?!
…これもあの黒猫の〇〇〇?…と頭のなかで呟き独り言の吾半蔵。
14:41…そこに才蔵が、
     「おい、半蔵!こんな処で道草をしていて天下分け目の大戦に間に合うのか!」
     半蔵「なにぃ〜!」
     秀忠「しまった!おのれ〜真田めぇ…半蔵、ここまでだ。
         直ぐに関ヶ原へ向かうぞ〜全軍、撤退〜!」

14:43…片膝つきて構えていた徳川軍勢は、ゆっくりと立ち上がり振り向き
      敗戦退却のイメージ・ストップモ−ション。
      真田幸村役母袋上田市長の発声により、真田全軍は勝鬨の声
      「エイ、エイ、おぅ〜!」
     続いて、昌幸役岡本九度山町長も 幸隆役真田徹氏もご発声。
     中央交差点には、喚起の声が響きわたる。

14:44…司会「こうして第二次上田合戦は
          またも真田軍勝利で幕を閉じたのでありました。
          このあと秀忠は関ヶ原の合戦には間に合わず
          父家康の怒りをかい、拝領も叶わなかっ たほどであったとか。
          ここに、信州上田に‘真田’在り!と、
          その名を天下に轟かす事となったのでありま〜す。
          ではフィナーレといたしまして、本日ご覧いただいた観客の皆さまと
          参加者全員で、勝鬨の声を連呼であげまして
          終了といたしましょ〜う!‘え〜い、え〜い、おぅ〜!’」

画して勝鬨連呼で盛り上がり、決闘劇クライマックスは
無事終了となりマッチョでマッスル。
その後の交差点内は大記念撮影会となり
若林佐助や嶋村才蔵はさながらジャニーズばりの超モテモテぶり
吾半蔵にもオファーが
たいへんなフィバ−ぶりで…エキサイティンぐぅ〜!
今回も沢山の皆さまのお力添えがありまして、おかげさまで大好評となりマッチョ。
ありがたや有り難やのサンキューベリーマッチョでマッスル。
…また後日、わざわざ封書が吾宛に届きマッチョ。
中身は‘上田真田まつり組織委員会委員長宮下氏’からの
丁寧なる礼状でありマッスル。
書面によれば、今年は彩りのある新たなイベントや催しが街中で繰り広げられ
5万人の人出で賑わう‘真田まつり’になったとか・・・  

やれやれ、今回もやはり
いろいろとありマッチョが
まずはめでたし愛でたしの
ハッピー・エンディンぐぅ〜!!

 

 

                                        2008年8月8日(金)


さてさて真田武将武者の皆さまは
市内行列パレードにお出かけ…
吾半蔵は、しばしのフリ〜TIME。
忙し急がしで動き回る皆さんには
マジ申し訳ありましぇ〜ん!
…次なるスタンバイは
もうひとつの扮装着付処の海野町会館前。
オ〜ライではではソロ〜リと…ウォーキンぐぅ!
槍を担いでゆったりブ〜ラブラの
高見遊山となりマッチョ。

♪エッサ〜上田城の半蔵門じゃないよ大手門〜
♪エッサ〜潜ってびっくりシャックリ沢山の人だかり〜
聞けば日本の人気名城No.1になったとかメデタヤめでたやエッサッサ〜
♪エッサ〜道理で皆さん携帯にデジカメ片手にエッサカッサ〜
持って待っている石原じゃな〜い真田軍団〜
♪〜エッサところでクロネコヤマトのあの黒猫〜
どこかにエッサカッサ〜いったかッサ〜♪
…と吾が松尾町バス停にチョイと寄り道できるとは正に…NICEタイミンぐぅ〜!
エッサ着いて見ればあの黒猫殿…見事にドロ〜ンと消えていて
どこにも姿が…ナッシンぐぅ〜!
さてはアヤツ…忍術の心得のあるCATだったのかもしれないと…スィンキンぐぅ〜!
もしや、あの黒〜い毛に見えたのは?…実は忍び黒装束だったのか〜い!
まさか真田忍び猫?…ショッキンぐぅ〜!
吾半蔵探索の為に遣わらされた隠密CAT!
吾の行動の一部始終を監視し、しかも吾の緊急反応対応ぶりを試すが為の
擬装シンダフリ作戦だったのか〜い…ショッキンぐぅ〜!
アララララ…そういえば吾腹時計がぐぅ〜ぐぅ〜鳴りだしたわ〜い!
たしかにぃ〜そろそろLUNCHを…イ〜ティンぐぅ〜!

海野会館前通りの休憩用縁台にチョイと腰掛け
槍を立て掛け、チョイ袴を腿たち上げして、ドッコイしょ…茶店風情で
‘おにぎり’と‘お〜いお茶’仕上げに地元ソフトクリームを御馳になり
ガチマジ感謝の腹こしえをし、しばし出立まで商店ウィンドーを鏡がわりに
槍熟し自主トレ開始!
槍を扱き構え、突き戻し石鎚廻し構え、片手旋回廻し突き構え
旋回手渡し廻し突き構え、旋回後ろ手廻し構え等々を繰り返しているうちに
気分も出撃モ−ドになりマッチョ。
そこに徳川軍勢の皆さんが続々現れ 整列し始めNICEグッド…タイミンぐぅ〜!
中澤氏はじめ上田青年会議所&座長はじめ劇団TOKYO-BOWZの
スタッフメンバーの指揮のもとに徳川秀忠軍勢3隊各隊長による
隊編成人員確認、隊列配置確認、扮装確認、 意気込み確認の後
いざと3ストリートに向け隊列のまま移動されマッチョ。
吾半蔵は殿(しんがり)にて、秀忠公護衛の位置に陣取りマッスル。
吾その布陣を眺め、閃きマッチョ。
その準備体制が整うまで、中央交差点内は間違いなく…もぬけの殻!…となる。
さぁさぁ急げ急げ!とばかりに吾半蔵は、秀忠公にお許しを得て
交差点に向け速足駆けマッチョ。
着いて見渡せば、すでに交差点周辺は見物の皆さんで溢れんばかりの大盛況…
スタッフの皆さんも準備に大忙しの奮闘中…
そこで吾半蔵は配置につこうとする佐助&才蔵を呼び止め
無言眼力ビ−ムにて合図を送ると…両君は頷き吾に従い移動しマッスル。
阿吽の呼吸でありマッチョ。
取り急ぎ、初めての現場での場当たりとなりマッスル。
流し段取りを終了すると…周りの皆さんから拍手が…
吾らは丁寧に挨拶しながら各々の配置処に戻りマッチョ。
而して…
いよいよ決戦劇‘真田軍VS上田軍〜弐之章〜’が開始となりマッチョでマッスル!

吾半蔵は海野町方面通りにある徳川軍本陣
しかも秀忠公護衛という立場から
1番ドンジリの位置ゆえに
残念ながら全体の流れが確認出来ず
その模様は
いただきました進行シナリオ台本から
お伝えしマッスル。

13:30… 各太鼓団体
      信州上田真田陣太鼓
      上田原合戦太鼓&
      信州上田六紋銭太鼓
      美ヶ原飛龍太鼓が定位置に太鼓設置す。
     同時刻、徳川軍勢準備体操開始す。
13:45…スタッフメンバーが各ストリートにて観客整理の為のロ−プを張る。
13:50…真田三代武将並びに真田十勇士が中央交差点定位置に布陣整列す。
13:55…各ストリートの状況把握確認し、座長に報告す。
14:00…座長の赤旗が振られ、信州真田陣太鼓の皆さんによる
     ‘真田軍出陣太鼓’が演奏される。
14:01…司会(TOKYO-BOWZ劇団メンバー水島義人君)の
      決戦劇開始ナ−レションが入り、三方ストリートで一斉に
      ‘呼び込み太鼓’が演奏され
      各隊隊長
      原町方面第壱隊隊長:劇団メンバー矢吹宏二郎君
      海野町方面第弐隊隊長:前理事長ご存知深井秀英氏&
      松尾町方面第参隊隊長:劇団メンバー土屋大輔君の指揮で
      各徳川軍勢が集結す。
14:03…各ストリート100M手前地点に横4列縦5段に整列し
      刀を右脇地面に突き立て右片膝つきに構える。
      その後方にレスラー武者が配置す。
      第弐隊最後尾には徳川秀忠公と服部半蔵が立ち構える。
      その布陣終了を傍らで見守る劇団メンバーが各自持った旗を振り
      座長に完了合図す。
      座長から進行総指揮:中澤氏へ報告。
      中澤氏、司会に指示し再びナ−レションが入る。
14:05…各隊隊長「徳川秀忠軍〇番隊、出陣!」の号令により
     各ストリートで‘徳川軍出陣太鼓’が演奏され
     太鼓の音に合わせ、後方より横一列づつ立ち上がっていく。
14:06…各隊隊長「全軍出陣、いくぞ〜!」各隊軍勢「おぉ〜ぅ!」と
     立ち上がり刀を天に突き上げ、刀を下ろし、はじめはゆっくり歩き出し
     やがて声をあげながら駆け出し交差点50M手前で急停止し身構える。
     その前には真田十勇士が立ちはだかる。
14:07…大太鼓が大きく一打ちされ、十勇士各々の‘名乗り口上’
      「真田十勇士、猿飛佐助、見参!」「同じく霧隠才蔵、見参!」等つづき…
      巨漢の三好伊佐入道の口上では手にした棍棒で大地を打つ。
      それに合わせ、他の十勇士は振動リアクションとして
      「ぼよよ〜ん、ぼよよ〜ん」と跳び弾む。
      全口上終了し、伊佐入道「真田十勇士、出陣〜!」
      十勇士「おぅ〜!」で三方向に分かれ進む。
      佐助&才蔵は真田三代武将の警護す。
14:10…各隊後方に位置するレスラー武者
      「真田十勇士など俺たちが叩き潰してくれるわぁ〜!」と隊列前に躍り出る。
      各隊隊長「ここは信州プロレスラーの勇士に任せよう、全軍待機!」
      徳川軍勢片膝つき構えで待機す。
      そこに伊佐入道「丸腰のお前たちなど相手をするまでもないわ。
      ここは我が精鋭隊、子供武者隊が相手いた〜す!
      そ〜れ、皆でかかれ〜!!」
      総勢90名の子供武者が真田三代武将の後方から
      声をあげながら飛び出 し三方向に駆け出す!
      …これは真に圧巻の可愛カワイ凛々しき迫力ある
      小学校運動会低学年徒競走を想わせる場面となりマッチョ。
      最後方の吾も思わずマジ感動で…
      スタッフの皆さんたちも同感だったようで…大好評の新企画となりマッチョ。
      その子供武者の手には、新聞紙を丸めた刀が握られ
      レスラー武者に襲い掛かる。
      信州プロレスラーの皆さんも実に…チャ−ミンぐぅ〜!
      に対応され心温まるシ−ンともなりマッチョ。
14:15…散々に打ちのめされたレスラー武者たちは各隊後方へ逃げ戻る。
      伊佐入道「よくやった!あとは我ら十勇士に任せておけ!」
      子供武者は十勇士の誘導で元の配置に戻る。
14:20…各隊隊長「いくぞ〜全軍突撃!」
     すると ‘徳川突撃太鼓’が鳴りだし1回目の5段攻めフォ−メ−ション
      (最後尾の片膝つき構えから右脇に立ち上がり
      八相に構え、声を出しながら駆け出し
      最前列前で止まり振りかぶり袈裟に斬り、左に体を交わし、突きの構えをとる
      …を5列連続で行う)
14:22…徳川軍最前列の精鋭8名が十勇士の前に対峙す。
      一斉にオリジナル名乗り口上す。
      精鋭勇士「徳川秀忠軍、〇〇〇〇、∇★∇☆∇、いざ〜!」
      十勇士「海野六郎、お相手いた〜す!」
     〜予てより稽古を重ねた昨年よりバ−ジョンアップした殺陣
     (互いに斬りかかり、鍔競り合いとなり、居処反転し斬り合う。)
     勿論徳川精鋭勇士たちは敗れ斬られ、通り端に倒れ込み待機す。
14:28…2回目の5段攻めフォ−メションを行い、交差点手前まで攻め込み
      両軍対峙す。
14:33…真田忍者と徳川忍者の闘いのパフォーマンスが行われる。
14:35…度重なる劣勢に業を煮やした秀忠公が見かねて最前列に赴き
      秀忠「えぇ〜い、この程度の相手に何をてこずっておるのだ!
      このうえはワシが決着をつける!」と真田軍勢の前に出ようとする
      その時! …秀忠公の傍らに控えていた吾服部半蔵が前に進み申し出る。
      半蔵「殿、お待ちくだされ!この場は私めに!」
      秀忠「そうか半蔵、任せたぞ!」半蔵「御意!」
      秀忠公の傍を離れて、中央交差点に赴く半蔵。
      徳川軍勢は片膝つき構えで待機す。
14:37…半蔵が出てくるのを見て
     真田三代武将の脇に控えていた佐助と才蔵が立ち上がり、半蔵と対峙す。
     ここでの台詞交わしは、コバ氏からの依頼で出陣之式でのパフォーマンスを
     見ていない方々にも解り易い内容にと指示があり、急遽変更いたしマッチョ。
     半蔵「徳川家家臣服部半蔵正成見参!…久しぶりだな〜才 蔵!」
     猿飛「才蔵、アヤツ…おぬしと同じ伊賀者か?」    

  才蔵「おぅ、今は徳川方の伊賀忍者の頭目よ」
  猿飛「おもしれぇ〜やるきゃねぇな」
  才蔵「あぁ〜やるきゃねぇ〜!」
  猿飛「いくぞ才蔵!」
  才蔵「行こう佐助!」
  猿飛「真田十勇士、猿飛佐助、参上!」
  才蔵「同じく、霧隠才蔵、参上!」
  半蔵「来るか才蔵、佐助!いざ勝負じゃ〜!」
14:43…交差点内には真田陣太鼓代表三浦氏考案の煙幕が立ち込められる中
     ‘クライマックス殺陣太鼓’が打ち鳴らされマッチョ。
     それに合わせるが如く抜刀し、身構える才蔵と佐助。
     半蔵は、ゆっくり槍を片手廻し牽制す。
     顔を見合わせた才蔵と佐助は、両脇側から半蔵の背後に素早く廻り迫る。
     半蔵は槍を廻しつつ、ゆっくりと振り向き槍を扱き構える。
     先ずは半蔵、佐助にジャブがわりの突き。
     かわす佐助に尚も石鎚打ちに槍を廻す。
     それも巧みにかわす佐助。続けざまに足掃いに槍を廻すが
     佐助は見事に猿のように跳ぶ…さすが猿飛!…とニンマリの半蔵。
     空かさず、才蔵に石鎚袈裟がけに槍を打ち込むと
     才蔵は刀の鎬で十字受け止めにしのぐ。
     左背後から斬りかかろうとする佐助を眼力で征する半蔵。
     槍の石鎚で巻き落としに才蔵の刀を 払い退け
     才蔵の体勢が崩れたと見るや、半蔵は才蔵の首めがけて
     槍の穂先を横一文字に斬り廻す。
     がその瞬間、才蔵が消えた…半蔵には霧の中に隠れたかの如くに…
     才蔵は上手く立ち込める煙幕方向に大きく後ろ飛びに跳びかわしたのである…
     さすが霧隠!とニン槍の半蔵…相手に不足梨!
     今度は槍を代わる代わる両の手で持ち替え
     廻しながら背後でクロスに受け渡し
    徐々にスピードを増してゆくというオリンピック難度Eランクの大技で威嚇する。
     それを見た佐助も負けじと…自ら回転し遠心力を充分に利用して
     大きく斬りかかる。
     半蔵は横に体をかわし避け、またも足掃いす。
     佐助は不利な体勢にも関わらず、難無く横飛びに跳びかわす。
     空かさず才蔵が半蔵に向かい、袈裟斬り、左斬り上げ、右左横一文字斬りと
     四手連続で攻め込む。
     左右に身体を移動し、紙一重でかわす半蔵。
     才蔵は速度を緩めず、大きく大地を蹴り、飛び上がりざまに唐竹割りで
     半蔵の額めがけて刀を振り下ろした。
     半蔵は素早く槍の握りを持ち替え、才蔵の刀の柄に槍の中央部をぶつけて
     十字受けにくい止めた。
     押しつける才蔵。堪える半蔵。
     尚も力いっぱいに押し続ける才蔵に、半蔵は肩透かしの極意で槍を左に流す。     
    
    才蔵堪らず体勢を崩すが怯まず
     またもや振り被ろうとしたその時…
    半蔵の槍の石鎚が才蔵の脇腹に命中す。
    顔を歪めるだけで踏ん張る才蔵。
     してやったりの半蔵。
    更に同じ箇所に一撃す。
     さすがの才蔵も堪られず
     上体をかがめた。
     半蔵は体を半転させ
     才蔵の体勢を崩しにかかる。
     才蔵も間合いを保ちながら必死に踏ん張る。
     半蔵は手を緩めず、才蔵の腹にまた一撃し
     槍の握りを擦らし、石鎚で才蔵の鳩尾めがけて、力いっぱいに一撃す。
     これには流石の才蔵も堪らず、後退りし片膝ついて、うずくまる。
     半蔵「くらえ〜、才蔵!」と槍を半転させ、穂先で刺そうと大きく振りかざす。
     とその瞬間、佐助が投げた手裏剣が半蔵の顔を掠めた。
     佐助はこの期に割って入り、身構える。
     佐助 「才蔵、ここは任せろ!」
     才蔵「す、すまぬ、佐助!」
     猿飛「半蔵〜、俺が相手だ!」
     半蔵「来るか〜、猿!」と槍を大きく旋回させて
     構えた半蔵に佐助は、回転しながら山型に斬り込み、また回転し左右斬り上げ
     今度は逆回転して横一文字に斬り込む。
     凄まじい攻撃に槍を巧みに操り防ぐが、劣勢一方の半蔵。
     尚も繰り出す佐助の回転袈裟斬りを石鎚脇でなんとか十字受けに止め
     起死回生の巻き落としを仕掛ける。
     次の瞬間、佐助の刀が廻され胴に隙ができた。
     そこに半蔵の槍が一撃し、続けざまにあと2発打ち込む半蔵。
     堪える佐助。
     半蔵「佐助、覚悟〜!」と槍を半転させようとするが動かない?…
     佐助が左手でしっかり槍を握りしめ脇も閉めて
     渾身の力で固定しているのであった。
     引き戻そうとする半蔵、そうはさせまいと佐助。
     力勝負となった。
     半蔵は、力いっぱいに引こうと引く方向に顔を向けた。
    アレ〜?…地面には?…何かが…落ちてる?…
    吾半蔵 尚もルッキンぐぅ……あっ、あれは?…刀の?…柄!…
     たしかにぃ〜刀の柄だ!…ハプニンぐぅ〜!
    誰の?…才蔵の?…佐助?…それとも…吾?
     …と我が刀を見ると…な、なんと柄がな〜い…わ〜い!?
     中子(柄に包まれた刀身の手元部分)がまる見え?!…
     本来は目釘で止められていて、刀身が抜け飛びださないように
     してあるはずなのに…はてさてどうしたものかぁ〜、吾半蔵シンキンぐぅ〜!
     …これは黒猫の〇〇〇?!
     …それとも…さてさてこれからどうなったかは?
     …また次回と致しマッスル!

…PS:先日、コバ氏から届きました
‘広報うえだ6月1日号’です。
吾半蔵VS佐助のスナップ写真が
表紙に掲載されたそうです。
光栄な事で…マジ感動ガチ感謝ッス。

 

 

                                        2008年7月23日(水)


さてさていよいよ‘上田真田まつり’
本番当日となりマッチョ…
相も変わらずの遠足当日モ−ドで早起きの吾は
早朝5時36分に気象いたしマッチョ。
窓からは朝陽がうっすら差し込み…
なんだか今日はNiceな日和になりそうな予感!
先ずは朝風呂に入って身体を浄めましよ〜と座布ん…しばしの〜んびりニューヨ−ク。
湯舟から窓外の山並みを眺めながら…
まだまだBreakfastには早〜胃ので、吾は信州上田散策探索ちぃ〜と散歩と洒落込み
まずは上田城跡をウォッチンぐぅ〜!
石垣の上には物見櫓がぐぅぐぅ〜と聳え立ち、その上には真っ竿な青空が拡がり
気分は高揚やる気も効用ぐぅ〜!…っていうか…マジ感動!…
それにぃ〜石垣前広場庭 なにげに大きな幟が立ち並んでお祭り紀文を一層盛り上げて
確かに〜… ぐぅ〜なアイディア…マッチぐぅ〜!
浴見れば立派な真田十勇士が描かれ、悠々凛々と風に靡いてマッスル。
吾思わず携帯電信機内臓写真機でパチリンコ。
続いて中央交差点へとエッサッサ…
そこへ向かう道筋にも
十勇士幟が立ち並んでおりマッスル。
尚もエッサッサの餌 で交差点へ…
着けば車の往来はまだまだ疎ら…
あと7時間程経てば
沢山の方々が訪れ
歩道は人垣で埋まり…
そこで繰り広げられる
クライマックス殺陣は
盛況興奮大歓声の…羊羹!
吾思わず青信号になるやいなや、スクランブル交差点の真ん中に立ち
独り段取りアクションを勝手にしマッチョ。
ほどなく青信号は点滅状態隣…即歩道へ避難の吾。
停車中車両の運転席からの不審者目線視線を受けながらも
3回歩道は繰り返しマッチョ。
おかげさまで充分充実満足上機嫌の吾は
またエッサ餌々交差点からの下り坂をくだりマッスル。
そして松尾町バス停に差し掛かり… なんの木梨に右の車道に目線をおくると…
車道に黒いシャドー?じゃな〜い
クロ〜イ大〜きなクロネコヤマト猫が …車道に…横たわり…
目線を吾に向けて …って、寝・て・る・の?…
いやいやYear〜な…洋館!…寝てない ネテナイ活きてな〜い!
思わず、生唾ゴックン合掌の吾。
これは災いの?…不吉な…それとも、丁寧に対応する事で吉兆?
いや吉凶の吉と成る幸運の?…はてさてなんの予知予期予告菜の花!?
こんな時は、沈着冷静平常心で…状況現状適切的確把握に努め…
安全確保確認をもしてから…
行動基本の‘ホウレンソウ’=報告・連絡・相談しましよ!…と
先ずは駅前交番にエッサッカ、エッ坂ッサの吾。
『あのぅ〜これこれあれこれで、そこにそれがそうなっておりまして
ついてはそれをこうこうしかじかしていただければ災Yなんですが…』
『了解 適切的確対応致しマッスルご苦労様』
一息安堵一安心の吾は、早速Hotelに帰還して朝食済ませて出陣準備。
8時30分がプロミスPick upタイム。
予定通りの定刻で剣塾メンバー
若林&嶋村両君と深井氏車にて第二体育館へ。
いつもの稽古会場は大変な賑わい?
…それ何故か中途
本日参加の皆さんの衣裳気付扮装装備装着会場と なってるからなのでありマッチョ。
我々の気付開始予定時間は10:00からで
その前に競技場フィールドで
マイクリハーサルがありマッスル。

当初はコードマイクだけの使用の為、パフォーマンス内容は
弁士の語りにより観客の皆さんに伝えるという吾立案段取りで
構成台本が作成されマッチョが
スタッフの皆さんの情熱系奮闘健闘により
ワイヤレス・マイク3本が半蔵&佐助&才蔵で使用可能になり
ありがた有り難やの音声チェック&段取りリハーサルとなりマッチョ
…拍手拍手のシャンシャンシャン!
見上げれば吾の予感的中の雲ひとつない青空の下…その下で
順調快調町会長で無事音声音量チェックも完了となりマッチョ。
いよいよ吾の服部半蔵への変身タイム。
急ぎ戻ると体育館内の気付担当の皆さんは実に汗まみれで奮闘中…大変そう〜!
そこで吾は自ら独りでやる事にしマッチョマッスル!
先ずは忍び襦袢を着込み、次に子袖上衣を着て帯を締め、忍者袋袴を履き
手甲脚伴を付けて陣羽織を着て、鉢巻きをキリリと絞めて大小二本差しを帯刀し、
ちょいと長過ぎる長槍を遣い熟し易いほどの長さの槍に修整して…
吾流服部半蔵扮装の出来上がりとなりマッチョ!

ほどなく真田軍勢は隊列を組み
出陣式が行われる陸上競技場に向け
行進出発となりマッチョ。
吾はこっそりと…抜き足差し足忍び足で
スタンバイ待機処=観覧スタンド脇で
出番をひっそりと…待ちマッスル。
だんだん詰め掛ける観客数が増え始め
開始刻限には超満状況となり
陽射しもますます真夏波にとなりマッチョ。

そして、‘第26回信州上田真田まつり2008’が地元出身‘立川談慶氏’の総合司会で
先ず開会の辞からスタートして、真田三代武将や真田十勇士紹介
祝いの舞‘房山獅子’、信州真田鉄砲隊によるド迫力の発砲実演武披露と続いて…
いよいよ出番となりマッチョ。
競技場フィールド中央には、真田幸隆公役=真田幸村子孫真田徹氏
昌幸公役=和歌山県九度山町岡本町長、幸村公役=母袋上田市長が
見事艶やかに新調された鎧兜甲冑姿で床机に座られ
その脇には上田市主要役職を勤める方々も同じく陣笠&陣羽織姿で
凛々しく床机に座られ、その後ろには大勢の真田軍軍勢が控え
メインスタンドには見守る超満員の大観衆…
そんな中、‘出陣之儀パフォーマンス’が
弁士(立川談慶氏)のナレーションで、はじまり始まりマッチョ…
大太鼓がド〜ン!と一打ちされ
弁士
  『時は、慶長五年九月十日早朝。物見から戻った佐助と才蔵から
  徳川秀忠軍が此処上田城に向かって進軍しているとの報せを聞いた
  真田幸隆・昌幸・幸村の三武将は、全軍を城内に集結させた。
その時、競技場の端から走りながら注進にくる武者姿の一人の伝令が…
  「申し上げま〜す!只今、徳川軍三万八千!徳川秀忠を総大将に
   信濃国分寺より城下に向かって進撃中!」』
  幸村 『何?この度も返り討ちにしてくれようぞ!!』
  弁士 『そ、その時、「あ、あれを見よ・・・あれば!」
      集結した真田軍後方の石垣の上に
      妖しい人影がひとつ、ふたつ、みっつ・・・と増え、十数人の一群となった。
      なんだなんだと騒ぎだす真田軍…』
  佐助 『あれは、徳川秀忠軍物見衆!』
  才蔵 『頭目は、服部半蔵正成』
  …と、そこに…『久しぶりだな、才蔵〜!』…と半蔵が現れ…
  弁士 『その声の主こそ、霧隠才蔵と同じ伊賀忍者の頭目、服部半蔵正成であった』
  半蔵 『真田軍総勢三千、しかと見届けたり。当家軍勢は、三万八千…
      所詮 、戦にならんわ!』
  才蔵 『戦は、やってみねば…判らん!』
  佐助 『半蔵、この猿飛が相手だ!』
  半蔵 『止めとけ〜猿飛!オヌシには見えぬか…ワシの後ろには…ほぅ〜れ!…
     (と、超満員のメインスタンドの左端から右端までゆっくり指を動かし)
     三万八千の大群がお〜る…所詮、戦にならんわ!』
  …スタンドの観衆大爆笑!…(吾、心の中でちょいがっつポーズ)
  才蔵 『戦はやってみねば…わからん!』
  佐助 『半蔵、この猿飛が相手だ!(と身構え)』
  半蔵 『止めとけ、猿飛!ワシの後ろには三万八千の大軍がおる。
      皆殺しになるぞ。それでも挑むか?』
  弁士 『幸隆公、秀忠公に一言ござる』
  幸隆 『決着は、戦にてつけようぞ』
  才蔵 『その旨、秀忠にしかと伝えよ!』
  半蔵 『確かに伝えようぞ。その首、洗って待っておれ!』
  佐助 『真田鉄砲隊、前に〜…放てぇ〜!』
  弁士 『真田鉄砲隊、半蔵や物見衆に向け撃つが、既にその姿はなく
      半蔵の声のみが響く…』
  半蔵 『大手門にて、決戦ぞぉ〜幸隆、昌幸、幸村〜!』
  弁士 『高笑う半蔵の嗤い声がだんだん遠ざかってゆき…』
  昌幸 『皆の者、出陣じゃ!いくぞ、えい、えい、お〜!』
  真田軍勢 『えい、えい、お〜!!』
  弁士 『ここに、真田軍と徳川秀忠軍との上田城攻防の伝説の一戦の火蓋が
      切って落とされたのである』

…そして吾の服部半蔵役の幕も上がりマッチョ。
さてさてあの黒猫は?…そしてクライマックス殺陣は?
…どうなりマッチョかマッスルか?…♪

〜次回につづきマッスル!!

                                        2008年7月5日(土)


2008.4.18(金)第4回目稽古…
いつもの18時36分‘あさま583号’にて
上田駅到着。
出迎えの深井氏車にていつもの第二体育館へ。本日参加者は40名強…
信州上田真田陣太鼓代表:三浦氏の
呼びかけで今年は太鼓演奏が…
なんと4団体合同で行われる事となり
その各団体代表の方々が見学されるとの事で

会場内はまるで大相撲稽古総見のような趣モ−ド。
ではと…いざ稽古開始!
先ずは一同で立礼し、基本素振りをし、袈裟斬り素振りをし
隊列をつくり五段攻撃フォ−メションの確認をし
連係の連続アクション…立て膝突き構えから、声を出しながら
立ち上がり八相に構え、叫びながら駆け出して止まり
振りかぶり大声出して斬りかかり、備えの構えをする…を繰り返し
その後は、斬り込み鍔迫り合いもし、押し払い袈裟斬りもし
斬られリアクションもし、そして素振りをして終了となりマッスル稽古内容を
皆さんも吾も額に汗し声を涸らし熟し、あと片付けをし次回稽古参加を確認し愛つつ
お疲れさま散会となりマッチョ。

今日も打ち合わせ処=原町‘弥助寿し’にて会合。
メンバーは、深井氏・小林氏・座長・劇団TOKYO-BOWZメンバー・真田十勇士有志。
打ち合わせ内容は、只今までの決定事項の説明とその各役割部署担当の発表
そして、出陣式でのパフォーマンス案&クライマックス殺陣構成案の爪…
まずこの一週間で吾が思案試案私案した構成案を提出し司祭説明…
『ここはこれで!』 『成る程』 『これは?』 『それはこれで!』
『あれは?』 『それで!』 『ココア?』 『森永!』 『了解』
『それはあれで!』 『それではそれで』 などなど語りながら呑み摘み語り…
来週の金曜日稽古では、なんとか全体の流れを参加者の皆さんに理解していただくべく
各担当の皆さんは頑張りましょ〜う!…‘お手を拝借 ヨォ〜ポンの一本〆’で
ほろ酔い散会となりマッチョが…
吾は深井氏ともう一軒となりマッスル…又々Taxiシンデレラ帰還でGOOD Night !

…その一週間後の…4.25(金)第5回目稽古…参加者は40名強。
いつもの準備体操と発声が行われ…次に吾のWHITEボードを使っての
段取り説明会なりマッチョ。
  吾 『さてさてお立会いの皆之衆、これより今年の
    ‘真田まつり決戦劇〜真田軍団VS徳川軍〜弐之章’についての
     説明をいたしマッスルゆえお聞き願いマッチョ。
     先ず始めまする処は、メインステージとなる中央交差点から上田城を背に
     三方向に伸びるストリート…松尾町・海野町・原町の各方向
     100M手前からでございマッスル。
     ‘呼び出し太鼓’がなりましたら、集合の合図。
     各隊の隊長の指示によりまして、隊列を組み配置角煮できましたら
     立て膝つき構えをとってチョンマゲ。
     それを合図に‘出陣太鼓’が鳴りマッスル。
     しばし地元太鼓団体が打ち鳴らす・・・素晴らしい太鼓の響きをお聞きくだ洒落。
     それが終わりましたら、体調の指示で立ちマッチョ。
     いよいよ皆さん、徳川軍の出陣となりマッスル。
     隊長の掛け声の『いくぞ〜!』 に、『おぉ〜!』 と刀を持った手を
     天空に向けて、高々と突き上げてチョンマゲ。
     次にその手を下ろし、その隊列のまんまで…始めは…ゆっくりと…進み出し
     叙々苑に駆け出し…LIGHT Handを掲げ…声を出し…全力疾走し
     50M手前で…急停止しマッスル…Why?何故かってぇと…
     底庭‘真田十勇士’が立ち裸ってるからなのでありマッスル。
     立ち尽くす我が徳川軍…そこへ十勇士の『かかれ〜!』の号令とともに
     真田三代武将=真田幸隆・昌幸・幸村の後ろに控えていた
     大勢の子供武者たちが一斉に飛び出して総攻撃をかけてきマッスル。
     しかし…慌てなくても大丈V !
     我が徳川軍の精鋭が先ずは相手いたしマッスル。
     地元信州プロレスのマッチョ猛者=レスラー武者達VS子供武者たち大勢
     … となりマッチョ。
     素手で闘うレスラー武者に対して、ニュースペーパーを丸めた刀らしき物を持ち
     襲いかかる大勢の子供武者… 結果は…
     憐れ哀しや我がレスラー武者の大敗となりマッスル。
     そこで、我が軍も総攻撃をかけマッスル。
     体長 『攻めろ〜!』の号令とともに、攻めの構えからこれまで稽古を
     かさ寝て参りました ‘五段攻撃フォーメーション’で攻撃いたしマッチョ。
     やる気満々の挑み構えで真田軍と対峙している皆さんの中から
     勇士数名が十勇士に挑戦いたしマッスル。
     他の皆さんは、その闘いぶりを片膝つき構えでご高覧くだ洒落。
     我が勇士数名は、名乗り口上をいたしマッチョ… たとえば
     『徳川秀忠軍〇〇〇〇、趣味は昼寝、いざ〜!』とか…
     『同じく〇〇〇〇、FROMインドネシア 只今恋人募集中、家紋〜!』とか…
     『同じく〇〇〇〇、得意料理は目玉焼とゆで卵、料理致〜す!』等々
     オリジナリティ溢れる自己PR有りのコメント大歓迎でご猿。
     鹿して、十勇士との対決となりマッスル。
     此処で、いつも稽古で練習している‘鍔迫り合いし反転し押し戻し振りかぶり
     袈裟に斬られるリアクション’で…路上脇に倒れ込んでチョンマゲ。
     そして、それを見ていた他の徳川軍の皆さんが
     再び総攻撃‘五段攻めフォーメーション’を行い
     真田軍陣営の中央交差点手前まで攻め込みマッスル。
     そこで真田忍び衆VS徳川忍び衆のパフォーマンスが行われ
     真田忍者の奮闘活躍善戦ぶりに、秀忠が自ら立ち向かおうとする…その時
     頭目の服部半蔵がそれを制して
     半蔵VS猿飛佐助&霧隠才蔵との闘いのクライマックスとなって参りマッスル。
     徳川軍の皆さんは、再度の総攻撃以降は挑み構えから片膝つき構えで
     銅像ご高覧くだ洒落て日光結構コケッコ〜でご猿。
     そして、やがてフィナーレとなって参りマッスル。
     では早速、本日の稽古を始めマッチョ!』

隊編成し、段取り合わせし、BGM太鼓合わせし、微調整訂正角煮して…
あっという間に稽古終了となりマッチョ。
これで体育館での室内稽古も無事に終わり…
27日(日)&28日(月)両日に夜間照明設備のある学校グランドでの
本番原寸大スケールによるリハーサルが行われ…
中澤氏指揮のもと、青年会議所メンバーや座長以下劇団TOKYO‐BOWZメンバー
そして真田陣太鼓メンバーの意気の合ったスタッフぶりによりまして
順調快調絶好調の勢いで参加の皆さんとのリハーサルも無事完了いたしマッチョ!
…傘寝て、我が剣塾メンバーから猿飛佐助には若林達也
霧隠才蔵には嶋村昇次が配役され
吾も負けじとGutsで岩盤浴な服部半蔵門になりマッチョ。

さてさてあさって、どんな本番と…鉈革?
次回までの…お頼市民で…つづく…と致しマッスル!


                                        2008年6月28日(土)


 

4月15日(火)天気 晴れ…なんと22時30分に緑山スタジオ入りして
深夜25時35分から収録開始予定するという第50話最終回のS#1が
MEの最終収録香盤スケジュールなのでR。
それってメチャ目茶遅〜く Night…
いつも奈良、京都オンザロック飲み長良川…古舘を見てるか、ニューヨーク中でR。
なんでこんな時間に出かけるん?と…
ハテナ眼真ん丸の愛犬チビコら二匹と泣く泣くバイバイして、MYチャリに跨がり
いざ出宅!
最初の曲がり角で…布団、気がついた…あれぇ〜帰宅は深夜だから、Taxi送じゃ〜ん!
…で即引き返して門扉開けてMYチャリしまってると…
チビコらは、またハテナ眼真ん丸でカ−テン越しに眺めてる…
エッヘへの照れチョイ敬礼して再出宅!…
徒歩にて駅へ電車に乗車下車して改札出て
バス停からバスに乗って降りて坂道下って警備マッチョさんに挨拶して
葉桜並木を歩いて春菜似警備さんの挨拶を受けて
受付嬢のマックSMILE挨拶も拝聴して、いつもの3階3スタへ…
そこでまた布団、気がつきた!…
今日は3スタじゃNight、第5スタジオじゃNight。

はじめましての第5スタ。
先ずはメイクさん、衣裳さん、持ち道具さんに挨拶 して
控室に手荷物置いて上着を脱いで、衣裳部屋でWestern Shirtにジ−ンズに着替えて
Western ブーツを履いて、メイク化粧鏡前に鎮座しメイクTime。
仕上がってTen gallon hatshirを持って再び控室で待機して
しばしの待機あとにAD君のDoorノックがあって、快調順調買い店舗で…
いよいよ品川とのお別れのシ−ン収録となりマッチョ。
…荷造りをしている品川、そこへ木島が入ってくる。
『行くのか?今度こそ』『はい、オ−ナ−、今回は無理言ってホントすいませんでした』
『イヤ〜、どうせ再オープンまでまだまだ時間かかりそうだからな』
『新しい人まだ見つからないんですか?』
『ああ、最近の若い者はなってないからなぁ。 口では偉そうなこと言ってくるクセに
アンティークのあの字も分かっちゃいないど素人ばかりだよ』
『オ−ナ−、好き嫌いが激しいから』『本物が判る人間は中々いないってこと』
と、品川の肩をぽ〜んと叩き、木島は猿。
鹿して久しぶりの昼ドラ・レギュラー収録無事完了となりマッチョ!
お決まりモニターTVでプレーバック確認し… 『は〜い、OKです』のアナウンスが流れ…
続いて『只今のシーンをもちまして
‘木島オ−ナ−役=飯山弘章さん’の収録完了で〜す、おつかれさま〜で・し・た!』
と同時に、あの甘い歌声の主題歌がスタジオ内に流れ…
豪華な花束がMEに渡され…
お久しぶりの業界恒例クランクアップCeremonyとなりマッチョ。
…感謝感激感動のMEでございマッスル!

スタッフの皆さんにお疲れペコペコぺこちゃん挨拶をしながら
スタジオ出入口にて 一礼し退出のME。
そして衣裳部屋にてラスト着替えを品川…MEは又々…布団、気がついたのでR。
なんで木島オ−ナ−は品川に対して、あんなにも優しく接するんだろうか?と…
もしかして…なにか本編内では…明かされなかった…
隠された…秘密の…
極秘事実関係が…Rのかも?と…
それは…もしかしたら歳の離れた腹違いの兄貴だったりして?…
それとも、品川の母の兄弟?…だったら、すぐに解るはずだから…
もしや品川が知らな〜い…実はホントの…父親だったり?…
しかも母と過去に…恋愛関係でもあった…初恋の人とか?
それか訳あって別れた…昔の恋人とか?
それとも、まさかプリン!…いや、不倫の間柄だったり?
…てなてな調子で着替えながら、衣裳さんや持ち道具さんと話してると…
衣裳部キャップの岡村美香嬢が…
『うふふ〜ソレはねぇ…木島が…品川を…
うふっん…ア・イ・してたから…弓子や香穂よりも!』
ME 『えっ?…成るヘソねぇ〜勉強になりマッスル!』と
悩みも想いも吹っ飛びの大爆笑になりマッチョ。
その夜飲のまんま化粧鏡前に鎮座してメイクを落としながらも
その話題で盛り上がっていると…
あのプロデューサーの…岡野真紀子嬢が現れマッチョ。
『おつかれ〜さまでした…お帰りのTaxi送なんですが
誠に申し訳ありませんが…中村譲さんとご一緒でお願いしま〜す!』
『はい、了解です!』…ちょいドッキリのME…しばし1Fエントランス・ロビーで松子…
なんだか眠気が…そりゃソ〜ダ…なんせいつもならMEは草木も眠る熟睡Time。
MEのつぶらな眼も流石にシンデレラ…ほどなく中村君が現れ
挨拶もそこそこに指定の黒塗りTaxiに乗り込み、いざ発進!

眠気排除の元気回復には速攻エネルギー補給!と即決し
コンビニ車寄せにTaxiを横漬けしてもらい、急ぎ聞き出し飛び出し駆け込んで
中村君愛飲銘柄‘アサヒス−パ−ドライL缶’と
MEイチ押しのスィ−ト10収録お疲れ定番ツマミ‘まちのお菓子屋さん/えび好み
=えびせん、いかせん、たこせん、かにせん、わかめせん、いか鉄板焼を
ミックスしてある優れ物’を二人分買い込み飛び込むように再乗車して再発進…
素早くお疲れ乾杯エネルギー注入し…
ひた走る高速Taxiのなかで…撮影の思い出話や…苦労話や…失敗談や…
出演のきっかけ話や…今の生活ぶりや…夢や…
好みの何々は何々等々語りながら笑い…飲み摘みながら語らい…
また笑いながら飲み摘み…時が過ぎゆくままに…MEは
心地佳きふんわかふんわりほろ酔いモ−ドとなりマッチョ。
で、Taxiの後部座席左側シ−トに凭れながら…布団、窓の外を眺めれば…
青紫色の…星月夜の…闇の中に…さまざまな…収録場面が…
浮かんでくるようで…消えていくようで…
…いつしかまるであの…番組オ−プニング・タイトルシ−ンのなかにいるようで…
あの甘い歌声の…主題歌も流れてくるようで…
♪出来るなら〜時を越えて〜♪…ちょいSentimentalのMEに…
そしていつしか新宿副都心高層ビル群の摩天楼が見えてきて…
首都高速降りて突き当たりの青梅街道を右折して直ぐに左折してから
税務署通りを右折した辺りで降りて…中村君の乗った黒塗りTaxiをお見送り…
とぼとぼと徒歩で帰宅途中…布団気付いて、コンビニに立ち寄り…
‘麒麟淡麗M缶’と‘えび好み’を… ♪〜またGetしマッチョ!!…
アラ〜レ、またまた布団…気がついた!
…これで10袋目?!…
MEのお久しぶり緑山スタジオ通いの初日から喰べ始めて…10袋目になりマッチョ!
まさに、コレが…MEの…すうぃ〜と10・・・なのでR。
   
これをもちまして…

         お・し・ま・い・でございマッスル!!


 

                                        2008年6月19日(木)


2008.4.4(金)=第2回目稽古…
18時36分‘あさま583号’にて上田駅到着…
出迎えの中澤氏車にて第二体育館へ。
挨拶もそこそこに控室にて着替えていると…
まもなく劇団員指導による準備体操&
発声が始まった…
吾ちょこっと、控室の窓から会場内を覗く…
本日参加者は30名強。
う〜ん、まだまだ希望参加人数には
到達していない様子…
スタッフは頑張っているのになぁ〜と吾。

そんな漢字で準備していると予定の刻限となり…いざ稽古開始!…
今年は、去年よりちょこっと上級の殺陣を参加の皆さんに挑戦してもらいたく
挑んでもらいマッスル。
挑む場面は、真田十勇士VS徳川軍勇士の場面…
前回は名乗り口上のあと、対峙し斬りかかろうと振りかぶった徳川軍勇士が
一瞬一刀のもとに真田十勇士に斬られましたが
今回は、互いに斬りかかり鍔迫り合いとなる白熱戦に仕上げたく…
まずは、解り易い説明と優しく易しい手ほどきで
相手とのコミュニケーションを大切に…
相手の身体も用具も傷つけない心遣いが肝要と語り
早速参加の皆さんに体験してもらうと…これが中々の手応えで実現可能な感じ…
吾ながら、我が指導指南法の明解的確適切さの賜物…と自我自賛の吾。
たいへんな盛り上がりの和気藹々で…時間ぎりぎりまでの稽古となりマッチョ。

そのあと直ちに深井氏車にて…コバ家本家宅に伺い、霊前に手を合わせ
コバ氏ともしばし挨拶を交わし、また急ぎ深井氏車に乗り込んだ…
画して…ここからが・・・吾の‘真田まつり〜2008’の・・・はじまり始まり…
幕が上がったのでありマッスル!
向かうは、打ち合わせ処=袋町‘仲寿し’へ…
今夜のメンバーは、深井氏と中澤氏と座長と劇団員の 育亜嬢。
お疲れ乾杯もそこそこに…即ミーティングとなりマッチョ。
まずは、現時点までの決定事項確認と拙者提案事項との兼ね合わせをし
いよいよ今日の最重要課題に…
それは、昨年好評だった地元出身の昌幸役=瀬下氏が仕事上の都合で不参加となり
クライマックスの昌幸VS秀忠の一騎打ちが出来るか田舎?…
『う〜ん、どなたに?』 『はい、只今検討中で…』
『殺陣も?…』 『え〜できれば…』
『そ〜ぅ、やはり地元上田に関わる方で…』 『えぇ…』
『稽古参加は?』 『できれば…』
『で、秀忠は…やっぱ深ピョン?』『…』
『じゃ〜ないの?』 『はい、新理事長が…』
『あ〜そうなんだ…』 『はい…』
『殺陣の稽古は充分に出来るん?』 『それがご多忙な方で…』
『そう…それから…』 『はい』
『やっぱ〜アレもやるん?』 『えぇ…』
『なら、アレンジをしNight…このままじゃぁ〜〇〇だょ〜ん』 『足し蟹…』
『☆☆にしては?』 『そうですねぇ〜☆☆ってぇ野茂!』
『じゃ、コレコレ歯科時価で…』 『はいはい、ソレとコレは…』
『孔子魔性!』 『いいですね』
『では、孫子八日』…てなてな幹事で盛り上がりとなりマッチョ…
そんなこんなで…あっという間にシンデレラ帰還刻限となり…
来週までに各々の課題を熟し魔性と散会。
ほろ酔い千鳥で語らいながら、座長と育亜嬢に送られて…
ホテル玄関前でこの日はGOOD‐Night !

そして…その一週間後の…11日(金)=第3回目稽古…
いつもの‘あさま583号’ではなく、‘あさま531号’にて17時09分に上田到着。
出迎えの中澤氏車にて急ぎ、上田城跡公園にある陸上競技場へ…
今年初挑戦する恒例真田軍出陣式での…殺陣パフォーマンスのための
会場下見でありマッスル。
果たして実施は、可能なのか田舎?!…
吾、競技場のフィールドに立ち、ゆっくりと周りを見渡し呟く…
『う〜ん、やっぱ〜広いねぇ…』 『いかがでしょ?』
『うぅ〜ん…今の案では、ちと…やるとすれば
例えば〇〇は★★だから☆☆にしてとか…』 『はぁ〜成る程…』
『∇∇も♭♭を♯♯にすれば♪♪ってぇ事に…』 『そうですねぇ…』
『まぁ〜もう少しアンを練りマッチョ…先ずは今日の稽古にとりかかりマッスル!』
『はい、では…』
と、再乗車して稽古会場へ…今夜は初参加の留学生の皆さんも多く…40名強。
丁寧なビギナー説明からのスタートとなるため…時間がかかりマッチョと思いきや
すでに参加の皆さんの協力で…自然とコミュニケーションが拡がり…
国際文化交流的親睦ムードになりマッチョ。
ホッとニンマリの吾…又々和気藹々の盛り上がり稽古に…
また来週の稽古参加を誓い愛つつの散会となりマッチョ。

吾、急ぎ着替えて打ち合わせ…処は、原町‘弥助寿し’…
メンバーは深井氏と中澤氏に座長。
即お疲れ乾杯し…早速議題に…
先週からの持ち越しのクライマックス‘昌幸vs秀忠’は可能か?…
案=今年新調した真田三代甲冑の為 、殺陣使用は控えて貰いたい由
+真田三代役の方々の稽古時間が充分にはとりにくい故
→他のプランに変更せ猿をえない→やはりドラマチックなクライマックスにしたい
→やっぱり殺陣をしたい→昌幸や秀忠本人以外の誰かで…
→影武者とか?→それじゃ〜もう二つ甲冑が必要?
→予算面で…→秀忠の側近…奈良 京都 大阪 上田
→…って誰?→服部半蔵!
→吾が?…→はい!
→でも、上田に…→宜しくお願いします!
→…ハナから決めてた?→お察しの通りで…
→こいつは、一本やられたな→では、決定で?
→致し方ない・・・!→ありがとうございます!
→で、相手は?→猿飛佐助と霧隠才蔵!
→どなたがやるんで?→剣塾の方で…
→えっ、いいの?→はい!
→もしや、これも?→お察しの…
→ありゃりゃ〜これで、日本やられたね→では、この件も決定で
→承り魔性!
さて・・・次なる事案は、出陣式での殺陣パフォーマンスは可能か?・・・
案=陸上競技場で見る皆さんが納得する忍者対決には会場としては広すぎるゆえ
→う〜ん、忍者としての登場や去り際が…→丸見えになりますねぇ…
→で、参加可能人数は?→10人ぐらいかと…
→10人?って、徳川忍者だけで…→いいえ、両軍で…
→ありゃ〜、それでは迫力不足だわ→では?…
→じゃぁ〜対決はするけど、実際には戦わず→というと?…
→対決はクライマックスだけにし、長髪する場面だけに…→成る程
→で、マイク設備は?→ワイヤレスは難しい鴨…
→肉声だけでは、観客の皆さんに聞きとり…→ですね、検討し魔性!
→吾も考えマッスル!
さてさて続けての事案は、松尾町・海野町・原町三方向で同時に行う
各々のパフォーマンスは可能か?・・・
案=それぞれに愉しい企画なれど観たかった観れなかったが小豆る故
→三企画ともやるか? →一つに絞るか?
→全体の流れからは一つに絞るのがケンとメリ−賢明じゃん…
→子供武者vs信州プロレスラーは是非やりたい→いいね、盛り上がりそう
→子供たち沢山、楽しめそう→ でもレスラーの皆さん痛そう・・・
→… って、叩くの? →はい→得物は、何で?→そうですねぇ…
→レスラーの皆さんを傷つけない物に→やはり子供武者達だから、刀だろうけど…
→玩具の刀でもカナリ…→子供武者全員に持たせると…→予算面でも…
→新聞紙丸めた物では?→掃除魔性!

…そんなこんで・・・
又々シンデレラ帰還刻限になり散会。吾は深井氏のお誘いに…
もう一軒お付き合いし…
カナリほろ酔いで…
南瓜馬車色のTaxiにての帰還で
GOOD‐Night !
そしてまた…一週間後と…
つづきマッチョ!!
                                        2008年6月4日(水)

 

MEの手元に…4月3日の収録進行スケジュール表=業界用語で‘香盤表’が届いた。
あらまぁ〜木曜日じゃ〜剣塾Work-Shop稽古は出来ないかぁ〜と
ショボくれながらの確認のME。
…が、よく見ると…朝の8時50分に…緑山スタジオ入りして…
9時50分に収録が一旦終わると…なんと次の収録は…20時05分からなのでR。
カナリの中空き!…奇跡的ミラクル超ラッキ〜とニッコリGuts ポ−ズのME。
而して…当日を向かえ…第45話S#29…
品川が木島オ−ナ−にSHOPの鍵を返し
礼を言うシ−ン…
『木島さん 。いろいろとお世話になりました』
『大丈夫だ。おまえの腕があれば
工房もきっとうまくいく。
向こうに行って、心機一転、頑張れよ』 『はい』
…この収録を無事に終えたMEは…AD君に…
「たいへん申し訳ないけど…‘再入
=(一旦撮影現場から離れ再び戻る業界用語)’で…
いいかな? …2時間前の18時には必ず戻るから!」

AD君「はい、了解ですが…」…と、困り顔。
「何か…?」「実は…」…と、通路脇にチョットチョットの手招きポ−ズ。
近づくと…辺りを見渡して…
「実は、今日の午後に…スタジオ内でキャストの方の誕生祝いをしようと…」
「えっ、今日、誕生日の方がいるの?」「はい、品川君と関保典さんで…」
「へぇ〜珍しいなぁ…今まで54年ほど活きて枡けど…誕生日が一緒の方は初めて…
それに二人も…しかも同業者なんて…」
「???…で、では…飯山さんも今日が…お誕生日…なんですか?!」
「はい、そう〜なんだけどさ…実話ね…高校、鹿時価、困難で、講師大使、遭難で
南都下…再入でお願いヨロシクです!」
「な〜るほど、たいへん残念ですが…そういう事情なら了解です…
伝えておきます…お気をつけて…」「忝ない!」…とペコリ会釈して
早速持ち道具を返して、急いで衣裳を着替えて、速攻でメイクも落として…
急ぎバス停に向かい…バスや電車を乗換え乗って…
駅前駐車のMYチャリに飛び乗って…急ぎ帰宅し…稽古用具を担いで…
またMYチャリに跨がって…漕いで小出…マックにDriveスルーして道場へ…
チャンチャンバラ薔薇稽古して…満開の…桜の木の下での…
お疲れちゃま茶会に参加して…ちょいと一休さんして…
ひと足先に引き上げて…又々MYチャリ漕いで鯉で帰宅して…
汗だく稽古着を…洗濯機にぶち込んで…チビコ2匹の散歩を済ませて…
アンヨを洗って夕食与え…又々股、MYチャリに股がって又マックにDriveスルーして…
駅前注射して…電車やバスを乗換え乗って…なんとか再入時間に着きマッチョ。

おっと書き忘れマッチョ返礼品!…と言ってもほんの少額の気持ちだけ…
実はME…まだ台本は最終週分が届いていないが…
どうもMEの木島オ−ナ−は今夜の収録が…
最終お疲れご苦労さん クランクアップになると思い…
お世話になったメイクさんや衣裳さんに持ち道具さん…
それにMYカップを戴いた弓子姫に…お礼の品物を渡しながら…
まさかマイBIRTHDAYに自らPresentを…と思いつつも笑顔で挨拶しながら…
あのTEN-GALLON HATを被りWESTERN Styleの木島オ−ナ−扮装にラスト支度…
ちょいセンチなMEに…おまけにどうやら…お二方の誕生日は…
本当は今日ではないらしく…またちょいガッ串のME。
そこへ最終週分台本が届き…見れば最終回にまだちょい出演場面があり…
ちょいまた気まず情けな居心地悪モ−ドにMEなりマッチョ…
それでも大切な収録場面なので…めげずにGutsで頑張りマッスルME。

38話S#13…ドラマCLIMAXに向かう重要な展開を切り出す場面…
木島オ−ナ−が品川に長野行きを勧めるシ−ン…
『香穂ちゃんから聞いたよ。関さんとその娘さんとピクニックに行ったんだって?』
『…はい』 『これ以上はやめとけ。傷つくだけだ、お前も、向こうの家族も…』『…』
『品川。お前、長野に行かないか?』 『え…長野?』
『ああ。お前が木彫りを習ったドイツの職人が来月帰国することになって
工房を引き継ぐ人間を探してるんだ』 『…そうなんですか』
『通ってる子供達も工房が潰れちゃうんじゃないかって不安がってるし
腕のある職人はそう簡単に見つからない見たいで俺んとこに電話があった』
『…』 『俺はお前が工房を引き継ぐのが1番いいと思う』 『…でも俺は』
『お前が本当にやるべきこと、やりたいことはここじゃできない。違うか?』 『…』
『品川。自分の人生を第一に考えろ』『…』
『関さんが家庭を壊してまで、お前についてきてくれるはずはないんだ。
お前はお前のことを本当に理解してくれる人を探して
お前自身の家族を作ればいいじゃないか簡単』
…続いて…33話S#3…木島が品川に諭すシ−ン…
『コーヒーにします?それとも酒の方がいいですか?』
『いや、ちょっと立ち寄っただけだから…
実はこの間、香穂ちゃんに呼び出されて、さんざん奢らされたよ』 『すいません』
『ひどく怒っていたよ、関さんとの事で。お前のことを心配してるんだ』 『…』
『お前が傷つくのを見たくないんだよ…わかるだろ?』

…ちょいと収録進行がオシ気味となり…MEの収録終了が23時となりマッチョ…
この時間ではもうすでにバスも運行しておらず…
‘タク送(=Taxiにて自宅まで送られるり)’となりマッスル。
無事に収録も終わり、急ぎ支度していると…AD君から、スタッフの皆さんから…と
BIRTHDAY花束が届き…カナリ胸きゅんのME。
お礼の挨拶をしつつ花束抱えてロビーに…すでにDriverさんが… 近づくと…
『どちら様ですか?』 『はい、いいやま…』
『了解いたしました…北新宿までですね…どうぞ!』
と出会い系誘導されて…黒塗りクラ ウン車へ…
後ろ左doorが開かれMEは乗車…『では参ります』と発進!
ちょいとして小声でME…我が儘言って…途中のコンビニに寄ってもらい…買い出し!

MEの‘お疲れ 独りBirthday乾杯セット’
…そのGet品とは…
最近お気に入りの‘ボクのおやつ/こつぶ餅ピーナッツ’と
‘まちのお菓子屋さん/えび好み’…
それにすっかり定番御用達‘麒麟淡麗M缶’
+‘サントリーReserve水割缶’…
而して再乗車再発進!…
一般道から高速道路へと走り抜け…
中央高速を疾走する黒塗りハイヤーの車中で…
‘麒麟淡麗M缶’を飲みながら…
蛙メールを打とうと携帯の画面を開くと…
留守電有り!…の文字表示が…
忙し忙しで気がつかずのME…
早速再生Keyを…押すと…聞き慣れない…声が…

『お世話になっております…私は‘上田青年商工会議所’専務理事のNと申します…
実は、本日未明…K(コバちゃん)のお父さまが…亡くなられました…
尚…葬儀が…来週土曜日に…社葬で行われる為…それが終わるまで…
K はこちらに関わる事ができません…代わりに…私が担当いたします…
つきましては…明日のこちらご到着のお時間をお知らせください…
駅にお迎えに参ります…突然の…お知らせで…申し訳ありませんでした…
では…明日の稽古…宜しくお願いいたします』
…聞いて…天を仰ぐME…深呼吸して…
深夜で失礼だとは思いつつも…コバ氏の携帯番号のKeyを押忍…
呼び出し音が…プルルン〜プルルン〜となっている…
何回目かでME…Clear Keyを押忍…そして静かに…携帯を閉じ…
車窓の…走馬灯のような…夜景を…眺めながら… 合掌す!

『突然の…ご尊父さまの…悲報に接し…謹んで…お悔やみ…申し上げますとともに…
心から…ご冥福を…お祈りいたします』
…ゆっくりと…Reserve水割缶を開け…車窓から見える…満天の星空に向け…
静かに…献杯す!
                                        2008年5月18日(日)

【近況報告】

スィ−ト10〜最後の恋人’長らくご覧いただきまして、ありがとうございます…
いよいよ今週…最終回を迎える事となりました。
…久しぶりのSubレギュラーで…いろいろと学ぶ事もでき…
おかげさまでたいへん充実した収録となりました。
さてさて私が演じました木島オ−ナ−は…いかがでしたでしょうか?
…ご感想を…いただければ…幸いです!

…また…又々ちょこっとだけのTV出演お知らせでございます…
 放送日時=来たる5月28日(水)21:00〜21:54
 番組名=テレビ朝日‘警視庁捜査一課9係〜Season3’
 出演回=第7話「割れないグラス(仮題)」
 役名=輸入雑貨会社経営…中倉孝介(42)役
…尚…今回も…お話の内容や…どんな役柄か?
…は…またまた…ひ・み・つのアッコちゃんの…観てからのお楽しみで!
…こちらも…ご感想…お待ちしておりま〜す!!

2008年5月4日(日)


MEは…ヨッコイショッと襷掛けに
稽古用具をしょい込み立ち上がり
再びゲ−トへ…『どうなさいました?』と、上田君。
事情を話すとニンマリ微笑み…
『どうぞ!』と、手招き猫の上田君。
ペコリ会釈して、五分咲き桜がズラっと並らぶ
並木道をエッサカえっ坂と下りながら引っ返し
3階第3スタジオ脇の…衣装部さんへ向かう…

が…杏里まぁ〜誰もいな〜い?
…どうやら本番待機モ−ドでスタジオ内にいるの加茂?!
鞄と木剣ケ−スを肩から襷掛けのME…
眼だけであっちこっちキョロキョロ探索詮索捜索モ−ド…
そこにOM嬢が『どうなさいました?』…ME『ごめん、財布、衣装に…』
…と言うか岩内うちに、OM嬢が動き出し…
5秒後…『これですか?』『それです・・・サンキュー…助かった!』
『よかった!…お気をつけて…』と、見送られて…上田君にも
『よかったですね…お気をつけて』と、見送られて…再びバス停へ…
すると…なんと幸運にもバスが予定時刻より遅れて北野でした〜超Lucky!
急ぎ飛び乗り…バスカ−ドで生産し座席に月…
これからの東京駅までの所用時間を推理計算しながら…
マイNIKEウォッチを見れば…只今の時間=16時56分…
即MEは再々携帯のKeyを宇都宮…
  『おつかれ〜無事乗車できたかな?…念の為…そのあとの稽古進行内容を
  メールします…一旦10分程休憩して…再開したら…
  木刀を持った皆さんを会場後ろに誘導して…
   横一列で…何段かに分けて列んでもらい…最前列から…
   横一列づつ一緒に…会場中央付近まで…走って止まる…
   始めはゆっくりで…だんだん速く…滑って転ばないように注意しながら…
   次は…走ってきて左足前で止まる…
   その次は…走ってきて左足前で止まって八相に構える…
   そのまた次は…走ってきて止まって構えて…右足を前に出し袈裟に斬りかかる…
   くれぐれも転ばないように…一列づつ…安全第一で指導ヨロシクです!』
そして乗換乗継乗り継いで…MEは東京駅長野新幹線改札口の前…
発車時刻表示盤を見上げると…1番早い便は…18時24分発‘あさま 541号’…
23番線…1番奥のプラットフォーム…で只今現在の時刻=18時22分…
あと2分か?…エ〜イままよ〜で挑戦チャレンジJust Try
レッツゴ〜とヨ〜イ・ドン!のME…襷掛けの稽古用具を両の手で抑えながら…
改札抜けて駆け出して…20番線…21番線…22番線…23番線…
勿論エスカレーターは右側を…追い越しレ−ンを…頂上目指して…
駆け…上がった…エッサエッサ餌で…Gutsでガンバった…が…
悲しや哀し…七合目辺りで…
新幹線の扉が閉・じ・るアナウンスが流れ…
MEは駆け上りを止め立ち尽くし頂上の22番線プラットフォームへ…
昇て行くMEに…出て行く‘あさま541号’…な〜んかドラマみた〜い…
次の便は‘あさま587号’18時44分発で上田駅には20時15分到着…
アンレアレマァ大遅刻だぁ〜!…まぁ〜生姜内科と他力本願決め込んで…
取り急ぎ乗車予定報告連絡し夕飯開墾で乗車町…
そして…乗車して座席確保し稽古用具置場も確保して…
夕食済ませてうたた寝仮眠して…目を覚ましたらもうちょいで上田駅…

さてさてと…これからの稽古段取りをシュミレーションしてるうちに…
お久し懐かしの上田駅へ…改札口にはお迎えが …挨拶もそこそこに車に乗り込み…
稽古会場=上田城跡公園第二体育館へ…途中車中から…
Light Upされた上田城が夜空をバックに…鮮やかに神々しく輝き聳え立ち…
『今年も宜しく頼むぜ!』…って迎えてるかのようで…独り勝手に勘違いのME…
車中から恐れ多くも皇族一礼をする…5分も経たずに無事到着し…
お迎えお疲れお礼をして…稽古用具を抱えて下車すると…
会場入口には…たいへんな人だかり…MEの出向い仮名?と思いきや…
どうやら皆さん休憩らしく…煙草プカプカ会話ガヤガヤ賑やかな盛り上がり…
中には昨年も参加された顔触れも…お久しぶりの再会と成田山…
稽古遅れのお詫び挨拶を交わしながら会場内へ…中でも賑やかに休憩中…
しばしの間は同期会同窓会歓迎会ムードの会場に成田山新勝寺…
達也君とお疲れご苦労さま挨拶をしていると…
   コバ氏『お疲れさんで〜す…お待ちしておりました…
       今年も…どうぞ宜しくお願いいたしま〜す!…着替えは…どうぞあちらで…』
     ME 『こちらこそヨロシク!…今日は稽古時間もあと少しなので…
        このままでやりましょう!』
   コバ氏『了解です…では参加の皆さんを早速集めましょう!』
     ME 『そうね…コバちゃん、稽古終了予定時間は45分頃までかな?』
   コバ氏『いいえ、50分ぎりぎりまでOKです!』
    ME 『了解…では参りましょう!』
…とBlack羽毛ベストを脱ぎ…黒色List‐Bandを料亭に嵌め…剣塾Blackバンダナを…
後ろ鉢巻き眼の鶴如くにキリリと結んで…いざ稽古再開!

いよいよ今年の‘真田まつり奮刀稽古’のはじまり〜始まり!!
先ずは…皆さんの真田まつり決戦劇殺陣基本ノミコミCheck。
駆けてきて止まり振りかぶり斬りつける…一連の動作所作の熟し度Check。
『Ready !…Action!』…アレレ、やはり大声出すとまだチョィ痛みが走るので…
皆さんにその胸を告げて…稽古再開…今日の参加人数は30名ちょっと。
声には丁度いい幹事ではRが…本番参加希望人数90名以上だから…
チョィと寂し〜い漢字なれど…本日参加の皆さん意気込みは中々の上出来。
Niceな手応えにうれし嬉しの上機嫌のME。
早速…昨年よりStep Upする…今年の‘立合殺陣’の内容説明&解説し…
達也君との披露と成田空港…続いて…参加者同士で軽く手合わせし…
21時50分…今日はここまでで斬り上げ…最後に一同一斉素振りをして…
木刀を納刀し…立礼で…お疲れさまでした〜!
…而して、第1回目の稽古が終了となったのでR。

スタ ッフの皆さんと参加の皆さんで一緒に会場のあと片付け…
それをほほ笑みながら眺めるMEは急ぎME支度…
そして来週の稽古参加を互いに誓いつつ〜賑やかに散会!
MEはコバちゃんCARにてHotelへ向かう…その車中にて…
   コバ氏『おつかれさま〜でした!…稽古いかがでしたか?』
    ME 『いい手応え…ありましたよ』
   コバ氏『ありがとうございます…ホントに今年も参加の皆さん…
        どなたも一所懸命で…嬉しい限りです…
        今年は、昨年より稽古開始が早いんですよ!』
    ME 『そうだっけ…』
   コバ氏『はい、昨年は初めてのチャンバラEventだったので…
        バタバタ状態でしたがお蔭さまで…大好評大成功でした。
        …が…今思えばヒヤヒヤものの…
        まさに奇跡的なミラクルだったのだと感じております。
        ですので今年は昨年の反省点を充分に踏まえて…
        万全の準備で臨む覚悟です。
        準備を怠れば… 必ず厳しい結果になるでしょうから… 』
    ME 『そうね…油断なきよう…勝って兜の…だね』
   コバ氏『はい、お力添えヨロシクで〜す!』
    ME 『畏まり…』
そしてHotel車寄せに…急ぎCHECK INして直ぐに稽古用具を部屋に置いて…
参考資料&筆記用具だけを小脇に抱え…ロビーで待つコバ氏夫人とともに
ミ−ティング会場へ…今夜は金曜日の‘ハナキン’なのでR。
凄混みの某居酒屋チェーンの‘魚民’上田駅前店…
しばしの貸切個室セッティング待機の間に…地元劇団TOKYO-BOWZ座長以下
主要メンバーや真田十勇士の面々に達也君とコバ夫妻が揃い仲良く個室へ…
一同着座し即生ビールを注文して…2時間ミ−ティングの開始を待つ間に…
コバちゃんから…今年の真田まつりの概要や進行内容等の報告があり…
尚一層のご協力お力添えを願うコメントに…
程なく生ビールが届き…稽古初日お疲れさま乾杯!
それからは皆さんとの一年ぶり再会で…同窓会打ち上げモードに…
そんな中…MEとコバちゃん&座長はまたまた呑みながら語り…
摘みながら語らい…の定番打ち上げ幹事熱々萌え系トークへ…

「おつかれさまで〜す」「はい、おつカレ〜ライス!」
「如何でした…稽古初日の感想は?」 「バラす〜しい…じゃ内科な…」
「はい、お蔭さまで興味津々ヤル気満々の皆さんが 集まっていただきまして…」
「感無量だねぇ〜」「はい、でも…もう少し動員しナイト…」
「去年も稽古始めは…」「少なかったけど…だんだん増えて…盛り上がり…」
「そうそう、娘さんの〇〇のように!」 「シィ〜!〇〇ネタ禁止で…」
「そうそう、そうでした」 「…で今回、これはどうするの?」
「やはり今回は、これよりは…これの邦画…」 「う〜ん…成る程」
「で、これをここにして!」 「…は〜い、はいはい」
「こうなるから…こう成田山!」 「うんうん、いいねぇ!」
「加えて…こうして…」「ハ〜イ、賛成!」
「そうすれば…全体の流れもスムーズでDramaticで」「レベルもUpに!」
「グレードUpにも…」「スケールUpにも…」「ハイハイ、成る程Theワイルドにも…」
「そうそう、そうねぇ…いいじゃん!」
てなてな監事で…あっという間の2時間ミ−ティング終了の店員さんコールで…
一同お手を拝借一本締めで‘おやすみなさい散会’となったのでR。

お決まりの定番気分上々桜色のほろ酔いMEは…コバ夫妻に送られて…
幸村さま銅像に見下ろされて…Hotel玄関前へ…
  コバ夫妻『おつかれさまでした…来週も宜しくお願いいたしま〜す!』
     ME 『こちらこそ…アレ〜お二人もHotelにお泊りで…?』
  コバ夫妻『いえいえ、家に…泊まります!』
ME&コバ夫妻『ハ〜イ、ハイハイ…で〜は…おやすみなさいま〜せ!』
と、コバ夫妻とは…GOOD‐Night ! ! のMEは…
Hotel FrontでルームKeyをPick Up‐Getし…今夜のMY House711号室へ…
置きパ〜の稽古用具を退かしながら…さてさて‘明日のための其ノ壱’を…
喉の手当を私用とMEは…Black羽毛Bestの左ポケットに左手を突っ込む…
あっ、アレ〜レ…‘イソジンガーグル’が…NIKE!?…
何処…何処か…何処にも…アレ〜レ…Night!…GOOD‐NIGHT ! ! …
アレレレレ〜睡魔が襲って来た…
喉さん…声さま…睡魔せん…おやすみなさいませ!!!

                                        2008年4月23日(水)

 

お江戸の桜も五分咲きの…2008.3.27(木曜)…
明日はなんと緑山から上田に参らねばならないME…
うれし嬉しウキウキなれど…なな〜んかマジ…マヅ〜イ鴨〜南蛮饂飩なのでR。
…それはMEの…声の…みなもとのよりともの…喉の銚子が…イマイチ心配なのでR。
実は今朝から鳴戸なく…い辛っぽ〜いってな漢字…
まぁ〜やるきゃ内科と剣塾午前稽古開始…で…
まぁまぁ〜声の掠れは…さほどでもなかったので須賀…
午後稽古では一変…マジィ〜ことに…
声を張ると…喉にチョ胃〜と軽い痛みが走ったのでR。
これはカナリまず〜い鴨葱蕎麦…南西…明日は‘スィート10’の収録日でR。
でMEは先ず、早急緊急応急処置せねばと…
すかさず…お決まり定番常備薬‘龍角散のど飴’を鞄からサッと取りだし
ポイッと一粒口の中に…頬張り…なくなればまた頬張り…
稽古を熟し…熱いShowerで汗を流しながらも頬張り…着替えて又々頬張り…
稽古あとの5月6日に行う ‘侍 Exercise’イベント打ち合わせでも…
勿、頬張りながら語らって…次から継ぎへと頬張って…喉の応急治療としたのでR。
正しく独断と扁桃腺!…長年の勘で …
これは‘風邪’の書記…じゃなくて、酒気…でも勿論な〜い…
初期症状が喉に現れたとMEづから診断し…
帰宅途中の愛車BMWもどきSilver‐Metallicチャリ運転中も頬張り続け…
帰宅しては速攻で…師範されてるME御用達定番風邪暑気特効薬を飲み…
またもや頬張り…愛犬散歩でも…夕飯を与えながらも…頬張り続け…
必要最小限の会話に留め…喉を休ませ…そしてディナーには…温ったか饂飩を戴き…
即即決速攻で毎夕定番晩酌せずに深酒など餅せずに…
喋らずに風呂にも入らず床 に就いたのでR。
なんせ何より睡眠こそが回復治療完治の胃の1番と
一途に頑固に思い込み…なんとか悪化を喰い止めようと…
日々シンデレラ就寝のMEなれど…
今夜は9時30分に就寝のME…しばし爆睡したが…
深夜2時15分に目覚めて仕舞う…う、う〜ん…
なんだか…ま〜だ喉がチョ胃と痛〜い幹事…
ならば 次なる治療手段として…
前に病院で処方され残してあった当家家宝の秘蔵
風邪薬をば祈る気持ちで飲み…また根室と駿河…
明け方5時15分に目をさ鱒…
で風呂の湯沸かしSwitch点けて…
沸き上がるまで床にてしばし待機する…

隣ではまだチビコ2匹と奥方さまは爆睡中…
やがて沸き上がり湯舟に浸かりながら…治療第三弾‘温かShower喉元攻撃’しながら…
ウ〜ぅ〜ウ〜ぅ〜と鼻に向けて…Delicateな声を…鼻や口の中で響かせてみ〜る…
祈るように…願うように…拝むように…どうぞ神様仏様御先祖様にキリスト様…
どうかMEの声が悪化しませんように〜ア〜メン素麺以下素麺!
何故ならば…今日の収録はカナリ特別なシ−ンになる模様なのでR。
今まで出演した中でも1番重要な場面…
あの弓子さんに品川との付き合いを自嘲して欲しいと諭すシーンなのでR。
今のところは幸いにして…なんとか喉の具合は…さほど悪化していないよう〜Lucky!
でも念には念を入れて…石橋貴之を叩いて渡哲也で…
最終治療段階としての‘イソジンガ−グル鵜飼’で仕上げでR。
でなんとか日常会話ならOK牧場か? …ぎり義理セーフって完治!
ホ〜ッと一安心のME。 …直ぐにマキで着替えて旅支度し …
チビコ2匹に‘今夜ひと夜の別れ別れの淋しさ辛さ’を告げ… 緑山スタジオへ…

控室入りしてからは必要最小限極短会話で…
木島オ−ナ−扮装支度準備にかかり…いよいよ‘第3スタジオ’入り…
先ずはセットの隅で台詞Check…
   『いらっしゃい!…品川なら配達だよ…そろそろ帰る頃だが…(間)…
    あなた…結婚…してるんだ!…別に、構わないよ…お互い納得してるんなら…
    大人同士…なんだし…ただ…品川にはこれまで…色々あったし…
    これ以上…ギズつけるような真似…だけは…出来れば…避けて…もらいたいな
    …家庭を壊す…気は…ないんでしょ!?…じゃぁ…頼んだよ!』
何とかノリキレそうな監事…やがて‘セット・リハーサル’…‘ドライ・リハーサル’…
‘テスト・リハーサル’…‘ランスルー’…‘本番’…と何とか一発OKで収録終了し
MEは即控室へ…声温存策としての‘控室ひき篭り’と決め込んだのでR。
待機待ちの間は、今夕行う「真田まつり」の第一回目稽古の段取りCheck!…
Lunch休憩中も…ひたすらCheck!…収録再開しても…なおCheck!…
おやつの時間になりそう…でもまだまだCheck!…???って…
マジまじ本気…まず〜くNIKE!
もしや収録がオシてるん〜腕?! …
こっそり控室出て…スタジオ近くの‘お茶場’で…
現時点収録進行状況情報収集するME…それによれば…
たしか〜にぃ〜!…オシてるらしく…MEのシ−ン収録開始予定時刻は…
なんと15時50分…あれまぁ〜MEは東京駅16時44分発(あさま535号)で
上田 に向かう予定でいたのでR。
急ぎ控室に戻り、携帯のKeyを打つ…
   『おはよ〜ッス!…申し訳ないが収録がカナリ遅れている為
    先に行っててチョンマゲ!…尚、乗車報告連絡を忘れないように…
    上田駅に迎えが来る手筈になっています…
    尚、稽古開始までに間に合わない模様なので…達が稽古進行してちょ…
    19:00〜15までは、劇団TOKYO-BOWZ団員の方々に参加の皆さんと
    ストレッチ&発声をしてもらい…19:15から、先ずは達が自己紹介し…
    皆さんに着座してもらい…‘座礼’の所作説明してから…全員で一同座礼を行い
    稽古開始!…次に皆さんに近くに来てもらい、‘拵え刀’と‘木剣’の解説と
    その握り方を説明したら…皆さん各々に木刀を渡し、振れる間隔に拡がってもらい
    …‘素振り’を説明解説指導してください…
    内容は‘面打ち・小手打ち・側面切り返し’で…ちょい汗ばむ程度で…
    その頃には到着できると思いマッスル…ではヨロシクッス!』
送信先は、剣塾メンバーの若林達也君。
実は当初二人一緒に上田に向かい、稽古開始時に…
Demonstration的パフォーマンスを行う予定でいたのでR。
やがて『了解しました!』の返事が有り…MEは新たに収録準備モ−ドに…
次のシ−ンは、品川の不倫にチクリと諭す木島オーナ−の場面…
   『この子がその絵を持って来た…関さんの娘さんだね?
    …秘密は…いつか…バレる…物事には…潮時…ってぇ〜いう物もある…
    おまえが思う程…彼女は…どうなのかな?!』
っていう…これまた大事なシ−ンなのでR。

えぇ〜と15時50分開始で…順調に収録したとして…
Maybe-30分間で…6時20分に終了…20分で
着替えてメイク落として帰り支度して…
16時40分…10分で緑山スタジオからバス停に行くとして…
16時50分…そこからバスで鶴川駅…
小田急線で新宿駅にそれから総武線で東京駅…
そして長野新幹線で上田駅に向かう…
新幹線所用時間が90分として…
+総武線がおよそ20分だと…

+小田急線が多分60分だから…+バスを10分乗るとして…
計約180分=3時間…乗換乗継渋滞時間入れずに…
って事は…早くても20時頃の稽古会場到着時間になりそう…ヤバァ〜!
ME急ぎ再び携帯のKeyを叩く…
   『おつかれ〜ごめん…このままでは到着が20:00近くになるかも…
    で、先ほどの稽古進行の続き…‘素振り’が終わったら…次は…‘五行の構え’と
    ‘剣筋’の説明&披露をし…皆さんには‘八相(はっそう)の構え’から‘袈裟斬り’を
    説明解説し…皆さんが熟せるように指導してちょ…ゆっくりと…丁寧に…
    仕上げてチョンマゲ!…ではヨロシクです!』

と、打ち終わり…携帯画面を閉じると…控室の扉がKnockされ…
『たいへんお待たせいたしました…ではスタジオ入り…よろしくお願いしま〜す!』    
 ME 『了解で〜す!』…而して待ちに待った収録となったのでR。
スタジオ入口で大きく深呼吸して…いざ収録へ…
おかげさまで喉の具合も…大胸大丈夫で…無事に一発OK!
本日のME収録は・・・これをもって終了でR。
急ぎ急いでマキマキ着替えて・・・メイクを落として控室へ…
見ればテ−ブル上野携帯には着信Signalが点滅中…
携帯開くと『了解です〜頑張ります!』の文字…ニヤリ微笑むME…
尚も急ぎで帰り支度のME…鞄の長野稽古着の間に台本を仕舞って袈裟に肩かけて…
拵え刀&木剣入りケ−スはもう片方の肩に担いで…
おつかれさま挨拶をしながら…一路バス停まで大股競歩でエッサッサ…
今日の警備員さんは‘くりぃむしちゅ〜の上田晋也’似のゲンキ君。
『お疲れSummerでした!』 と歯切れがいい…ニンマリ会釈のME。
先を急ぐがゆえに歩幅を緩めずゲ−トを潜り横断歩道のボタンを押して8秒待って
信号が青に変わると同時に渡り始め渡りきって左方向に26歩進み立ち止まり
バス停の時刻表CheckのME!
次の便は16時50分発…あと10分ほど待ち…
他に待ち人もなくベンチによっこいしょの一休さんのME。
乗車準備にバスカ−ドを取り出そうとジ−ンズの…右尻のポケットに…
右手を突っ込んだ…が…アレレ〜LV財布がNIKE?
しまった!…衣装の…木島オ−ナ−のジ−ンズに…入れっパ〜だ!
バスが来るまでは…あと…ちょこっと!・・・ 〜内緒話…のあとは…真田奮刀記にて♪

                                        2008年4月14日(月)

 

おかげさまで、‘本読み’も‘三島詣’も無事に終え…
2008/1/18(金)の…15:30…MEは、再々々の緑山スタジオ入りでR。
本日の警備さんは‘ハリセンボン春菜’似ってYOUか…‘幸楽マスター’なのでR。
さすがはTBS!と独り納得のMEは…クスッと俯き会釈でスタジオへ…
今日は第2週までのリハー猿…立ち稽古なのでR。
もはや定番の第4リハ室に入り… AD君に…
拉致誘導されるままに… リハ室脇の控室へ…
中庭…すでに沢田家ファミリー…俯き品川君…
元気な子役製造担当女性責任者…
バリバリバ龍〜な各俳優所属事務所関係者の
皆さんがいらっ砂利…そ、その奥で…演出と…
あの…関家ファミリーが読み合わせの真っ最中…
MEはペコリ会釈して…ひんやりパイプ椅子へ…
やがて読み合わせが終わり…
リハ室に移動な猿関家の人々…

どうやら業界用語‘オシ’てるらしい…
聞けば…約1時間とか…でMEは即退室して玄関ロビーへ…
いつもニコニコご挨拶の受付嬢の前を通り…深々ソファーによっこいしょとホッと一休さん。
ちょいと横を見れば第4リハ室がまる見え…MEも頭の中でシュミレーション・リハ…
台詞CHECKしていると…なんだかスゥ〜と睡魔に襲われそう…
スイマセン寝ません寝れませんMEは…直ぐに…ストレッチを…スタート!
両脚開いて…両膝に両手を置いて…両の肩を交互捻ったり…
足首廻して手首廻して…首も廻して…ぐるりと見れば…クスクス俯き苦笑いの受付嬢。
構わず…しばしストレッチしながらの台詞CHECKのME。
…そろそろ仮名?で控室に戻り…業界給水処‘お茶屋’に立ち寄り
常備POTのコ−ヒ−をカップに注ぎ、常備菓子類からクラッカーを摘み
待機する事…8分ほどで…演出と関家ファミリーがお戻り
いよいよ木島オ−ナ−MEと品川君&弓子嬢との読み合わせ…
を …難無く終えて…って有価…今日の出番は…わずか2シ−ンだから…
そんなんは決まり金時栗きんとん当たり前田のクラッカ〜…で隣のリハ室へ…
難無く無難に進行して…演出が…スタッフと…ちょいと打ち合わせで…
ちょっとの待ち時間と成田山。
…が…な、なんと…そ、そこで…落っこった…じゃなく…起こったのでR。
なんとヒロインのMR嬢から…MEは…
『素敵な…お声…ですねぇ!』と言・わ・LetterのでR。
ちょい照れのME…おかげさまでカナリのウキウキ浮かれ気分での
ご機嫌ご帰還MEなので熱田。
…それから指折り数えて…十八日目の…
2008/2/5(火)の…12:30入りの…初収録日を迎えたのでR。

ワクワクドキドキで…緑山スタジオに再々再々向かうME。
その日の警備さんは‘SANDWICH MAN伊達‘似のぷっくりマン…
笑顔でニッコリ会釈のME。
まずは受付嬢のニコニコご挨拶を受付て…エレベーターで…即3階へ…
降り立つと…すぐ前庭…大きな掲示板。
素行庭…本日の出演者各々の控室表と…入り時間表に…収録進行表が貼ってR。
MEはME控室を確認して…まずは第3スタジオ入口付近に出向き…
そこに何人かのスタッフの皆さんが…その中に…OMプロデューサーも…
すかさず皆さんにご挨拶のME…
控室で着替え易い格好に準備して…予定時間に衣裳部さんへ…
担当はOM嬢とIE嬢。
挨拶もそこそこに上着を脱ぐと…IE嬢が受け取り…
代わりに汗取りTShirtを…ME自前のV襟グレーTShirtで…と…手で制し…
木島Western Shirtを受け取る…着て…自前ズボンを脱ぐと…またIE嬢が受け取り…
代わりに木島ジーンズを受け取る…履きながら…
      ME 『ところで今日の収録進行状況は…今どうなんですぅ〜?』
   OM嬢 『‘オシ’てま〜す…たぶん出番は食後じゃないですか?』
      ME『了解で〜す』
『はい、どうぞ!』 …とソックスを渡してくれた…ふと見ると…
自前のスニーカーから木島革Westernブーツに革ってる…
傍で持道具担当HT嬢がほほ笑んでる。
で…MEは今日の収録シーンではブーツは脱がないだろうから…
自前ソックスでOK牧場です…とIE嬢に告げ…ブーツを履くと…
今度はHT嬢がペンダントをいくつか見せて…お選び下さいとの事…
ハテ?サテ?…ちいっと悩MEのMEは…三人姫にご相談して…
Blue Stone系のINDIANモードのペンダントを択び装着し…
茶色いTEN-GALLON HATを受け取り…めでたく木島オ−ナー扮装に変身したのでR。

次はメイク部さんへ…担当はTH嬢…
指示されました化粧鏡前に座ると…
赤ちゃんSizeよりチョイ大きめな前掛けをかけられ…
ヨロちゅクでチュ〜!
まずは化粧水を湿らしたCottonを
右手中指の腹に当て…
それを人差し指と薬指で支えて
Faceを撫でるように拭きまして…
次にはファンデーションを
左手親指元付近で試しに塗り伸ばしながら…

Faceに小さくCUTしたSPONGEで少しづつのせてゆきましてから…
仕上げはパウダーをPuffにつけて…Faceをおさえます…
そしていよいよ眉描きに…Puffの帯部分に小指と薬指を小粋にひっかけて…
太くて長いデッサンPencil型眉鉛筆で…サッサッサ〜と眉をなぞりながら描き…Brushでシュシュシュ〜と撫でて…ハ〜イ凛々しい眉の出来上がり…
さてさて最後は…左手にハイパワードライヤ…右手に高級豚毛Brushで…
Hair Set開始からム‐ス&Spray仕上がりまで…168秒足らずで完成…
おチュかれさま〜! …で‘木島壮一オーナー’の出来上がりと鉈のでR。

MEは一旦控室に戻り…モニターTVでスタジオ収録状況を観ながら…
本日の収録進行台本で…現状Check。
どうやら1時間程…オシてる…気長に待ちましょモードのME…
携帯を取り出し…『‘真田奮刀記2008’序之壱』の原稿作成に取り掛かる…
しばらくして…Doorがノックされ…
   AD 『おはようございます…実は只今収録がオシしてます…
      もうしばらくお待ちください』
   ME 『了解です』
すでにCheck済みで余裕のME…尚も原稿作成に取りかかる…
またしばらくして…Doorがノックされ…
    AD『すいません…まだ昼食休憩にならないので、
       先に食事を…再開時間はまたお知らせに参ります』
   ME 『了解です!』
と又々携帯画面に向かう…又々しばらくして…Doorがノックされ…
    AD 『お待たせしました…今から昼食となり、再開は14時45分の予定です』
    ME 『了解で〜す!』
MEはやっと携帯を閉じ…第3スタジオへ…
扉は開放され…照明Lightは消され…スタッフは誰もいな〜い…
MEは一礼してスタジオの中へ…中のセットの外側はベニヤ板と角材で組まれ…
左に28歩、右に曲がって16歩のところに…MEがオーナーでR…
Antique‐Shop‘Loki’の店内が現れたのでR。
早速MEは視察検索詮索店内配置確認調査を始め…
歩いて引いて座り…立ち上がり戻してまた歩き…
取り出し開いて閉じて仕舞い…またまた歩く…
馴れたところで…歩きながら声を出して台詞Check…
揺り椅子に座りながら…二階踊場から階段降りながら e.t.c,…
しばしのコッソリ自主トレを終え…MEは一礼し退室…
お茶屋でコーヒーを取りまた控室へ…しばしの一休さん。
やがてDoorがノックされ…
    AD 『再開15分前です…5分前にはスタジオにお入りください』
    ME 『了解!』
そしていよいよ再開14時45分!…まずは技術スタッフの面々に…
    AD 『本日より参加される‘木島壮一オーナー’役の飯山弘章で〜す』
    ME 『よろしくお願いします!』
すると拍手が興る…所謂業界定番仕事始めご挨拶セレモニーでR。
而して収録開始…まずは 、撮影・照明・音声等スタッフ総勢20数名の前で…
演出の指揮の元にシーンの段取りを説明する《セット・リハーサル》…
いくつかのブロックになったシーンを演じてみせる…
なんせスタジオセット収録では複数のカメラが使用される…
今回は5台のカメラ=‘5亀’での撮影となる…
まずは木島オーナー登場シーン…
第4話/S#3/ページ数=3.7ページ分/放映時間=1:30予定…を演じる
…それを2回…そして、揺り椅子に座りながらの…
第7話/S#17/ページ1.0ページ分/放映時間=0:30予定…も2回演じる…
あと未出演の2シーンがこのブロック…《ドライ・リハーサル》を終え
スタッフはそれぞれに準備に入る…俳優は収録に備える…
弓子嬢と品川君はメイクCheckに…MEはセット隅で台詞Check…
やがてSTANDBY指示があり…《テスト・リハーサル》となる…
4台のカメラが同時にいろんなアングルでCUTを撮りながら…
ミキサー室にいる演出の指示でスィッチインされ…
さまざまなAngleのCUTが繋がれていき…ワンシーンが仕上がる…
つまり俳優はワンシーンまるごとNon‐Stop で演じる事となるのでR。
まず1回目が行われ…各部署の微調整を終え…《ラン・スル−》…
ラスト・リハーサルとなる…そして尚も各部署微調整が行われ…
いよいよ本番…スタジオ内の大型モニターTVには…
「スィ−ト10/回〜4/収録日〜2/5/ブロック〜2/テイク〜1」…の文字が映り…
スタジオにアナウンスが流れる…
『 では本番参ります…テープ回りました』
…モニター画面には…‘10’の文字が映り…‘9・8・7・6’と進み…
再びアナウンスが…『ご・よん・さん…』…その後は無音となり…
スタジオ内に緊張感が高まり…シ−ン収録StartとなるのでR。
そして…シ−ン終了とともに…再アナウンスが…

『は〜い、カット!…Checkしま〜す!』
ME達はモニターTV前に集まる…
画面には先ほど収録したシ−ンが
Play Backされる…そして…
『 は〜い、Checkオ−ケ−!
…次のシ−ンは7話S#17です!』
急ぎME達は衣裳換え
スタッフは準備に取りかかる…そうして…
そうなって… そんな感じで…おかげさまで…
なんとか…NG…やり直しなしで…
MEの収録は無事終了。

『これにて‘木島オーナー’役…飯山弘章さんの本日の収録は終了です』
のアナウンスが流れ…『おつかれさま〜!』『おつかれさま〜でした!』の
挨拶を交わしながら…MEは一礼して第3スタジオを出る…と…
 『お疲れさまでした!…飯山さん』…ME『???』…振り返ると…
伊集院光似のスーツ姿のふっくら男性が頭を下げていた…
  ME 『どうも…???』…頭を上げ、その男性が…『どうぞ!』と…
シルバーRibbonで結ばれた袋を…MEに…
   ME 『えっ???…ぼ・く・に?』…
      『はい!』と男性…
   ME 『…あのぅ〜、どちらさまで…』
  男性『あっ、うちの三浦…からです…』
   ME 『あ〜ぁ事務所の方でしたかぁ…』
と、袋を受け取り…控室へ向かおうと1歩踏み出すと…そこに…MR嬢!
  ME 『どうも…こちら…戴きまして…』
 MR嬢『これから…よろしくお願いします』
   ME 『こちらこそ…ではお先に!』
で…衣裳部さんで着替えながら…
   ME 『今、何時頃…まだオシてる感じ?』
OM嬢『16時20分で…え〜と…進行表によれば…あれ〜ぇ、定刻だぁ〜!』
   ME 『ラッキ〜やったね…マケたね!』 …業界用語で‘マキ’=‘速く’なのでR。
MEもマキで…着替えて持道具を返してメイク落として控室へ戻って…
そっと戴いた袋のシルバーRibbonを解く…と…中に…あったのは…

ご覧の役名入りのカップでした!
…見てニヤリのME…

・・・ ちょこっと胸キュ〜ン!
                                        2008年3月29日(土)


2008.3.6(木)17:39…吾の携帯が鳴った。
発信者は勿、コバ氏。
   コバ氏 「お世話になりま〜す、浩太郎です。
        只今東京駅に到着しました。
        これから総武線で新宿に参ります。
       せんせぇのご都合は如何でしょうか?」
     吾 「勿、OKよ!」
  コバ氏 「新宿のどちらに伺えばよろしいでしようか?」
     吾「悪いだけど…新宿駅からタクシーに乗ってもらって…
      ワンメーターぐらいの距離にある都庁近くの日本生命ビルなんだけど…
      解らないよねぇ〜?」
   コバ氏「NSビルですね!…了解です。」
     吾「解るん〜だ…なら29Fの自然酒庵‘T’で…」
   コバ氏「はい、18時ちょい過ぎには伺えると思います…
       で、せんせぇはいつ頃到着予定で?」
     吾 「もう席についてマッスル…」
   コバ氏「あっ、そうですか…では急いで向かいます…後程!」
…そして、サントリーPremiumモルツ瓶を片手に…
東京シティMarathonスタート地点の都庁広場を見下ろしながら…
しばしのんびり飲んでいると…やがて18:03に…
コバ氏と昨年の秀忠役が大好評だった深井前理事長が到着。
挨拶もそこそこに…それぞれに持参の手土産を吾に…ありがたく受け取る吾。
早々に…お二人は生ビールをご注文…
早速 コバ氏から関係書類を渡される。
   コバ氏「えぇ〜これが今現在決まっている稽古日程と…
       それに‘真田まつり’の当日の進行表と…
       そして昨年大好評だった合戦決闘劇の今年の構成原案の…
       ‘決戦!真田軍VS徳川軍〜弐の章’です…で今年は昨年よりも!」
「生ビールお待たせしました!」と店員さんが割り込み…
先ずは生ビールで乾杯となり…コバ氏は素早く料理を注文し…
   コバ氏「あれぇ、どこまで話しましたっけ?」
  深井氏「まだな〜んにも話してない。『で今年は昨年よりも』まで…」
   コバ氏「あれまぁ、適切なツッコミ恐縮です!」
…これからコバちゃんによる‘真田まつり2008’の情熱系熱血説明会が…
聞けば…なんと‘真田三代(幸隆・昌幸・幸村)’の甲冑や‘真田十勇士’の扮装を…
今年はすべて新調する予定らしく…コバちゃんの語気も益々上がり…
コバちゃんワンマントークショーは…8分間程…催されました。
おまけに、今年は吾にも出演して貰いたいとの事…昨年も是非!と誘われましたが…
地元市民参加で…しかも初めて行われる殺陣イベントなので…
とお断りし…裏方に徹しました…が…今年はコバ氏自身の立案リクエストよる…
しかも役柄は‘服部半蔵’役。
…吾…じゃぁ〜…まぁ〜…いいかぁ〜で承諾!
…それを告げてからは…時の経つも忘れ…呑んで盛り上がり…語って盛り上がり…
肴をつまみ呑んで語って盛り上がり…
「あれもしましょ!」…「いぃ〜ね」…「これはいかがでしょ?」 …
「いいんじゃない」…「それにはこんなんで!」…「はいはい、じゃ〜こうして」…
「そうしましょ」…「ではこんなんで!」…「そうね、そんなんで!」…
「それとこれは?」…「それにはこれで」…「ではそれで!」
…てな具合に時が経ち…そろそろお二人が上田にご帰還せねばならぬ刻限に…
     吾「宴竹中直人ではありますが…そろそろご帰還の…」
   コバ氏「あぁ〜、それならばお気遣いご無用で…
       今夜はこちらに宿泊いたしますので…」
     吾「どちらに?」
   コバ氏「このビルの前の‘ワシントンH’です!」
     吾「では今夜はゆるりと…」
   コバ氏「はぁ〜い、ゆるぅ〜りと…」 …吾、ニンマリと…すかさず…
  深井氏「先生にもご都合が…」…吾?!?
   コバ氏「さすがぁ〜適切なぁ〜割り込みツッコミ恐縮でぇ〜す…」…吾?カックン…
   コバ氏「でぇ〜は、本日の呑み会、いや打ち合わせは…この辺で…」
吾、苦笑いし…「では…また…」と…ほろ酔い千鳥足の吾らは…
29Fから…仲良く有頂天気分で…新宿副都心が眺望できる硝子張りエレベーターにて…
エントランスロビーへ…そこで素面のジェントルマンを粧い…
「では…」と後ろ髪をひかれつつ…千鳥足にて分かれ別かれに
…お二人はホテル方向に…吾は帰宅すべく…
先日撤去回収された愛車のWHITE二輪ベンツチャリから…
新車購入したSILVERーMETALLIC二輪ベンベチャリが置いてある都庁前広場に…
ほど酔い夜風に吹かれて…見上げれば…真ん丸お月さんが…
都庁のツインTOWERの上田だ!
…ニッコリ笑って…吾を照らしてる…ちょい照れの吾、うつむきニヤリ…
もいちど見上げると…一すじの曇が…お月さんに…かかぁ〜…って…吾、ハッと閃いた!
…また〜ギャラ交渉…忘れたわ〜い…又々、家のかかぁ〜…
…家内が…おっ・か・な〜い!
                                        2008年3月19日(水)





2008/1/11(金)8:41AM…‘緑山スタジオ’バス停に降り立つME。
今日は…っ定価今朝は9:00AMから‘顔合わせ’なのでR。
随分 朝もハヨからのお顔合わせだわ?!とME。
…って事は…午前中には終わる罠!? …じゃぁ〜そうだ!
そのまんま・・・毎年恒例今年で21回目の ‘三島詣’に参ろうでは内科… とすでに…
三島の親父さんには昼にはお会い出来そうです!と連絡を済ませたのでR。
   …MEの呟き『その電話を…あの時しなければ…MEは…』 …つづく…
んではなく、つづけます!
*ここで‘三島詣’とは?のご説明=MEが所属していた劇団東京キッドブラザースの
                      後輩MM嬢の墓参りをする為に
                      静岡県三島へ行く事でその後は…
                      お決まりのMM嬢のお父上(=三島の親父さん)と
                      偲ぶ宴となる毎年恒例となった…
                      命日1月12日の墓詣での事でありマッスル。

‘顔合わせ’の会場は…前回と同じ第4リハーサル室なのでR。
…MEは9分程前に到着 …すでにかなりの賑わい…
入口近くは溢れん秤の人だかり! …その中にはMEの尻合いは〜?
…と潜水艦モードにMEの身体をイメチェンして…
MEの五感潜望鏡で覗く…が …どうも…だれも…いない居ないバ〜なので…
潜るようにして会場入口へ…ME、元気よ〜くご挨拶の第一声を! と…
一歩歩んで二歩下が〜ったのでR。
なぜか中途…会場内は、6尺テーブルが大きくロノ字に列べられ
その周りを囲むようにパイプ椅子が二列二重に列べられ
まるで国際会議場的モードで…鹿も既に八割方の席が埋まり…
和気藹々和やかムードとは…ほど遠〜い
天下分け目の大合戦前夜モードが漂うムードなのでR。

MEは…大きくひとつ深呼吸をし …いざ前進!
…したものの…先ずは…
ME席を確認せねばと…又々…誰かに…
尋ね八日九日十日していると…
あの聞き覚えのある声が…
「おはようございま〜す、どうぞ!」
…声の主は餅、OMプロデューサ−。
  ME 「おはようございます」
と小声でペコリ会釈挨拶し
  ME 「席は…??」
  OMさん「お席はあちらに…!」と
Bus‐Guide風に右手を向けた…方向へ…ちょい〜と眼を懲らして…よ〜く見ると・・・
各テーブルの前には…それぞれに役名&俳優名が書かれた用紙が貼られ…
ME席は此処から…大向こうのトイメンに
ME席庭‘木島壮一役飯山弘章’の貼り紙があったのでR。
再度ペコリ会釈して…いざ出陣と…ゆっくりと… 歩を進め…
眼があった方には会釈しつつ…進んで参る・・・
ど〜うやら…二重に列べられたパイプ椅子は…スタッフの面々…
子役の製作担当者たち…各俳優所属プロダクションの人たち…
用意されている用…その中を18歩程歩んだところで…ボソッと小さな声で…
「おはようございます」と声をかけられるME。
身を翻して見ると…短髪白髪頭のソノスジ系らしき御仁が
頭を下げておられました…???のME?…その方が…顔を…上げられると…
ME 「あらまぁ〜!」…ME所属事務所‘今井事務所’のちょっぴり年下ではありますが…
所属歴が先輩の…黒井久人役のSM君…ME席とはちょうど向かいトイメン席…
互いにペコリ宜しく会釈挨拶し…MEはトイメン席に行けメン…
38歩歩道で到着… 着席し周りを見渡せば…
どうやら…あとはビックネームのB氏とNMさんのお二方の入り待ちムード…
そして松子と7分58秒程でご到着となり…
‘定刻5分押し’の業界有りがち開始時間モードで…
いよいよ‘顔合わせ’のはじまり始まり…
司会進行は又々…あのお方…OMプロデューサ−でR。
先ずは初めにご自分の紹介を され・・・
次にTBS企画担当のお二方…続いて、あとお二方のプロデューサ−…
脚本家…演出の面々…撮影…照明…音声…美術…衣裳…
Hairメイク等々のStaffの皆さん…最後にADの諸君…
と各々の挨拶がある度に拍手が興り…各スタッフ紹介が終わり…
そしてやっとこさキャスト紹介でR。 …先ずは主人公の関家ご家族…
友人の沢田家ご家族…増田家ご夫妻…ご両親の松本家ご夫妻…恋人の品川君…
そしてやっと33番目がMEでR。
 OMさん 「その品川の命の恩人であり、ウエスタンStyleのアンティックShopのオ−ナ−
      木島壮一役の飯山弘章さんです」
…アチャパ〜はぁ〜?…命の恩人??…知〜らなんだシラナンダ…
なんたって…今戴いてる台本は…2冊=2週分の10話まで…
しかも出番は?…2シ−ン蚤でR…
じゃぁ〜解る訳NIKEなんて事はこれっぽっちも顔には出さずに
驚き桃ノ木きじまそういちのME! …ゆっくりと立ち上がり…
  ME 「命の恩人の…アンティックShopオ−ナ−木島壮一役の飯山弘章と申します…
     ヨロシク!…現在戴いております出演シ−ンは…2シ−ン!…
   (NMさんがクスッと笑った)
…出演シ−ンが増えます事をせつに願いつつ
ワンカットOne cut大事に演じていきたいと思っています。宜しくお願いいたします!」
拍手のなかを着席のME… ホッと一息一安心…
時計を見れば只今10時ちょい前…
この銚子奈良三島に昼頃の到着は楽勝簡単余裕だわぁ〜と
残りのキャストの方々の挨拶を…超〜リラックスモードで聞いてたME。
   MEの呟き 『…それは…ひとときの…』
やがてキャスト紹介がすべて終わり…〆の挨拶か?…と思いきや…
  OMさん「で〜は、15分程休憩致しまして…第1話から本読みをいたします
       10時45分からの再開で宜しくお願いしま〜す!」 …って言って春???
本気?マジ?まじ?真面目に…まじがい? …じゃぁなくてホントに本読み?
これから第1話から!…って10話まで?…1話が30分物だから
…本読みだから30分はかからないけど…×10話って事は?…
1話の本読みが…えぇ〜と15分?…いや、もっとかな?…
いやぁ〜そんなには、かからないかぁ〜?…いやいや、それくらいだろ?…
じゃぁ〜なくて、マジに間に合わないじゃん…約束の時間には?…
聞いてないよぉ〜…まさに‘薮からスティック’だぁ〜な!
…携帯のKEYを押しながら…
  MEの呟き 『…まさか…もう親父さん…昼食の…Reserve予約…
          して…な・い・よねぇ〜???』 …第2日目のちょこっと内緒話。
2008年3月12日(水)



…お久しぶりのレギュラーちょい出演が決まり
久しぶりの私鉄小田急線鶴川駅の改札口を出て
右方向に73M歩いてバスタ−ミナルから…
久しぶりの小田急バスに乗り、久しぶりの‘緑山スタジオ’バス停に降り立つ!
…2007/12/27(木)17:41…もうすっかり陽も落ちて…
今日は、18:00からMEの衣裳合わせなのでR。
バス停から軽い傾斜の下り坂を41M程下った…
左手に頑丈な鉄扉のR出入口ゲートが… その左側に通用口がR。
そして水銀灯の下には高田延彦似の警備員が…
ドッシリと…おりマッチョ!…そして、ゆっくり近づいてきマッスル…
   警備「どちらへ?」
    ME「…‘スィ−ト10'の衣裳合わせに参りました」
…暗がりに真っ白な…歯がギラッとニヤッと…ほほ笑みをうかべ…
   警備「どうぞ!」
…なんだかクスッと苦笑いのME。
尚もつづくなだらかな左に曲がる下り坂をゆっくり歩きDust…
左側の樹木には綺麗にイルミネーションが飾られ …MEを出迎えくれたかのよう…
ニヤッと苦笑いのME。
餅、MEだけの為ではないのは重々知ってはおりマッスルが…
他にだ〜れも歩いてな〜い門だから… なんだか庭園独り 占め散歩X'mas園長モードで
歩く事…208M…正面玄関に到着したME。
そこにも警備員が立っておりマッチョ…
今度は、小栗旬風なのでR。
暗闇に爽やかな声で…♪寒〜い夜には中華麺湯麺俺イケ麺♪
…なんて事は餅言わず…
イケメン君「おはようございま〜す!」と挙手敬礼。
MEも…直ちに敬礼を…
夫!…それは心の中でやりマッチョ…
ニヤッとほほ笑み会釈して…
自動扉を二つ通って…
エントランス・ロビーへ…
正面庭大きな掲示板が…
そこに貼られた用紙によれば…
‘スィ−ト10衣裳合わせ’は第4リハーサル室とか?
…??あんりまぁ〜なんせお久し・・・
緑山スタジオのMEだけに…
果たして約束の時間に… 間に合うか?・・・

マニュアル通りにほほ笑み会釈の受付嬢に・・・尋ね八日九日十日と…
お目々キョロキョロしていると… 「おはようごさいます、どうぞ!」と
カジアルスタイルのSteffらしき女性に声をかけられ
出会い系ムードで…喫茶ルームや自販機や…音入れを横目に見ながら…
すっかり一般スタジオ見学者モードで第4リハーサルへ…
まるで美人工作員による拉致監禁連行中の身にも見ゆるME。
着けば扉は大きく開かれ、どうやら休憩モード…
「おはようございま〜す!」と一礼して入室すると…
中には十数名のスタッフの面々…
早速、先程のお嬢が…「木島壮一役の飯山弘章さんで〜す!」と紹介され
…拍手で向かえられる…所謂、業界社交事例的出迎えセレモニーなのでR。
そこで、ME「飯山です…よろしく!」と一礼すると…
コ レマタお決まりの業界恒例スタッフ紹介と相なって…
一人…また一人… そのまた一人と…ME「よろしくお願いしま〜す!」…と
ペコペコペコちゃん会釈のME。
…で最後に自ら紹介されたカジアルスタイルのあのお嬢!
…が… スタッフの一人かと思った…その女性こそが…
なんと‘プロデューサーの一人=OMさん’
…ビックリ仰天海老天心太〜!?…
ME「先程は…直々のお出迎え…恐縮です…」と最敬礼のME。
ニヤッとほほ笑みかえすOMプロデューサー。
…そしてIT監督の指示でいよいよ衣裳合わせへ
…振り向くとFloorには十畳程の畳が敷かれ
…その畳の上に…カントリースタイルの衣裳が仰山RのでR。
一ツ二ツME…なんと七ツか八ツ程のパターンが列べられて…
ME「木島氏は、ウエスタンスタイルのアンティークSHOPのオーナーなんですか?」
…ニンマリと頷くIT監督。
…見渡すば…牛追男用布地肌上衣、布地細筒袴、革腰帯、翼鍔革烏帽子
長革地下足袋、指輪腕輪首輪、色眼鏡、刻限表示器付腕輪などなど納豆etc.…
流石昼ドラ毎週月〜金の5話仕立て×延べ10週間=合計なんと50話の
大作らしい衣裳パターンだわサァ…と驚嘆感動好感触のME
…無事衣裳合わせを終え…
イケメン君…イルミネーション…イカツイマッチョ…に送られ、帰路につく…
MEの‘ロング・アロン・グリーンマウンテン’第一日目のちょこっと内緒話。

                                        2008年3月6日(木)

                                     2008年3月3日(月)


その日、我が携帯に着信履歴がございました…
2008年1月25日金曜日の午前10時57分。
発信者は、あの信州上田在住のコバ氏。
直ちに11:33AM…吾、携帯TELする。
ワンコールで繋がる。
そして、あの懐かしい元気印のGUTSで
ガンバな声が聞こえて参りました。

  コバ氏 「ご無沙汰しておりま〜す、飯山せんせぇ〜。
        いただきましたお電話で誠に申し訳ありませんが早速
       今回の『真田まつり』の構想を…今年は昨年より…是々然々…
       …(中略)…よりQuality高く…Dramaticに…Excitingな展開の…
       地元市民の皆さんが…喜んで…大勢参加していただけるような…
       … 云々… と話始め熱く語る事…5分11秒間…
       … (中略)…ってな感じに現時点ではなっておりま〜す!
        …いかがでしょうか?」
      吾 「う〜ん、いいじゃぁないですか…
        具体的な段取りが決まりましたら、又ご連絡ください!」
   コバ氏 「了解しました。又ご連絡しま〜す。ヨロシクで〜す!」
     吾 「こちらこそ!」
と携帯画面を閉じる… う〜ん、相変わらずの情熱系行動派コバちゃんだわサァ…
と…独り言… そして、 ハタッ?と気付いたのでございます…あちゃピー!

…肝心の‘まつり実施日’をば聞き忘れたわ〜い!?…
まさに、あ・と・の‘Festival’だわサァ〜!!

                                        
2008年2月29日(金)

                                     2008年2月13日(水)

【奉納殺陣無事終了報告】

おかげさまで、わたくしの予てよりの念願でございました
中野サンプラザ前広場での殺陣パフォーマンスや
『新井薬師梅照院節分会剣塾奉納殺陣』 も
関わって頂きました多くの方々のご尽力とご助力お力添えで
無事に大好評のうちに終える事ができ
この上なき充実した時を過ごす事が出来ました…
只々感謝に堪えません…
また来年も殺陣披露が出来る事となり嬉しい限りです…
♪雪・雪・また降る雪の中で今年の奉納殺陣〜♪
…さて来年は?…
今から楽しみです。
来年はより多くの皆さまにご覧いただけますよう祈り
これからも鍛練精進いたして参りますので
これからもご支援ヨロシクお願いいたします…
尚、来たる春4月29日に行われる長野上田市 『真田まつり』 の
殺陣部門担当も決まる予定ですので、そちらもヨロシクです!

                                     2008年2月4日(月)

【「剣塾奉納殺陣」差し入れ品御礼】

本日 あるお方から限定品の金箔入り純米酒が届きました…!
ありがとうございます…m(_ _)m
ラベルには『祝・節分会奉納殺陣〜飯山弘章の酒』と記してございました…
ありがたや ありがたやで 吾GUTSで ガンバりマッスル!

2008年1月30日(水)


【近況報告】

本日只今無事撮影収録が終了いたしました…
番組名 :NHK 『夜は胸きゅん』
物語名 : 『花道』
役柄 :常駐警備員のおじさん
物語内容 :観てのお楽しみのヒ・ミ・ツでチュウチュウ !
ON AIR 日時 :3月18日(火)22:45〜放送予定とか
                                 …どうぞご覧くださいませ!

                                     2008年1月20日(日)

【近況報告】

寒チュウお見舞い申し上げまチュウ!
〜木枯らしが頬に冷たい今日この頃いかがお過しでしょうか?
…拙者はこの寒さの中もGUTSでガンバと
来月節分会での奉納殺陣の仕上げに向け
アタマッから湯気が立ちのぼるほど只今奮闘しておりまチュウ。
どうぞお近くの皆さまはご高覧ください子!

…披露開始予定時:2月3日(日)節分会15:30頃〜
           処:東京中野新井薬師梅照院本堂前…

                                     お待ちしてまチュウ

                                     2008年1月13日(日)

【公演無事終了報告】

わたくしの客演公演 『こんぱす』 をご覧いただきましてありがとうございました!
お蔭さまで怪我もなく無事幕がおり、只今ホッとしております。
今回は、あの坂本龍馬が弟子入りしたほどの大人物:勝海舟を
演じる事が出来ました。
ありがたい事にご覧いただいた皆さまから 大絶賛大好評をいただきまして
嬉しい限りでございます!
…わたくしの代表作の一つともなる記念すべき作品となりました。

又、花束やチョコレート&キャンディ&クッキー、煎餅に佃煮
ウヰスキー&焼酎にメロンワイン、NIKEタオルやTシャツ
虎屋や亀屋の和菓子や愛犬用フ‐ド&玩具、湯の花ソープ
来年の干支の手作りのねずみの置物等々の
沢山の差し入れ品やご祝儀をいただきまして、重ねてありがとうございました。

そして、今夜はクリスマス・イヴ〜Merry CHRISTMAS!
そこでわたくしからのちょっとしたプレゼントといたしまて
TV出演のお知らせでございます。
来年放送予定のTBS系昼ドラ愛の劇場「スィート10〜最後の恋人〜」の第四話から
ちょいと出演することが決まりました!
ぜひご覧ください。

いよいよ今年もあと僅か…皆々さまにはくれぐれもお身体をご自愛のうえ
よいお年をお迎えくださいませ。
では来年もよ ろしくお願いいたします!

2007年12月24日(クリスマスイブ)

 

 


過去ログ

2007年6月〜10月19日

2006年7月22日〜2007年5月12日

2005年8月15日〜2006年6月29日

2005年1月元旦〜2005年5月18日

2004年1月元旦〜2004年12月24日

2003年6月9日〜2003年12月12日

2002年11月28日〜2003年 5月20日

2002年11月25日  「ばかはしななきゃなおらねえ」平成十四年度版 御礼文

2002年 8 月25日〜2002年11月19日

 

 

 

 
  Copyright (c) 2002-2007 "飯山弘章公式 名もなき勇者" All rights reserved.
mail to info@iiyama-hiroaki.jp
 
 HIROAKI IIYAMA OFFICIAL